まあや

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

「GODDETH」 まあや

「跳」 JUMP まあや

Guest

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

トラベルトラブル 公演概要

トラベルトラブル

 

うるとら2B団 第33回公演 「トラベルトラブル」   
●脚本・演出: 門間利夫 

●会場: 大塚 萬劇場

●公演日程: 2017年6月14日(水)〜18日(日)
14日(水) 19:30〜
15日(木) 19:30〜
16日(金) 19:30〜
17日(土) 14:00〜☆/19:30〜
18日(日) 13:00〜/16:30〜※(公演開演17時半)

受付は上記開演時間の60分前から
開場は上記開演時間の30分前から
※最終日夜公演前に特別トーク企画があるため
会場時間等上記とは少し異なります。 
☆17日昼公演はファミリー応援プラン有 



●チケット料金(全席予約指定) 
前売 ¥3,500 / 当日 ¥3,800


●CAST: 
はざま秀一
まあや
平川瑞穂
八乙女真記子
伊東武志
上嶋茂雄
池上映子(CAPTAIN CHIMPANZEE)
悠月乃愛(Bard am Horizont)
瀧澤由舞
新 勝洋
紺乃鳳文
古川創太(Studio Life)

河野孝佳

門間利夫          

●STAFF: 
舞台監督 阿部けん
照明 (有)アイズ
音響 持田勝久・前原 修・島村幸宏
宣伝美術 むらかみけい
記録 河村昌美 鎮目雅也
企画制作 うるとら2B団

 

詳細はこちらから。

http://www.u2bd.com/newproject/33_travel-trouble/summary.html

 

チケットお申し込みは、

チケット予約フォーム

http://www.u2bd.com/newproject/33_travel-trouble/attention.html

もしくは私に直接ご連絡くださいね。

 

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台


第32回公演「刻 COIL」終了しました。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

劇団うるとら2B団 第32回公演

『核 COIL つながる刻を渡るもの 』終了いたしました。
 

ご来場いただきました皆様、
そしてご協力いただきましたスタッフ他
多くの皆様に支えられまして、
無事幕を下ろすことが出来ました。
本当にありがとうございました。
 
  
今回の作品はタイムトラベル3部作の3部目として、
2011年に門間が書こうとしていた作品でした。
 
2011年、3月に東北に大きな震災が起きました。
 
 
タイムトラベルは過去や未来に行くことができます。
人生の修正をしようと思えば出来てしまえるものかもしれません。
 
あの時こうしていれば、こうしなければ、
ここにいたら、ここにいなければ・・・
もしそうできたら、
今また違う人生を歩んでいるのかもしれません。
  
震災であまりにも多くの人が亡くなり、人生が変わり、
もしタイムトラベルできたら、取り戻してあげられたら、
等々考えだしたら、震災とは関係のない作品なのですが、
書くことはできなくなってしまったそうです。
 
5年がたっても、
震災の復興にはまだほど遠いのかもしれませんが、
私たちの5つある児童養護施設に訪問し義援金を届けるという、
目標は、1年づつ5年をかけて達成しましたので、
ようやっと、この作品に取り掛かる気持ちになったようです。
 
 
公演や稽古の様子などは稽古場日記に書いています。
稽古場日記の更新にかまけて
このブログをなかなか更新できませんので、
ご興味ございましたら、ぜひそちらをのぞいてみてください。
 
 
今回の私の役は第2回公演(なんと1993年、23年前)
「ペルムザウルス」で、
私が演じた「七味」というタイムトラベラーの役です。
 
「七味」は門間が演じた「時代(トキシロ)」と共に、
時を超えて、ずーっと生きているので年齢設定はありません。
 
とはいえ、七味の言動は、
あの頃のままのように書かれているので、
もっと若い人にキャスティングされるものと思っていましたので、
戸惑いました。
私は年甲斐もなく、テンションをあげて、
だけど、今の私が演じるならどうするか。。。
私自身で、最後まで
これでよいのか悪いのかわからなかったです。
楽しい役でしたが、難しかった。
 
ということで、考えるのはやめて、楽しむことにいたしました。
楽しく演じました。 
 
もう、懐かしく思ってくださるお客様も
そういらっしゃらないと思いましたが、
(何せ第2回公演から見続けていただいているということに
なりますもの)
 
