profilephoto

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

ニュージーランドから帰国 そして

先週の土曜日に半年の留学を終えて、

MIKUがニュージーランドから帰国しました。

 

帰国

 

 

季節が逆なので、オークランドから

オーバーコートにセーターを着て飛行機に乗ったので、

空港で速攻着替え。

第一声が「日本は暑い!!」

私も暑かったけど、今年の日本の暑さを経験していない娘に

「だいぶ涼しくなったのよ。これくらいでは暑いとは言えないわ。」と、変な自慢をしてしまいました。

 
 
お土産
おうちへのお土産♡
 
 
ニュージーランドでのことをいろいろ聞きたいところでしたが、
5日後の12日から、今度はお友達と10日間
ドイツに夏休みの旅行。
 
  
日本にいる4日間の間に、旅行の準備や、
計画がまだ立てきれていないので予約関係とか、
大学の復学手続きや単位の申請、後期の履修手続き、
歯医者に、入れ替わり留学に行く友達との食事会とか
  
その時間のない中、
一緒に映画銀魂2 掟は破るためにこそあるを観にいったりと、
(これは、娘ともども楽しみにしていたので、
ドイツからの帰国を待てませんでした。面白かったあ〜。)
 
おかげで、出発日の午前2時過ぎまで荷物づくり、
8時半離陸のため、5時に家をでました。
なのに、飛行機が離陸したのは、10時半。
北京でのトランジットは2時間半くらいあったのに、
ダッシュで間に合わせたとのこと…
 
ドイツのフランクフルトに到着後は、
オーストラリア留学の時にお友達になって、
家にも泊まりに来てくれたドイツちゃん達の家に
こんどは何泊かづつさせていただきます。
 
ここまでは、現在無事を確認しており、
あまり心配はしていませんでしたが、
 
ドイツ
多分 フランクフルト付近 
 

 

本日からは大学のお友達と2人で、

まずバスでチェコ(プラハ)へ、

そして、深夜バスで、ポーランド(クラクフ)へ
そして寝台列車で、ハンガリー(ブタペスト)へ、
ブタペストからまた北京経由で日本へ帰国となるそう。
帰国は今週の土曜日。
 
滞在中に大学の履修登録の期日があり、
これはどうしてもしなくてはならず、Wi-Fiを借りて行ったので、
たまには無事であることを知らせてくれと言ってあります。
まめな娘であれば、…あったとしたら、
連絡とれないことはないはずですが、
今までのことを顧みるとまあ期待はできないので、
 
治安はどうのとか、民泊や深夜バスや寝台列車が、
女の子二人で大丈夫なのかとか、
心配したらきりがないので、
今週一週間は一切忘れてることにしました。
 
 
きっと楽しんで、逞しくなってかえってくることでしょう。
とりあえず無事の帰国を祈るばかり。
帰国したらニュージーランドの分もまとめて、
沢山の話を聞けることを楽しみに。
 
うさぎとりんご    
一番大事に抱えて帰って来た うさぎとりんご?  
 
「大学とサークル忙しくてそれどころではないョ」 
ということになりかねない気もしますけれど。。。
 
 
出発 
いってらっしゃ〜い。 
 
 
 
 
 

透かし鬼灯

ほおずきを手に入れたので

透かしほおずきをつくります。の続き。

 

ほおずき

 
水につけたほおずきが
数日後、大分透けてきました。
 
 
ほおずき

  

残った皮をすこし歯ブラシなどでこすって、

また水につけて数日。

 

 

ほおずき

あとは乾燥させるだけ

 

 

できました!!

 

透かしほおずき

 

 

左のは、中の実が取れてしまいました。

透かしほおずき

 

へたのところの皮がなかなか溶けなくて、
歯ブラシでこすってみたのですが、それで外れてしまいました。
中でコロコロして、それはそれでかわいいです。
 
お水につけて、お水を替えて、
皮が溶けてきたら皮が早く剥がれるように水を流して、
またしばらくつけての繰り返し。
とっても簡単なのでした。
 
 
ほおずき達
↑こちらはただ吊るして乾燥させただけ。
 
 
 
 
 
 
 

 

 


鬼灯

ほおずきを手に入れました。

 

ほおずき

 

ほおずき

 

おたのしみはいろいろと思いますが、

透かしほおずきを作ってみました。

 

ほおずき

 

ほおずきをすべて水につかるようにして、

お水を取り替えながら、待ちます。

 
続く〜。 
 
 
 
 
 
 
 

松竹新喜劇

松竹新喜劇を初めて観ました。

 
新橋演舞場
「劇団創立70周年記念公演 松竹新喜劇」
 
松竹新喜劇

 

招待していただいたのでなければ、

ご縁がなかったと思いますが、

けっこう笑いました。

新喜劇って、もっとこてこてなのかと思っていましたが、

そうではなく、人情喜劇でした。

 

1話目の「人生双六」

演じていたのは藤山寛美さんのお孫さんとのこと。
どこか藤山寛美さんを彷彿させるお芝居でしたが、
口上での印象は全く違いましたので、演技だったのだなあと。
 
3話目の「峠の茶屋大騒ぎ?」は
群馬県横川の「峠の釜めし」の荻野屋がタイアップした作品とのこと。
どおりで、幕間に荻野屋の釜めしを食べている方々が…
  
代表の渋谷天外さんは3代目なのだそうです。
創立70周年とはすごいですね。
  
 
   
先日は友人が出演しているので、
劇団四季の「恋に落ちたシェイクスピア」を観ました。
 
 
 
 
ミュージカルでなく、ストレートプレイ(でも素敵な歌声はありました)

「ロミオとジュリエット」の誕生に、

若きシェークスピアの道ならぬ恋が関わっていたら…

という、フィクションと事実を巧妙に織り交ぜており、

あちこちにシェークスピアの作品のセリフなどがちりばめられている

…らしく、シェークスピアファンにもたまらない作品とのこと。

劇団四季ならではのクオリティです。

私の友人もとても素敵でした。

 

こちらは、劇団創立65周年とのこと。

そして外部の方の演出は51年ぶりとのことでしたが、

 

私が観た数日後、

劇団創設者で、演出家の浅利慶太さんが亡くなられました。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台


ニュージーランド通信 2018
娘のニュージーランド留学も半分が過ぎました。
4月から9月の半年なので、
あっという間です。
 
オークランド
  
  
最初はホストファミリーのお家にお世話になり、
母娘のシングルファミリーながらもいい人たちで、
もう一人の中国系の留学生とも仲良くなれそう。
なんだかすごく立派なお家で、お部屋も素敵で、
ベッドなんて天蓋付き。
お姫様のようだと喜んでいたので、
こちらもホッとしたのもつかの間…
  
 
天蓋付きベッド
 
 
実は1か月しか予約できていなかったと、
ヒョー!! なんで!? その後は?
自分で探して決めるシステムになっていたらしい… 
すでに、娘のあとに来る人が決まっているらしい…
 
