まあや

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

「GODDETH」 まあや

「跳」 JUMP まあや

Guest

4月

あれ〜、いつから書いていないんだっけ?

というくらい ご無沙汰してしまいました。

 

年は明け、

3月、MIKUは高校を卒業しまして、

 

本日は、大学の入学式でした。

 

そろそろ子育てという仕事は終わりに近づいてきており、

ちょっと寂しい今日この頃、

私よりよっぽどしっかりしている風ではありますが、

まだまだ手がかかりそうな気もしないではなく、

もう少し楽しめるかなあとも密かに思っています。

 

 

 

卒業式

高校の卒業式は袴でした。

 

私は朝5時前に起きて、着付け等〜卒業式、卒業を祝う会、

保護者クラス親睦会〜2次会などなど盛り込まれ、
受験期の親たちなので、親のストレスも積もり、
話も積もり盛り上がって、
帰宅したのは0時近く σ(^◇^;)

 

そして、MIKUは今日から大学生です。

大学の入学式はもう親はいかないのかと思っていたのですが、

ママ友さんたちに聞くと、行ったわよとか、行くわよという声。

 

これも最後かなあと思いながら、行ってみました。

 

入学式の行われている講堂にはもちろん入れず、

親は講義室でモニターを見ます。

広〜い講義室がいくつもぎっしり。

 

入学式

 

もちろん写真を撮るスポットでは長蛇の列・・・

 

でも本日は素敵な入学式日和でした。

 

 

 

 

さて、これから、劇団の公演稽古が始まります。

 

公演詳細はまた掲載いたしますが、

とりあえず、そちらの様子は稽古場日記のほうを

のぞいてみてくださいね。

http://blog.livedoor.jp/u2bd/

 

公演詳細はこちらから

http://blog.livedoor.jp/u2bd/archives/2126957.html

 

 

 

 


忘年会

早々と忘年会。

 

 

まず、塾ママ友とは、

地元の もんじゃ焼き屋さん。

 

 

実は下町に住んでいながら、

私、もんじゃ焼きはあまり食べたことがありませんでした。

 

美味しいですが、

なんというか不思議な食べ物です。

 

 

 

こんなもんじゃも、

 

なっとうと、山芋と・・・ あ、ベビースターラーメンも。

 

 

 

これはお好み焼きですね。

 

 

これは、あんこ と あんず。

生地は少し塩味。

 

デザートですね。

 

おしゃべりが尽きなかったので、

その後ファミレスに席を移し(飲まない人たちなので)

ドリンクバーで、午前様となりました。

 

 

そして、本日は、

 

高校、大学時代の友人と、その友人と。

 

久しぶりに会って、忘年会をしようと。

 

 

 

日本酒飲み放題コース。

 

 

 

 

 

 

お店にあるお酒の何を飲んでもいいのです。

すごく珍しいお酒もいいお酒も たくさんあります。

 

 

私は飲みませんが、頼んだお酒、

ぜーんぶ、味見はしてみました。

(〃∇〃)

 

 

皆さんは程よく、気持ちよく。

10種類くらいは飲んだのでは?

 

 

若いオーナーさんがまた素敵でした。

気遣いも程よく、でしゃばらず 

お酒の説明もしてもらいました。

 

 

 

お冷や熱燗、沢山味見したので

 

どれが一番美味しかったか

覚えておこうと思いましたが、

わからなくなりました。

 

 

お酒好きの皆様も

とても満足されていて、

 

楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 


ホストファミリー体験
MIKUのドイツ人のお友達が数日間うちにに滞在していました。
 
オーストラリアに留学中に、
彼女たちもドイツから半年の留学をしていて知り合いました。
留学生同士仲良くなったようです。
  
2人のドイツちゃんを3人でおもてなし、
うちにはサラちゃんがやってきました。
 
sukaitree
 
11/1に日本に来て、一軒目のおうち渋谷に。
11/2は渋谷、原宿、六義園に行ったそうです。ねこカフェも。
11/3はMIKUと合流後、大江戸温泉とお台場に行き、
そこからはうちに。
 
ashiyu
 
 
11/4は、MIKUは学校なので、
朝早く、もう一人のドイツちゃんのいる浅草のお友達に預けに行き、
皇居と東京タワー、浜離宮、そして水上バスに乗ったそうです。
11/5は、MIKUが2人を預かり、午前中は3人でスカイツリーに、
そして午後はお友達と合流し4人で浅草で着物体験と散策。
 
asakusa
 
本日最終日は、両国の江戸博物館と国技館、そして、
ハードロックカフェでTシャツを買いたいそうなので上野へ、
上野恩賜公園内のどこかを見て、成田へ。
   
  
お天気に恵まれて、沢山の観光を楽しんだようです。
  
  
わたしはもちろん、朝食と夕食を受け持ったわけですが、
好き嫌いもほぼなく、何でも大丈夫と聞いていましたが、
あまりお箸(フォークとスプーン)が進みません。
 
お口にあわない?何が好きなの?
そんなんで足りるの?遠慮してる?何なら食べるの〜?
 