時を超えて変わらない、七味。 
私にとって愛しい役をまた演じることができて幸せでした。
 
 
そして今年も、愛すべき仲間たちと、
公演を無事終了できましたこと、感謝しています。
ありがとうございました。
  
核 COIL
 
 
 
 
ペルムザウルス
第2回公演「ペルムザウルス」
 
 
 
 
 

コイル
COIL


劇団うるとら2B団 第32回公演 
復興応援2nd 『刻〜COIL〜つながる刻を渡る者』

作・演出 門間利夫
会場:大塚 萬 劇場 (yorozu)
東京都豊島区北大塚2-32-22

http://yorozu-s.sub.jp/
公演日程  2015年6月15日(水)〜19日(日)

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


劇場入りまであと5日、公演初日まであと1週間!!


稽古、準備もろもろ、がんばっています。
ぜひ観にいらしてくださいね。

なかなかブログを更新できませんが、

うるとら2B団の稽古場日記は更新しています。

稽古場の様子や劇場の様子は
こちらをのぞいてみてくださいね。
http://blog.livedoor.jp/u2bd/


また、公演詳細はこちらです。

http://www.u2bd.com/newproject/32_coil/index.html

ご連絡お待ちしています。


coil

coil

coil


coil






JUGEMテーマ:演劇・舞台

第32回公演 刻 〜COIL〜 

COIL


劇団うるとら2B団 いよいよ 稽古が始まります。
第32回公演は、新作です。

2009年の第25回公演「JUMP 」 (過去に飛びました)
2010年の第26回公演「EVER」 (過去から飛んで来ました)
に続く、タイムトラベル3部作の3作目として

2016年6月15日(水)〜19日(日)
萬劇場 (東京都豊島区) にて公演を行います。


http://www.u2bd.com/top_index.html 

http://blog.livedoor.jp/u2bd/


稽古場の様子や公演情報を 
2B団HPや稽古場日記にもアップしていきます。



このブログも滞りがちですが、σ(^◇^;)
また少しづつ更新していくつもりです〜



 

公演終了


うるとら2B団第31回公演「ドリードリーム」 〜羊は誰の夢を見る〜

無事終了しました。



応援していただいた皆様、観にいらしてくださった皆様、
お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。


今回は、新作でしたので、
どのような作品になるのか、お客様の反応はどうなのか、
不安でした。

また、自分の役も 
「内閣府特命少子化対策担当局 局長」という
私に似つかわしくない肩書きです。

ドリードリーム

どんな人なのか、何を感じ考えるのか、つまり、どういう風に演じるか、
自分の中でリアリティを持たせるのがすごく難しかったですし、
周りとどう絡んでいくかも。
私にとっては難しい役でした。

前回の「にせ八犬伝」は、立ち回り等体力的には大変でしたが、
まっすぐ戦いに向かっていく自分を作っていけばよかったですが、

今回は、向かいどころも、役割も、捉えるまで時間がかかりました。



ドリードリーム

この役、私でよいのでしょうか?
と、演出に聞くと、

「この役はお前にしかできないから。」と

私でなくても、もちろんできるのですが、
一応、いつも演出はそう言ってくれることになっています。

なので、これもまたいつものことですが、
私にしかできない役にしてやろうと思うわけなのです。


今になってやっと、ああだった、こんな風にも出来たかもしれないと
思うところもありますが、

公演中は、役どころを充分楽しめましたし、

作品も、観ていただいた方たちから、
とてもよかったと言っていただいたので、
…もちろん謙虚に受け止めてはおりますが、
また次に繋げていけたらいいなと思っています。

ドリードリーム


装置も衣装も小道具もめいっぱい頑張りました。

少しづつ いろいろお話できればと思います。

また稽古や公演の様子等は、劇団の稽古場日記を
更新しています。
そちらも見ていただければと思います。 

それから、被災地の復興応援企画として5年目となる、
義捐金ですが、
今回もたくさんの方に募金箱に入れていただきました。
ありがとうございました。

今年は宮城県にある養護施設の、最後の5箇所目となります。
秋以降になると思いますが、届けて来た際には、
また劇団HPや稽古場日記にてご報告させていただきます。



今回も本当に、
たくさんの方々に観に来ていただきました。
たくさんの方々にお手伝いいただきました。
スタッフの方々、キャストの皆、すべてに力をいただきました。

そして、事故も地震もなく無事公演ができたこと、
 

すべてに感謝しています。


 

| 1/18PAGES | >>