出なくては?
でも、あまりに気に入ったので、
その後も居られないかと頼み込んだら、
もう一人の留学生が快くシェアルームしてくれて、
問題なければ、ずっとお世話になることが決まったと。
ホッとしたのもしばらくの間…
 
後半は、留学生4人でシェアハウスをすると言い出して、
決行しました。
 
オークランド
  
  
学校から少し遠いことをのぞけば、
寂しがりやゆえ、
二人部屋になってしまったことも、
ホストファミリーにも何の不満もないけれど、
  
シェアハウスのほうが、学校に近くなる。
交通費もかからない分、少し安くできる。
シェアハウスしてみたい等々の理由とのこと。
シェアルームしてくれた子も一緒とのこと。 
  
安全? 「大丈夫。気を付ける。」
ご飯作れるの? 「なんとかなる。」
  
よくわからないので、安全ならよろしい。 と言うしかない。
  
そもそもあまり連絡等くれないし、写真送ってね〜。と再三言うと、
はーいと返事だけくれるものの、なかなか来ないので、
日々の細かい様子はまったくわからない。
  
今度のお家はどんなお家なの〜?
  
  
…まあ、連絡する暇がないくらい、楽しく暮らしているらしい。
お勉強もなんとかなっているらしい。
  
  
とりあえず、安全に暮らしているなら、
それで充分ではありますけれど。
  
 羊だ
  
ところで肥えてない?
体重計がないので体重はわからないけど、写真見てくれと…
  
粗食な割には、お顔は丸くなっている様子。
  
何を作ってるの?と聞いた際、送られてきた写真。 ↓
 ご飯
  これをお料理と呼べるかどうかは別として…
  
  
まあ、元気ならば、充分でありましょう。
  
  
近々、オーストラリアのマザーが
ニュージーランドの娘を訪ねてくださるとのこと。
日本のマザーは行けないので、
様子を見て来ていただきましょう。
  
オークランドだと思う
  
オークランドは季節は冬、
時差は3時間。
  
涼しいんだろうなあ。
  
  
 

 

JUGEMテーマ:留学


大野ちか ちゃん

悲しいお知らせですが、
6月24日の夕方、大野ちかさんが亡くなりました。
 
何年か前から違和感はあったそうですが、

5月末、癌だという事がわかり、
6月初旬から入院していたそうです。
私たちはまさに公演中。まったく知らなかったので、
突然の知らせに驚くばかりで、気持ちの整理ができません。

 

 

小柄なのに、いつも元気でパワフル。

非常に芸達者で、歌がめちゃめちゃ上手で、
お話もリアクションもとても面白い。
そしてとてもかわいい女性でした。
 
 

大野さんとは、

1987年、劇団夢の遊眠社「明るい冒険」で出会い、

その後、ライヴやイベント、公演に誘っていただき、
たくさんの舞台に一緒に立ちました。

たくさんの舞台に立つ機会を作ってくれました。

 
ペットショップガールズ

ナンバショットガールズ

 

 

そして、彼女はうるとら2B団の旗揚げメンバーでした。

 

2B団は座長門間と、スタジオライフの藤原さんと、

私 まあやとで立ち上げたのですが、
 
思えば、その藤原さんとは
大野さんが誘ってくれた舞台で共演者として出会いました。
そして3人で何か芝居をしようと 「うるとら2B団」を立ち上げました。

彼女と出会わなければ、
うるとら2B団は なかったなあと思います。

 

ヤッホー!ミー

うるとら2B団 

 

旗揚げ公演「ヤッホー!ミー」

第2回公演「ペルムザウルス」
そして、第26回公演「EVER」は特別ゲストとして
出演してくれました。

  

2B団では時折、「耳に小人が住んでいる」というようなセリフがあります。
今回のJUMPでは 
朝廷側3人娘の「耳に座敷わらしが住んでいる‥」でしたが、
これはそもそも彼女から来ています。

 

ヤッホー!

旗揚げ公演「ヤッホー!ミー」 

 

  

お通夜、お葬式とも、

家族葬的にこじんまりしたものにするということでしたが、

遠くからも本当に多くの方たちが集まりました。

  

彼女が出合わせてくれた、沢山の人たちと、

会いたくてもなかなか会えなかった人たちとも

10年ぶりとか、20数年ぶりとか、久しぶりに会うことができました。

   

そして、今

facebookなどに彼女の写真や動画が沢山上がってきています。

  
いつでもずっと 2015/11/24
 
 
5月27日、に甥っ子さんの結婚式で歌ったのが最後だったそうですが、
 

https://youtu.be/GgHhfrzhN2E

君と旅立とう 2018/5/27

 

片方の肺はもう機能しておらず、

腫れあがった腕を隠してたということです。

その歌声は、そんなことを少しも気づかせず、
力強く、あたたかい、素敵な歌でした。

本当にすごいことだと思います。すごい人だと思います。

  

 

   

もっともっと、

彼女の歌や話を聞きたかったと思います。

聞きに行けばよかったと思います。

 

 

 

 
ありがとね。
 

 

ご冥福をお祈りします。
 
 


第34回公演「跳JUMP」終了しました。

ご来場いただきました皆様、

そしてご協力いただきましたスタッフさん、
お手伝いしてくださった方々、応援していただいた方々、
多くの皆様に支えられまして、
無事幕を下ろすことが出来ました。
本当にありがとうございました。
  
跳JUMP 
 
「跳JUMP」は 江戸時代にタイムスリップする物語。
うるとら2B団的には、タイムジャンプ3部作の始まり。
(JUMP、EVER、COIL)
 
実験段階のタイムマシンで図らずも幕末に跳んでしまう
研究者達とラーメン屋のバイトの千葉君。
跳んだ先は、戊辰戦争に揺れる徳川末期、
徳川慶喜にそっくりだった千葉君。
彼らは、その時代に関与する事なくいられるのか?!
はたまた、現代に戻ってくる事は出来るのか?!
激動の時代に放り出された彼らの顛末は…
そして江戸は、現代は、未来は…
   
というようなお話でした。
 
跳JUMP

 

は9年前の再演でした。
あらすじは同じですが、キャストも違うし、台本も改訂、
演出も以前とは違うところが多々あります。
 
 
私は同じ役でしたが、
求められるものも以前とは違います。
役まわりというか、居方はやはり以前とは違うものになったと思います。
そして、9年前には気が付かなかったこととか、
歳を重ねた分、
いろいろと思うことも。
  
跳JUMP
   
私の役は江戸時代に生きる忍び「藤若」
 
江戸チームはとにかくまっすぐ。
皆、慶喜様一直線だったのでぶれることがありません。、
そこを持っていれば、気持ちを作ることはそう難しくはない。
ただ、気持ちをセリフにのせるのは難しく、
江戸言葉が自分の言葉になるまでに時間がかかりました。
 