もともと本当に小食のようです。
(MIKUの半分くらい…いや1/3くらい)
いろいろ試してみてもらいたかったのですが、
あまり冒険もしないようです。
ご飯(お米)も2口3口くらいしか食べないので、
様子を見ながら、やはりポテト中心に組み立ててしまいました。
 
 
彼女はMIKUと同い年です。
ハイデルベルグに住んでいます。
 
ハイデルベルグ
 
ここから車で20分程のところだそうです。
素敵な景色です。
 
彼女のおうちの屋根もやはり赤茶色
すっごく大きなおうちでした。(グーグル情報)
広い廊下に沢山の部屋、彼女の部屋も、ハンモックがつれるくらい
広いとのこと(MIKUのスカイプで見たよ情報)
馬も飼っているから相当なお金持ちだよ。(MIKU情報)
 
  
今年の9月に大学が決まり、
将来は小学校の先生になりたいそうですが、
 
ドイツでは、合格が決まると、
すぐ入学、2か月後に入学、半年後に入学、1年後に入学を選べるそうです。
 
彼女は1年後に入学を選び、
 
本日、日本を発ってからは、
まずオーストラリアのケアンズに数日、
そして留学先だったブリズベンやブライビー島に1か月くらい、
それからニュージーランドに2か月くらい(農場と言ってましたが)
いずれも、留学中に知り合ったお友達や
ホストファミリーのところに滞在するようです。
 
その後は、ドイツに帰って、レストランでアルバイトをして、
来年の9月に大学入学をするそうです。
 
こういう時期に、そういった時間が持てるのはとてもいいなあと思います。
まとまった時間があるといろいろな経験をすることができます。
合格を決めた後、自分で学費を稼いでから入学する子もいるようです。
  
 
sa
  
短い滞在でしたし、英語ダメダメな私なので、σ(^◇^;)
MIKUがお風呂に入っている際は心細い思いもしましたが、 
私にとっても、楽しくていい経験になりました。
 
 
小食が心配なサラちゃんは、
でもとてもにこやかで可愛かったです♡。
とてもいい子。私もドイツに一人娘をもった気分です。
 
sa
 
おっきなリュックを背負って旅立っていきました。
ほっとしましたが、寂しい気分。   
 
 
 
facebookでお友達申請もしてくれました。
うれしい。
fbでは皆さまにいろいろお食事のアドバイスを
いただいたのですが、
翻訳機能は怪しいから、誤解を生むと困るので、
承認前にその投稿は自分だけ見ることができる設定に。
いいねやコメントしてくださった方すみません。
ありがとうございました。
 
 
 

物語は世界を変える

劇団おぼんろ『狼少年ニ星屑ヲ』を観てきました。

 

http://www.obonro-web.com/

 

初めて観にいきましたが、この世界感はとても好きでした。

 

たった5人で4000人の動員があるそうです。

 

いづれは、25000人の動員をして

シアターコクーンでの公演を目指しているそうです。

 

その思いは確かに伝わってきました。

 

とても楽しみです。 

 

 

「物語は世界を変える」素敵な言葉です。

 

 

 

 

ところで、最近芝居を見に行くと、写真撮ってもいいですよ。

といわれたりします。

 

この写真も、

おぼんろに誘ってくださった、はー先生が

客入れ中に撮った写真をいただきまして。

(客入れを役者さんがしていました。)

(私はガラケーなので…

 しまったカメラ持ってくれよかった…と)

 

 

 

先日、五十嵐勝平さんの出演する

カプセル兵団『燃えろ映画魂!(熟年バージョン)』を

観に行ったときも、

前説を役者さんがしていたのですが、やはり

「今なら、いくらでもどうぞ」と、

 

写真を撮ってSNSにあげて、拡散。

 

客入れや前説だけでなく、

海くんと、新さんが出演した

BLACK JAM 1st JAM

「Regulation's High!〜校則に拘束された生徒たち〜」

のときは、ちょうど 

公演中も写真を撮ってもいい回だったので、

公演中にパシャパシャ撮ってる方がたくさんいて、

さすがにシャッター音は少し気になりましたが、

おかげで、SNSを探すと、舞台写真がたくさん。

 

 

そんな時代なんだなあ。

 

 

 

 