けれどそれも慣れてくるとけっこう面白くて、
江戸チームの中で楽しく演じることが出来ました。
 
 
所作や姿勢も、
凛としてかっこよく。立ち回りは舞うように。
との演出からの指示。
 
ムムムでございましたが、そうなるよう努力いたしました
 
跳JUMP
 
もうかなり 身体や脳みそにガタがきているので、 
毎回これが最後かもと思いながら、
悔いのないようにと舞台に立っていますが、
  
今の自分にできる精一杯。
でも、なかなか悔いの残らない舞台には
ならないです。 
やりきれなかった分は次に… 次こそは…
だからこんなにも続いたのかなあとも思います。(=^m^=)
 
JUMP 
 
遊べるところが少ないので、 遊んでいいところは目いっぱい。
  
  
芝居、演出、装置や転換のぐるぐるも、音響、照明も、小道具、
衣装も相まって、舞台ができます。
劇団員、客演さん、スタッフさん、いろいろな場面でお手伝い協力してくださる方々、
あたたかい気持ちで応援してくださるお客様
すべてがあって公演が成り立ちます。
それは私たちにとって簡単なことではありませんが、 
 
その中で生きることができて幸せだなあと
常々思います。 
そこが大変さに勝ってしまうので、
続けてしまうのかなあと思います。 (≧▽≦)
   
 
少し前に稽古場日記に書きましたが、
…何もかも、やればやるほど、難しくて、やればやるほど、面白くなる。
そうして、
この舞台の思いが、楽しさが、
どうかお客様に伝わりますように。
明日また元気になれる 何かを
ちゃんと持って帰っていただけますように。
  
もって帰っていただけていたらいいなあと思います。 
 
跳JUMP 
舞台写真撮影:河村昌美さん、伊藤馨さん

  


六月のこの時期は・・・
Facebookで時折、過去の投稿が浮かび上がってきます。
 
3年前のこの時期、
 
なんと洗顔クリームで、髪の毛を洗ってしまったと
書いてありました。 σ(^◇^;)
 
お察しのとおり、
そのほうが美容上よくてしているわけではないのです。
 
そういえば、洗顔クリームと歯磨き粉間違えて、
そのまま口につっこんでしまったこともありました。
 
・・・恐るべし洗顔クリーム。
 
 
この時期は芝居以外の事は朦朧として、
よくこんな事を起こしてしまう。。。 ┐( ̄ヘ ̄)┌
 
先日は、降りる予定の駅で、電車から押し出されたので、
そのまま降りてしまえばいいものを、
また乗り込んでしまって、ドアが閉まってから気が付き、
一駅を引き返すという、アラアラな事をしでかしました。
 
急いでいたのに!!!/(-。-;;)\
 
今や信号待ちでも立ったまま眠ることができるし、
会社のお昼休みの休憩室では、ウォーンウォーンという音が
「何だろう・・・」ウトウト
としばらくしてから、ハッと、
携帯のアラームを念のため休憩あけにセットして
握りしめていたことに気づき、
休憩室をザワつかせてしまいました。 (=o=;)
(でもアラームかけといてよかった・・・・)
 
Tシャツは後ろ前になるし、裏表ということもあるし、
他人の自動車に乗り込もうとしたことも・・・
 
 
いつものこと? 
  
いえ、この時期ならばこそ!!
公演準備に没頭しているからこそ!! (^□^*)
 
 
というわけで、
初日に向けて、頑張っております。
 
是非是非 観にいらしてくださいね。

うるとら2B団 第34回公演

 跳 JUMP 〜徳川終焉異聞録〜 」 

日程: 2018年6月20日(水)〜24日(日)
場所:萬劇場JR大塚
 
詳細はこちらから↓
跳JUMP
全席指定ですので、お早目のお申込みを。
なお、当日でも「まあやの知り合い」とおしゃっていただければ、
前売扱いとなります。
    
     
稽古場日記は着々と更新しております。
(このブログはおざなりですみません)
 
 
まあや 
  
劇場にてお待ちしています。
よろしくお願いします。 
 
 
 
 
   

オーストラリア通信 2018

MIKUのオーストラリア行きも3回目になります。

 

高校時代の1年間の留学。

 

2016年にはその時のホストマザーに会いたくなって、

春休みに一人で渡豪。

 
そして今回も、ニュージーランドに留学の前に、
その、オーストラリアのもうひとつのお家
ブリズベンのホストマザーのところに
春休みを使って約一か月の滞在。
今回も自分で全部手配してくれたので頼もしい限り。
 
マザーのお家は、高校時代はブライビー島にありましたが、
今はお引越ししてブリズベンの中心地に
もう少し近いところだそうです。
 
4年経つと、お孫ちゃんたちも大きくなっています。

変わらず歓迎していただいて本当にありがたいです。 

 

 

スクラフィー

飼い猫が5匹いたそう。
  
  
ホストファミリー 
   
 
そして今回は、シドニーにも足を延したそう。
 
日本でアルバイトした時の会社の社長さんが、
オーストラリアにいるならと、
シドニーにある豪邸に招待してくださったとのこと。
 
 
シドニー
 
シドニー
 
そして、シドニーから留学生として来ていて
すでに帰国した大学のお友達とも会えたそう。
 
いちごのパンケーキとスムージー
 
ゆったりとした、贅沢な時間をすごしたのち、
今日からニュージーランドへ。
 
どんな半年間になるのでしょう。
 
 
 
 
 
跳 JUMP

跳 JUMP

跳 JUMP

 

前回公演のお知らせ以来、まるまる一年経ってしまいましたが、

今回公演のお知らせです。

 

 

うるとら2B団 第34回公演は

「 跳 JUMP 〜徳川終焉異聞録〜 」 

幕末にタイムジャンプした現代人が
江戸時代の終焉を新たに作りあげる 2B団が贈るSF時代劇!

「政治(まつりごと)ごときで民の血は流させぬ」

作演出 門間利夫 
日程: 2018年6月20日(水)〜24日(日)
場所:萬劇場JR大塚

■CAST■
はざま秀一
まあや
平川瑞穂
八乙女真記子
伊東武志
上嶋茂雄
池上映子(CAPTAIN CHIMPANZEE)
悠月乃愛
瀧澤由舞
川瀬ゆい子
新 勝洋
紺乃鳳文
古川創太(Studio Life)
チャーリー畠山
年代果林(EgofiLter)
盒郷人

門間利夫

 

 

詳細はこちらから

https://www.u2bd.com/newproject/34_jump/

 

 

稽古場ブログも更新し始めましたので、

稽古場の様子はそちらもあわせてみてくださいね。

http://blog.livedoor.jp/u2bd/archives/cat_45574.html

 

 

今回はこちらのブログも

もう少し更新したいと思います。o(^◇^;)o

 

 

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台


トラベルトラブル 公演概要

トラベルトラブル

 

うるとら2B団 第33回公演 「トラベルトラブル」   
●脚本・演出: 門間利夫 

●会場: 大塚 萬劇場

●公演日程: 2017年6月14日(水)〜18日(日)
14日(水) 19:30〜
15日(木) 19:30〜
16日(金) 19:30〜
17日(土) 14:00〜☆/19:30〜
18日(日) 13:00〜/16:30〜※(公演開演17時半)

受付は上記開演時間の60分前から
開場は上記開演時間の30分前から
※最終日夜公演前に特別トーク企画があるため
会場時間等上記とは少し異なります。 
☆17日昼公演はファミリー応援プラン有 



●チケット料金(全席予約指定) 
前売 ¥3,500 / 当日 ¥3,800


●CAST: 
はざま秀一
まあや
平川瑞穂
八乙女真記子
伊東武志
上嶋茂雄
池上映子(CAPTAIN CHIMPANZEE)
悠月乃愛(Bard am Horizont)
瀧澤由舞
新 勝洋
紺乃鳳文
古川創太(Studio Life)

河野孝佳

門間利夫          

●STAFF: 
舞台監督 阿部けん
照明 (有)アイズ
音響 持田勝久・前原 修・島村幸宏
宣伝美術 むらかみけい
記録 河村昌美 鎮目雅也
企画制作 うるとら2B団

 

詳細はこちらから。

http://www.u2bd.com/newproject/33_travel-trouble/summary.html

 

チケットお申し込みは、

チケット予約フォーム

http://www.u2bd.com/newproject/33_travel-trouble/attention.html

もしくは私に直接ご連絡くださいね。

 

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台


4月

あれ〜、いつから書いていないんだっけ?

というくらい ご無沙汰してしまいました。

 

年は明け、

3月、MIKUは高校を卒業しまして、

 

本日は、大学の入学式でした。

 

そろそろ子育てという仕事は終わりに近づいてきており、

ちょっと寂しい今日この頃、

私よりよっぽどしっかりしている風ではありますが、

まだまだ手がかかりそうな気もしないではなく、

もう少し楽しめるかなあとも密かに思っています。

 

 

 

卒業式

高校の卒業式は袴でした。

 

私は朝5時前に起きて、着付け等〜卒業式、卒業を祝う会、

保護者クラス親睦会〜2次会などなど盛り込まれ、
受験期の親たちなので、親のストレスも積もり、
話も積もり盛り上がって、
帰宅したのは0時近く σ(^◇^;)

 

そして、MIKUは今日から大学生です。

大学の入学式はもう親はいかないのかと思っていたのですが、

ママ友さんたちに聞くと、行ったわよとか、行くわよという声。

 

これも最後かなあと思いながら、行ってみました。

 

入学式の行われている講堂にはもちろん入れず、

親は講義室でモニターを見ます。

広〜い講義室がいくつもぎっしり。

 

入学式

 

もちろん写真を撮るスポットでは長蛇の列・・・

 

でも本日は素敵な入学式日和でした。

 

 

 

 

さて、これから、劇団の公演稽古が始まります。

 

公演詳細はまた掲載いたしますが、

とりあえず、そちらの様子は稽古場日記のほうを

のぞいてみてくださいね。

http://blog.livedoor.jp/u2bd/

 

公演詳細はこちらから

http://blog.livedoor.jp/u2bd/archives/2126957.html

 

 

 

 


忘年会

早々と忘年会。

 

 

まず、塾ママ友とは、

地元の もんじゃ焼き屋さん。

 

 

実は下町に住んでいながら、

私、もんじゃ焼きはあまり食べたことがありませんでした。

 

美味しいですが、

なんというか不思議な食べ物です。

 

 

 

こんなもんじゃも、

 

なっとうと、山芋と・・・ あ、ベビースターラーメンも。

 

 

 

これはお好み焼きですね。

 

 

これは、あんこ と あんず。

生地は少し塩味。

 

デザートですね。

 

おしゃべりが尽きなかったので、

その後ファミレスに席を移し(飲まない人たちなので)

ドリンクバーで、午前様となりました。

 

 

そして、本日は、

 

高校、大学時代の友人と、その友人と。

 

久しぶりに会って、忘年会をしようと。

 

 

 

日本酒飲み放題コース。

 

 

 

 

 

 

お店にあるお酒の何を飲んでもいいのです。

すごく珍しいお酒もいいお酒も たくさんあります。

 

 

私は飲みませんが、頼んだお酒、

ぜーんぶ、味見はしてみました。

(〃∇〃)

 

 

皆さんは程よく、気持ちよく。

10種類くらいは飲んだのでは?

 

 

若いオーナーさんがまた素敵でした。

気遣いも程よく、でしゃばらず 

お酒の説明もしてもらいました。

 

 

 

お冷や熱燗、沢山味見したので

 

どれが一番美味しかったか

覚えておこうと思いましたが、

わからなくなりました。

 

 

お酒好きの皆様も

とても満足されていて、

 

楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 


ホストファミリー体験
MIKUのドイツ人のお友達が数日間うちにに滞在していました。
 
オーストラリアに留学中に、
彼女たちもドイツから半年の留学をしていて知り合いました。
留学生同士仲良くなったようです。
  
2人のドイツちゃんを3人でおもてなし、
うちにはサラちゃんがやってきました。
 
sukaitree
 
11/1に日本に来て、一軒目のおうち渋谷に。
11/2は渋谷、原宿、六義園に行ったそうです。ねこカフェも。
11/3はMIKUと合流後、大江戸温泉とお台場に行き、
そこからはうちに。
 
ashiyu
 
 
11/4は、MIKUは学校なので、
朝早く、もう一人のドイツちゃんのいる浅草のお友達に預けに行き、
皇居と東京タワー、浜離宮、そして水上バスに乗ったそうです。
11/5は、MIKUが2人を預かり、午前中は3人でスカイツリーに、
そして午後はお友達と合流し4人で浅草で着物体験と散策。
 
asakusa
 
本日最終日は、両国の江戸博物館と国技館、そして、
ハードロックカフェでTシャツを買いたいそうなので上野へ、
上野恩賜公園内のどこかを見て、成田へ。
   
  
お天気に恵まれて、沢山の観光を楽しんだようです。
  
  
わたしはもちろん、朝食と夕食を受け持ったわけですが、
好き嫌いもほぼなく、何でも大丈夫と聞いていましたが、
あまりお箸(フォークとスプーン)が進みません。
 
お口にあわない?何が好きなの?
そんなんで足りるの?遠慮してる?何なら食べるの〜?
 