文化祭
9/10〜12はMIKUの高校の文化祭でした。
 
 
 
毎回、
1年生は全クラス展示。
2年生は全クラス演劇。
3年生は全クラス映画です。
 
昨年(2年生時)の文化祭の演劇は心残りが多かったようで、
2年から3年はクラス替えがないので、昨年の文化祭終了後、
すぐ映画製作準備に取り掛かっていました。
  
MIKUはなんと映画監督に・・・
映画監督といっても、この映画製作では
どうやらプロデューサーに近い存在のようで、
どちらかというと総指揮のポジションのような気がします。
  
  
準備の取り掛かりは早かったのですが、
映画提出締切日の2学期始業式の日。
やはり結局、
夏休みは連日撮影、最後の編集は友人宅に何日か泊まり込みで、
みんなヘロヘロになりながら、作業をしていたようです。
  
お泊りさせていただいたお家の方には大変ご迷惑をかけましたが、
快く引き受けていただき、
「今までこんなに頑張ったことはないかも」「これも得難い経験になる」と、
そして「青春だなあ」と思ったそうです。(=^m^=)
    
 
 
 
受験生なのに…と、
撮影編集制作スタッフやキャスト等映画作製に深く関わった子供の
どの保護者も、心の中では思っていたようです。
 
「勉強はどうなってるの?って呟きが最後は叫びになるわよっ!!」
って昨年の3年生のママ友談が思い出されます。
 
でもやはり、
子供たちの熱心さには強くは言えず・・・
終わったら切り替えて受験勉強も頑張ってくれるだろうと。
決して燃え尽きないだろうと・・・願っている次第・・・

  

  
さて、肝心な出来ですが、
 
昨年の文化祭時は、3年生の映画は5本くらい観ましたが、
どれも素晴らしく、
MIKUたちの2年生の演劇を見る限り、
来年あんな風に出来るのかしらと
心から(心配で)思ったもので、
このブログにも書いた気がしますが、
 
 
今年の映画は…
 
素晴らしかったです。
内容もよかったし、1時間の中によくまとまっていました。
映像的なことはよくわかりませんし、細かく言えばいろいろとあるとは思いますが、
充分観るに値する作品になっていたと思います。
エンドロールもすごくよかった。
  
 
  
評判が評判をよび、集客数はなんと900人越え。
6回の上映で900人とは・・・2B団よりすごい。
待ち時間は長蛇の列、会場は立ち見となっていました。
各会場、定員の2倍以上つっこんでました💦  
  
 
の子たちのこの1年の成長も大きいと思いますが、
演劇より、映画のほうが等身大であるからなのかな。
映画やTVドラマを観ることはあっても、
演劇はあまり観ることがないからかな…。
やはり演劇をしている身としては、
少し歯がゆくも残念にも感じましたが。
 
 
  
今年は、映画7本(6作品)と、
演劇を1つ(これは2年生のでなく演劇部の)
観ちゃいました。
土曜日も行ってたら映画全部観れたのになあ。
(9クラスなのであと3本)
それだけが心残り。
 
MIKUのクラスのはどうしてももう一度見たくて、
最後の回は、ダンス部と被ってました(こちらも長蛇の列)が、
そちらはあきらめて、頑張って並んで、立ち見で、
2回も観てしまいました。
 
 
他のクラスのもとてもよかった、すごく面白かった♡
(でもうちのクラスが一番よかった。σ(^◇^;) )
と満喫した私ですが、
  
MIKUに他のクラスの映画を観たのか聞いたら、
「怖くて1本も観ることができなかった」そう。
やはり、かなりなプレッシャーだったのだと思います。
 
 
月曜の夕方に後夜祭があり、そこで各賞の発表があります。
こんなに胃の痛い後夜祭は初めてだったそう…
 
 
そして、
 
 
 
「最優秀作品賞」をいただきました。
 
更にあと二つ。「編集技術賞」「最優秀演技賞」も。
 
 
クラス皆で勝ち取った賞ですが、
MIKUは皆から、サプライズで花束をいただきました。
1等賞を取っても取れなくても
贈るつもりで用意してくれていたそうですが、
やはりMIKUを表彰の舞台に立たせたかった と言ってもらったそうです。
  
うれしいなあ。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
  
 
 
春だなあ…
 
打ち上げも盛り上がったようでした。
 
 
 
 
親たちもすっごく盛り上がったのは言までもありません。
 
 
  
 
ちなみに、あけて13日火曜日は、文化祭の振替休日ではありましたが、
 
模擬試験日でございました。
 
 
皆さん、子供たちを起こすのに非常に苦労したそうです。
 
(^ー^;)    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| 1/138PAGES | >>