もともと本当に小食のようです。
(MIKUの半分くらい…いや1/3くらい)
いろいろ試してみてもらいたかったのですが、
あまり冒険もしないようです。
ご飯(お米)も2口3口くらいしか食べないので、
様子を見ながら、やはりポテト中心に組み立ててしまいました。
 
 
彼女はMIKUと同い年です。
ハイデルベルグに住んでいます。
 
ハイデルベルグ
 
ここから車で20分程のところだそうです。
素敵な景色です。
 
彼女のおうちの屋根もやはり赤茶色
すっごく大きなおうちでした。(グーグル情報)
広い廊下に沢山の部屋、彼女の部屋も、ハンモックがつれるくらい
広いとのこと(MIKUのスカイプで見たよ情報)
馬も飼っているから相当なお金持ちだよ。(MIKU情報)
 
  
今年の9月に大学が決まり、
将来は小学校の先生になりたいそうですが、
 
ドイツでは、合格が決まると、
すぐ入学、2か月後に入学、半年後に入学、1年後に入学を選べるそうです。
 
彼女は1年後に入学を選び、
 
本日、日本を発ってからは、
まずオーストラリアのケアンズに数日、
そして留学先だったブリズベンやブライビー島に1か月くらい、
それからニュージーランドに2か月くらい(農場と言ってましたが)
いずれも、留学中に知り合ったお友達や
ホストファミリーのところに滞在するようです。
 
その後は、ドイツに帰って、レストランでアルバイトをして、
来年の9月に大学入学をするそうです。
 
こういう時期に、そういった時間が持てるのはとてもいいなあと思います。
まとまった時間があるといろいろな経験をすることができます。
合格を決めた後、自分で学費を稼いでから入学する子もいるようです。
  
 
sa
  
短い滞在でしたし、英語ダメダメな私なので、σ(^◇^;)
MIKUがお風呂に入っている際は心細い思いもしましたが、 
私にとっても、楽しくていい経験になりました。
 
 
小食が心配なサラちゃんは、
でもとてもにこやかで可愛かったです♡。
とてもいい子。私もドイツに一人娘をもった気分です。
 
sa
 
おっきなリュックを背負って旅立っていきました。
ほっとしましたが、寂しい気分。   
 
 
 
facebookでお友達申請もしてくれました。
うれしい。
fbでは皆さまにいろいろお食事のアドバイスを
いただいたのですが、
翻訳機能は怪しいから、誤解を生むと困るので、
承認前にその投稿は自分だけ見ることができる設定に。
いいねやコメントしてくださった方すみません。
ありがとうございました。
 
 
 

物語は世界を変える

劇団おぼんろ『狼少年ニ星屑ヲ』を観てきました。

 

http://www.obonro-web.com/

 

初めて観にいきましたが、この世界感はとても好きでした。

 

たった5人で4000人の動員があるそうです。

 

いづれは、25000人の動員をして

シアターコクーンでの公演を目指しているそうです。

 

その思いは確かに伝わってきました。

 

とても楽しみです。 

 

 

「物語は世界を変える」素敵な言葉です。

 

 

 

 

ところで、最近芝居を見に行くと、写真撮ってもいいですよ。

といわれたりします。

 

この写真も、

おぼんろに誘ってくださった、はー先生が

客入れ中に撮った写真をいただきまして。

(客入れを役者さんがしていました。)

(私はガラケーなので…

 しまったカメラ持ってくれよかった…と)

 

 

 

先日、五十嵐勝平さんの出演する

カプセル兵団『燃えろ映画魂!(熟年バージョン)』を

観に行ったときも、

前説を役者さんがしていたのですが、やはり

「今なら、いくらでもどうぞ」と、

 

写真を撮ってSNSにあげて、拡散。

 

客入れや前説だけでなく、

海くんと、新さんが出演した

BLACK JAM 1st JAM

「Regulation's High!〜校則に拘束された生徒たち〜」

のときは、ちょうど 

公演中も写真を撮ってもいい回だったので、

公演中にパシャパシャ撮ってる方がたくさんいて、

さすがにシャッター音は少し気になりましたが、

おかげで、SNSを探すと、舞台写真がたくさん。

 

 

そんな時代なんだなあ。

 

 

 

 


文化祭
9/10〜12はMIKUの高校の文化祭でした。
 
 
 
毎回、
1年生は全クラス展示。
2年生は全クラス演劇。
3年生は全クラス映画です。
 
昨年(2年生時)の文化祭の演劇は心残りが多かったようで、
2年から3年はクラス替えがないので、昨年の文化祭終了後、
すぐ映画製作準備に取り掛かっていました。
  
MIKUはなんと映画監督に・・・
映画監督といっても、この映画製作では
どうやらプロデューサーに近い存在のようで、
どちらかというと総指揮のポジションのような気がします。
  
  
準備の取り掛かりは早かったのですが、
映画提出締切日の2学期始業式の日。
やはり結局、
夏休みは連日撮影、最後の編集は友人宅に何日か泊まり込みで、
みんなヘロヘロになりながら、作業をしていたようです。
  
お泊りさせていただいたお家の方には大変ご迷惑をかけましたが、
快く引き受けていただき、
「今までこんなに頑張ったことはないかも」「これも得難い経験になる」と、
そして「青春だなあ」と思ったそうです。(=^m^=)
    
 
 
 
受験生なのに…と、
撮影編集制作スタッフやキャスト等映画作製に深く関わった子供の
どの保護者も、心の中では思っていたようです。
 
「勉強はどうなってるの?って呟きが最後は叫びになるわよっ!!」
って昨年の3年生のママ友談が思い出されます。
 
でもやはり、
子供たちの熱心さには強くは言えず・・・
終わったら切り替えて受験勉強も頑張ってくれるだろうと。
決して燃え尽きないだろうと・・・願っている次第・・・

  

  
さて、肝心な出来ですが、
 
昨年の文化祭時は、3年生の映画は5本くらい観ましたが、
どれも素晴らしく、
MIKUたちの2年生の演劇を見る限り、
来年あんな風に出来るのかしらと
心から(心配で)思ったもので、
このブログにも書いた気がしますが、
 
 
今年の映画は…
 
素晴らしかったです。
内容もよかったし、1時間の中によくまとまっていました。
映像的なことはよくわかりませんし、細かく言えばいろいろとあるとは思いますが、
充分観るに値する作品になっていたと思います。
エンドロールもすごくよかった。
  
 
  
評判が評判をよび、集客数はなんと900人越え。
6回の上映で900人とは・・・2B団よりすごい。
待ち時間は長蛇の列、会場は立ち見となっていました。
各会場、定員の2倍以上つっこんでました💦  
  
 
の子たちのこの1年の成長も大きいと思いますが、
演劇より、映画のほうが等身大であるからなのかな。
映画やTVドラマを観ることはあっても、
演劇はあまり観ることがないからかな…。
やはり演劇をしている身としては、
少し歯がゆくも残念にも感じましたが。
 
 
  
今年は、映画7本(6作品)と、
演劇を1つ(これは2年生のでなく演劇部の)
観ちゃいました。
土曜日も行ってたら映画全部観れたのになあ。
(9クラスなのであと3本)
それだけが心残り。
 
MIKUのクラスのはどうしてももう一度見たくて、
最後の回は、ダンス部と被ってました(こちらも長蛇の列)が、
そちらはあきらめて、頑張って並んで、立ち見で、
2回も観てしまいました。
 
 
他のクラスのもとてもよかった、すごく面白かった♡
(でもうちのクラスが一番よかった。σ(^◇^;) )
と満喫した私ですが、
  
MIKUに他のクラスの映画を観たのか聞いたら、
「怖くて1本も観ることができなかった」そう。
やはり、かなりなプレッシャーだったのだと思います。
 
 
月曜の夕方に後夜祭があり、そこで各賞の発表があります。
こんなに胃の痛い後夜祭は初めてだったそう…
 
 
そして、
 
 
 
「最優秀作品賞」をいただきました。
 
更にあと二つ。「編集技術賞」「最優秀演技賞」も。
 
 
クラス皆で勝ち取った賞ですが、
MIKUは皆から、サプライズで花束をいただきました。
1等賞を取っても取れなくても
贈るつもりで用意してくれていたそうですが、
やはりMIKUを表彰の舞台に立たせたかった と言ってもらったそうです。
  
うれしいなあ。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
  
 
 
春だなあ…
 
打ち上げも盛り上がったようでした。
 
 
 
 
親たちもすっごく盛り上がったのは言までもありません。
 
 
  
 
ちなみに、あけて13日火曜日は、文化祭の振替休日ではありましたが、
 
模擬試験日でございました。
 
 
皆さん、子供たちを起こすのに非常に苦労したそうです。
 
(^ー^;)    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

着物選び

MIKUの成人式は再来年ですが、

 

先日、振袖(レンタルです)を選んできました。

 

まだまだ先と思っていましたが、

早くしないと、着付けのいい時間が取れないのだそう。

 

 

実は高校には制服がないので、

高校の卒業式も着物(袴)を着ます。(レンタルです)

本人の強い希望です。また皆もほぼ袴なのです。

 

学校に近いところは早く予約しないといい時間が取れないと、

先輩ママに教えていただき、

高3になり卒業式の日程が決まってすぐ予約をしに行きました。

 

ほっとしたのもつかの間、

こんどは振袖・・・

(こちらは、当日の着付けを家と会場に近いホテルでしていただけるところにしました。)

 

女の子は楽しいというか、大変というか・・大変・・σ(^◇^;) 

 

たくさんの着物の中から、本人の希望を聞きながら、

あれがいい、これがいいと 

とっかえひっかえまず着物を選びます。

10着くらいは合わせてみました。

 

途中で休憩をはさんで、

(疲れちゃって貧血をおこしてしまいました。(-。-;) )

着物を決めるのに2時間半、

 

着物が決まったら、半襟、重ね襟、帯、帯揚げ、帯締め、

バックにショールまで。

(草履はもれなくで、選択の余地なしでした。)

これで、さらに1時間。

 

 

 

 

 

 

 

この重ね襟で +3000円です。( ゜Д゜)

 

 

 

 

 

 

 

来年の4月頃に写真撮影だけ済ませて、

あとは当日です。(再来年)

 

着物はその間、何度でも着てもいいそうですが、

着る機会があるのかしら。。。

 

でもまあ、これでとりあえずほっとできそうです。

 

 

 


公演情報&忘備録

 

うるとら2B団公演終了後

先日、高校の同級生が出演している劇団四季の

「エクウス」を観てきましたが、

 

https://www.shiki.jp/applause/equus/

エクウス

  
 
 
それを皮切りに、先週の土曜は
池上映子さん出演のZero Frontier プロデュース公演
『リローデッド・ゲート』
 
リローテッド・ゲート

 

  
  
 
本日は
藤代海くん出演の
萬劇場ショートストーリーコレクションvol.5 夏の短編集
    
夏の短編集
 
7/22〜24
 

!ll nut up famさんの『イるテーション』 

 
イるテーション
 

 

を観てきました。
 
来週30日は、
鈴木寿枝さんの、10•Quatreさん  
「別腹」LIVE 『和三盆』 
 
 
和三盆
 
そして8月
 
8/25〜29
茂在眞由美ん太鼓演奏で出演の
Pカンパニーさん 『虎よ、虎よ』
 
それからそれから、9月にはいると、
 

 

9/2〜4
鈴木寿枝さん出演 イマカラメガネさんの『道すがら』
 

 

 
9/7〜11
海君 劇団6番シードさん
『Life is Numbers〜ライフイズナンバーズ〜』
 

 

 
9/15〜18
瀧澤由舞さん出演の 
劇団milquetoastさんの『ゴミ屑の様に可愛い我が儘の為に。』 
9/30〜10/1
喜友名真実さん出演の
Bard am Horizontさん 『黒の黙示録〜いずれ生まれゆくキミの物語〜』
  
 
 
他にも9月初めには、高校文化際の映画上映 等もあり、
まだ連絡の来てない公演もあったりで、

 

 

 

 

全部はいけないかもだけど、お楽しみがたくさんです。
 

 

写真はそれぞれのブログより掲載させていただきました。
 

 

 
 
稽古場日記は随時更新中です。
 
コイル

 

そっちばかりで
このブログの更新がおろそかになってます。
すみません。
 

  

 

 


第32回公演「刻 COIL」終了しました。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

劇団うるとら2B団 第32回公演

『核 COIL つながる刻を渡るもの 』終了いたしました。
 

ご来場いただきました皆様、
そしてご協力いただきましたスタッフ他
多くの皆様に支えられまして、
無事幕を下ろすことが出来ました。
本当にありがとうございました。
 
  
今回の作品はタイムトラベル3部作の3部目として、
2011年に門間が書こうとしていた作品でした。
 
2011年、3月に東北に大きな震災が起きました。
 
 
タイムトラベルは過去や未来に行くことができます。
人生の修正をしようと思えば出来てしまえるものかもしれません。
 
あの時こうしていれば、こうしなければ、
ここにいたら、ここにいなければ・・・
もしそうできたら、
今また違う人生を歩んでいるのかもしれません。
  
震災であまりにも多くの人が亡くなり、人生が変わり、
もしタイムトラベルできたら、取り戻してあげられたら、
等々考えだしたら、震災とは関係のない作品なのですが、
書くことはできなくなってしまったそうです。
 
5年がたっても、
震災の復興にはまだほど遠いのかもしれませんが、
私たちの5つある児童養護施設に訪問し義援金を届けるという、
目標は、1年づつ5年をかけて達成しましたので、
ようやっと、この作品に取り掛かる気持ちになったようです。
 
 
公演や稽古の様子などは稽古場日記に書いています。
稽古場日記の更新にかまけて
このブログをなかなか更新できませんので、
ご興味ございましたら、ぜひそちらをのぞいてみてください。
 
 
今回の私の役は第2回公演(なんと1993年、23年前)
「ペルムザウルス」で、
私が演じた「七味」というタイムトラベラーの役です。
 
「七味」は門間が演じた「時代(トキシロ)」と共に、
時を超えて、ずーっと生きているので年齢設定はありません。
 
とはいえ、七味の言動は、
あの頃のままのように書かれているので、
もっと若い人にキャスティングされるものと思っていましたので、
戸惑いました。
私は年甲斐もなく、テンションをあげて、
だけど、今の私が演じるならどうするか。。。
私自身で、最後まで
これでよいのか悪いのかわからなかったです。
楽しい役でしたが、難しかった。
 
ということで、考えるのはやめて、楽しむことにいたしました。
楽しく演じました。 
 
もう、懐かしく思ってくださるお客様も
そういらっしゃらないと思いましたが、
(何せ第2回公演から見続けていただいているということに
なりますもの)
 
時を超えて変わらない、七味。 
私にとって愛しい役をまた演じることができて幸せでした。
 
 
そして今年も、愛すべき仲間たちと、
公演を無事終了できましたこと、感謝しています。
ありがとうございました。
  
核 COIL
 
 
 
 
ペルムザウルス
第2回公演「ペルムザウルス」
 
 
 
 
 

コイル
COIL


劇団うるとら2B団 第32回公演 
復興応援2nd 『刻〜COIL〜つながる刻を渡る者』

作・演出 門間利夫
会場:大塚 萬 劇場 (yorozu)
東京都豊島区北大塚2-32-22

http://yorozu-s.sub.jp/
公演日程  2015年6月15日(水)〜19日(日)

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


劇場入りまであと5日、公演初日まであと1週間!!


稽古、準備もろもろ、がんばっています。
ぜひ観にいらしてくださいね。

なかなかブログを更新できませんが、

うるとら2B団の稽古場日記は更新しています。

稽古場の様子や劇場の様子は
こちらをのぞいてみてくださいね。
http://blog.livedoor.jp/u2bd/


また、公演詳細はこちらです。

http://www.u2bd.com/newproject/32_coil/index.html

ご連絡お待ちしています。


coil

coil

coil


coil






JUGEMテーマ:演劇・舞台

2016運動会
雨が心配されましたが、
グランド整備をふくめ、1時間半遅れで、開催されました。

綱引き



今年のMIKUは踊りませんが、
後輩指導などでやはり連日、特に連休中も毎日遅くまで、
ダンス練習に付き合っていたようです。

私としても、これがきっと最後の運動会鑑賞となるので、
天気予報は開催日、予備日とも雨。
運動会自体が中止の可能性もありましたし、
時間の関係で出来なかった種目もあり、
(部活動対抗リレーなども楽しみにしていましたが中止でした)

グランドのコンデションは悪かったのですが、

開催できて本当によかった。

騎馬戦

今年のMIKUの参加種目は、100m、リレー、騎馬戦、綱引きでした。
髪の先を緑にそめて、マニュキュアも緑、
マスカラも緑で参戦していました。
 (^◇^;)σ 緑級です・・・



そして私のお楽しみは応援合戦ダンス。

今年も どの級も素敵でした。

甲乙はつけがたく、ぜーんぶ紹介したいところですが、中でもすごかったところ、
操り人形のような動きが面白かったです。
運動会ではちゃんと撮れなかったので、ダンスお披露目会の様子です




かっこいい!!



さて、保育園の時から、毎年応援してきた運動会もこれで最後。
(大学はさすがにないよね。)

もう子育てという年齢ではないけど、
・・・なんだかんだまだ手がかかっているので(^◇^;)σ  

こうやって一つづつ私も卒業していくんだなあ。
 

 
コロ先生もいました。











帰国
 
MIKUが帰国しました。

髪の毛が下半分緑色に染まってました。。。 L(・o・)┌


 


運動会用に染めてみたかったそう。
(運動会の日は皆、それぞれの色にメークしたり、髪の毛スプレーしたり、)



ホストマザーがやってくれたのだそう・・・
(*^-^*)

 

 
まあでも、

校則にはないけど、
 
いちおう高校生らしい身なり、髪よね。


なので、ゴールデンウィーク開けの
運動会まではお団子を毎日結うらしい。(私が・・)


昨日は、バレなかったそう・・・(^◇^;)σ







MIKU is traveling to Australia.

本当は、来年受験が終わってから行く予定でしたが、
どうしても ホストマザーに会いたくなって、
 
今まで貯めてきたお小遣いで、
この春休みに行くと 決め、
自分で旅行社に勤めるお友達のママに連絡を取って、
行き帰りの飛行機を予約してもらって、
自分でビサもとって、

オーストラリアでは、
ホストマザーに全面的にお世話になりますが、

 

あっという間にいろいろ決めて、

本日、たった8日間ですが、
オーストラリアに一人で出発しました。




私はお見送りとお迎えだけ。  (^ー^;)/ らくちん〜



 
いろいろなんだかんだ、甘々な娘ではありますが、
成長したと思わざるをえない・・・



出発の前は やはりお寿司。






第32回公演 刻 〜COIL〜 

COIL


劇団うるとら2B団 いよいよ 稽古が始まります。
第32回公演は、新作です。

2009年の第25回公演「JUMP 」 (過去に飛びました)
2010年の第26回公演「EVER」 (過去から飛んで来ました)
に続く、タイムトラベル3部作の3作目として

2016年6月15日(水)〜19日(日)
萬劇場 (東京都豊島区) にて公演を行います。


http://www.u2bd.com/top_index.html 

http://blog.livedoor.jp/u2bd/


稽古場の様子や公演情報を 
2B団HPや稽古場日記にもアップしていきます。



このブログも滞りがちですが、σ(^◇^;)
また少しづつ更新していくつもりです〜



 

修学旅行のおみやげは。




MIKUが修学旅行から帰ってきました。
行き先は「広島・京都」

例によってお土産をたくさん買ってきました。

えっと、食べ物ばかり。
えっと、ほぼ八ッ橋。



ほぼ八ッ橋

いろいろな種類の八ッ橋。
全部試食して全部美味しかったからとのこと。

これよりしばらく家では八ッ橋三昧。



八ッ橋以外では、広島定番のもみじ饅頭。


広島みやげ
広島みやげも 食べものばかり。



そして和菓子は作製体験で
自分で製作したそうです。


手作り和菓子
きれいにできてます。



花よりだんごのMIKUです。


まあ、修学旅行でやりがちの五重塔の置物とかより よいのでは。
と言ったら、

よかった。もう少しで、伏見神社の鳥居を
買ってしまうところだった・・・と

(^◇^;)σ







星の王子さま



リトルプリンス 星の王子さまと私


先日、試写会を観てきました。

リトルプリンス
 


星の王子さまの本は昔から持っていました。
一度も読んだことないのだけれど、 (^▽^;)
英語バージョンも持っているくらいです。

THE LITTLE PRIMCE
 



かわいくて、さみしくて、シンプルで深い物語、
そして、映画はその星の王子さまとその先の物語。


忘れていた星の王子さまの言葉をたくさん思い出しました。



映像もとてもきれいでした。

和紙で作った、ストップモーションアニメーションの
星の王子さまの世界と
CGアニメーションの老飛行士と女の子の居る現実の世界








映画は本日公開だそうです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince/#introduction











Happy Halloween

かぼちゃ大王

お祭り好きなMIKU。
もちろんハロウィンも。

何日も前から ワクワク

クッキー焼いて、チョコ作って、
今年もまた、学校で配ったようです。
 
ハロウィンクッキー


Trick or Treat


 
miku










日帰りバスツアー 10/4


 
うるとら2B団の今年の秋のイベントは
 
五浦温泉・五浦温泉観光ホテルでアンコウ鍋の昼食と
太平洋一望の露天風呂入浴・吉田正音楽記念館



旅の様子は稽古場日記に書きましたので
そちらを見てくださいね。
 


決まったコースを、決められた時間で、まわる
お気楽イベントでしたが、
のんびり楽しんできました。


五浦温泉











文化祭



3日間に渡る、MIKUの高校の文化祭。
1年生は各クラス展示、
2年生は各クラス演劇、
3年生は各クラス映画と決まっています。

それぞれ問題提起があることが条件です。
他は、各部活動展示や発表、SSHの研究発表等。
PTAはカフェを運営します。



1年生の時も、
留学中の時(MIKUは当然参加していませんが)も、行きましたが、
毎年、3年生の映画が素晴らしく、

今年は、MIKUのクラスの演劇は土曜日だったので、
土曜日だけにしようと思っていましたが、
つい映画みたさに日曜日も。

映画は8本中5本観てしまいました。




まず、一日目は、他のクラスの演劇を観に体育館へ

すごく並んでいてびっくり。 
映画も、ダンス部や管弦楽部の演奏等もかなり並びます。

とりあえずクラス演劇はまあこんなものかしら・・・という感想・・・。
(これも毎年)


それから、映画を観るために、教室のほうへ、
20分前には行きましたが、結構並んでいて・・・どうにか入場できました。


3年生はMIKUの元同級生なので、
今の学年より知っている顔がたくさん。
そんな楽しみもありますが、

やはり、映画のクオリティはすばらしかったです。
面白いし、よく作ってる。


1本目の映画(問題提起:誰かを好きになること)は、
胸きゅん。
私は5本中、最優秀賞、もしくは
最優秀男優賞をあげたいと思いました。(=^m^=)


しかし、感慨に浸るまもなく、終わったらすぐ次の映画に並びます。


2本目(問題提起:「大人」になって失ったものとは何か)、
こちらもなかなかよかったです。

特にMIKUのお友達がすばらしかったと言ったら、
「本人そのまんまだよ。」とMIKU。
こういう子がクラスにいると、楽しいだろうな〜。

1年生の時の担任の先生が、担任の先生役で出演。
これがまたよかったと言ったら、
「先生もまんまだったね」とMIKU。
確かに。
でも、こんな先生はいいなあと、
その先生のまんまがすごくよかった。(=^m^=)
(この映画が最優秀賞を取りました。)



次も映画を観たいところでしたが、おっと、演劇に並ばなくちゃ。

ってことで、体育館へ
体育館は冷房がなく、暗くするために閉めきっています。
入り口でうちわを配っていますが、
まずこれがしんどかったです。

湿気、暑さとも、朝一番のクラスの時はまだ耐えられましたが、
4本目ともなると、始まる前から、暑い!!

 


そして、うむむ・・・
演劇をあまり観たことがなく、興味もなく、
やりたいと思って始めたわけでなく、
(それはまあ仕方がないかとは思いますが)

何より、練られておらず、
練習も不十分な人たちがやっている舞台でした・・・という感想。


もちろん一生懸命やっている姿は見ることはできましたし、
まあ、皆さんかわいかったです(^▽^;)




演劇のクオリティと映画のクオリティの差はなんでしょうか。

学年が1年違うということもあり、
演劇を経てからの映画製作ということもあるとは思いますが、

映画のほうは、高校生が等身大で出ているからかしら。
演技も自然だし、
撮影や編集も、映像は見慣れているからでしょうか。
映像技術も素晴らしいと思います。

よっぽど興味がなければ、また機会がなければ、
普段演劇なんて観ないのでしょうね。
MIKUでさえ、ほぼ興味なしですもの。


時間があわなかったですが、演劇部の発表を観てみたかったです。


そして、これで一日目終了。
クラス展示とか、部活発表はまったく観ることができず・・・σ(^◇^;)




2日目、
映画を3本と、ブラスバンド部のステージ。

映画は4ヶ所で開催されているので、
昨日見なかった作品でスケジュールを組み立て、
やはり終わるとすぐ次の作品に並び、
観てみたいと思っていた作品は、並ぶ前にすでに整理券がなくなっている状態。
お昼も食べずに 観て回りましたσ(^◇^;)

映画3本ともそれぞれ面白かったです。

 
ブラスバンドは体育館でしたが、
時間ギリギリで入ったら、体育館から溢れる状態。

暑さと湿気の中、立ち見で1時間20分。
でもこれは、演奏のすばらしさと、楽しさで乗り越えました。




3年生のお友達がサックスのソロを演奏しましたが、
すごいかっこいい!!



びっくりです。
高校生なのにすごいなあ・・・いえ、高校生ってすごいなあ・・・ 
と思うことが多々・・・


ダンス部とか管弦楽部とか、科学の実験とか、
他もいろいろ観たかったです。
映画は全部観たかったし、もちろん演劇も。

が、2日間(9時半〜16時半)でこれで精一杯。


今だかつて、(自分が高校生のころはどんなだったか忘れていますが)
文化祭をこんなに楽しんだことはなかったなあと思いました。

3日目(最終日)は、公開は13時半まで、
そして生徒たちは後夜祭を楽しむようです。



さて、2年生はこれから、すぐ映画製作に向かうようです。
なるべく3年生になってから(受験)の負担がないようにと。


でも、映画監督になった人は、
浪人するというジンクスがあるそう・・・ ( ゜Д゜) ; 
そのくらいのレベルのものを作っていると思いますけれど・・・

「勉強はどうなってるッ!?  呟きが叫びに・・・なるわよう!!」
ママ友談

そうです・・・親としては非常に複雑な気持ち・・・(・へ・;;) 


そうして、
2年生の演劇からの3年生映画への飛躍・・・があるんでしょうか。
この不安も大きい・・・(^◇^;)σ


でも、きっとぜんぶ頑張るんでしょう・・・ (^▽^;)




・・・楽しみ (^ー^;)  








70th 戸山祭 HP
http://www.toyama-h.metro.tokyo.jp/seitokai/2015toyamasai/toyamasai.html



花火大会


お友達のお家の屋上で

花火鑑賞&飲み会でした。


暑い日だったけど、
夕方から屋上には風もあって、気持ちいい〜。
美味しいお料理食べて、わいわいとおしゃべりしながら。





すごくいいロケーション。
広い空が贅沢です。



そして、花火が目の前。







maiyam1








| 1/24PAGES | >>