profilephoto

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

日帰りバスツアー 10/4


 
うるとら2B団の今年の秋のイベントは
 
五浦温泉・五浦温泉観光ホテルでアンコウ鍋の昼食と
太平洋一望の露天風呂入浴・吉田正音楽記念館



旅の様子は稽古場日記に書きましたので
そちらを見てくださいね。
 


決まったコースを、決められた時間で、まわる
お気楽イベントでしたが、
のんびり楽しんできました。


五浦温泉











2B団スキー部
昨年は活動できなかったので、
今年こそはと、張りきっていたのですが、 e(^。^)g
 
今年の参加者は少なく、
うるとら2B団スキー部 というより、家族旅行な感じではありましたが、
 

恒例の 『木島平スキーツアーwith仲山荘』に行ってきました。e(^。^)g
 


金曜の夜、出発し、夜中到着。
雪が降っています。
 
仲山荘さんにこっそり忍び込んで仮眠。
そして、朝、おいしい朝食をがっつりいただいて、
 
いざ、スキー場へ。
 


絶好のスキー日和。


きもちよい陽射しと、昨日降った雪質もよく、
景色もよく、
 
風切ってかっ飛ばしたり、
ジャンプ失敗してすっ転んだり、
 

ケーキと珈琲も美味しく、
 





ヤーコンくんと自画自賛の宝探し・・
もとい・・・地元キャラの○○くんと地産地消の宝探しをしたり、
 
 
楽しかったです。\(≧▽≦)/
 
 



私の大好きな、
傾斜35度のパイオニアコース・・・
今年は滑ろうと思ってたのに、
レンタルスキーじゃだめってのと、
武志君も居なかったので、ちょっとヒヨリました。
 


そして、日曜もいい天気で、
・・・スキー日和ではありましたけれど、
 

MIKUさん少し喘息気味・・・
(キャンプのときもダウンしましたが・・・今回はちゃんと吸入器も持っていきました。)

お留守番してるから、座長と秀ちゃん二人で滑ってくる?
「二人ってのもなあ・・・突き指してるし・・・」と、座長。
(ころんだ拍子に、座長と秀ちゃん、二人そろって突き指したらしい・・・)
「武志が居れば、行ったんだろうなあ・・・」と秀ちゃん。
 
武志くんが居なかったので、ちょっとヒヨリました。
 
「やっぱ、2B団に武志は必要だよ!」と秀ちゃん。
「ごはん残っても、ぜーんぶ食べてくれるしね。」とまあや。
「雪合戦もねッ。」とMIKUさん。
 
 
そして、ヒヨヒヨな私達は、
月曜からの、仕事や学校を思い、
スキーはやめて、
温泉につかり、手打ちそばをいただいて、

早々に帰路
に。゜(^◇^;)゜。
 



来年は行こうね、武志くんと のざぴょんさん。
 
 
仲山荘の新入りくん。
ブルドッグのゴン。(1歳)

人懐っこくて、強力なキャラでした。
仲山荘のおじいちゃん、おばあちゃんもお元気でしたよ。
 



スキー部の活動記録はこちらです。
 

秋のキャンプ その3
せっかく海に来ているから、日の出が見たかったので、
 
早起きチームの 座長・やおちゃん・武志くん・の4人は
5:36分の日の出情報をつかんで早々に起き出しましたが、
 
地平線の雲は厚く・・・
 
海にバーッと広がる朝の光は見られませんでしたが、
15分後くらいに、雲の合間から顔を出してくれました。


 
程なく始発列車が・・・


朝ごはん作成中の座長とやおちゃん



本日の計画を立てる武志くん


本日のメインも温泉とのこと。
まずは足湯に。

熱川温泉ほっとぱぁ〜く


気持ちいい!



ここで、MIKUさん砂浜発見!!

りのちゃんと しばし砂浜遊び。これで満足だね。。。


砂浜からMIKUさん引き剥がし出発。


次は「あまぎ〜ご〜え〜♪」
秀ちゃんの中で、この歌がずーっとリフレインしていたそう・・・


浄蓮の滝です。



わさび田がすごくきれいでした。


おみやげ物やさんはやはりわさびづくし。
わさび、わさび漬け、、わさびかりんとう、わさびふりかけ
わさびソフトクリームわさびラムネ、わさび色のもの、
わさびを抱えたステッチやまりもっ!!
 
皆と わさびビールを飲んでみました。
 
うーん・・つまみのお刺身がまだ口に残ってるって感じ?
醤油たりないって感じ?
ビールにわさび味ついてなくてもいいじゃん。。。って感じ?
 


最後は温泉。なかなかいいところが見つからず、
市営の湯の国会館へ。
ぬるっとしていて、お肌しっとりタイプのお湯です。
 

ここで、「黒米しいたけうどん」を食べました。

黒米が練りこんであるうどんで、もちっとした黒い細いうどん。
しいたけたくさん。
麺は売ってないのでここでしか食べられないとのこと。

途中で、アッと思い写真を撮ろうとしたら、
食堂の方が、私のお箸を取り、麺をすくってくれました。


ご協力ありがとうございます(^◇^;) すごくおいしかったです。
 

しいたけも有名なのかしら。
道の駅でMIKUさんはしいたけコロッケを3回も買いなおして食べてました。
そんなにおいしい?って武志くんや ちゃやも。


私は、揚げて乾燥してあってスナックみたいになっている
しいたけを買ってみました。これもおいしかった。
あと、アケビも買ってみました。ただ食べてみたかったので。
ほの甘いのですね。
 

そして
三島駅にりのちゃんを降ろし、
(りのちゃんは車が苦手とのこと・・・山道のぐるんぐるんお疲れ様でした)
帰路へ
 


疲れて眠ってしまうかと思いきや、
帰りの禁煙車(エスティマ)は、
80年代のベスト100のCDのおかげで大盛上がり。

一方喫煙車(ハイエース)のほうは、こちらの車は貨物車のこともあって
座りごごちも悪かったみたいで、寝るに眠れず、疲れきっていた模様・・・
 

新宿駅でほぼ解散。
運転手の武志くんと座長 そして 皆さん お疲れ様でした。
 
 

長くなりましたが、とりあえずキャンプのことはこれで終わりです。
読んでいただいてありがとうございました。
 

秋のキャンプ その2
さて、夕食準備です。
 
今回は、宿泊した場所柄、
いつものように野性味あふれるキャンプという感じでは
ありませんでしたが、
やはり、バーベキューははずせません。
 

まずは火おこし 秀ちゃんです。
 


そして、のざぴょんさんはスモークマシン作成。
 

台所でも、
料理得意チーム やおちゃん・高木ちゃん・はー先生。



お部屋では、
鉄板焼きそば。
瑞穂ちゃんと ちゃや



りのちゃんはスモーク用にソーセージにクリップさしてます。


適当なところで、乾杯!


MIKUさんもお子様ビールを持参して手酌で一杯。
 



サザエ と しげしげさん




前回、ヨッパライ大賞はのざぴょんさんでしたが、
今回は、なんちゃんでしょう。。。
「のざきぃ〜のざきぃ〜」と執拗にのざぴょんを追っかけまわしていました。
どんなに愛しているんだか・・・
 
さすがの のざぴょんさんも、引きつりながら逃げ回ってましたが・・・
のざぴょんさんに「今回おとなしいじゃん」と言ったら、
前回の反省を踏まえてとのこと。。
ほとんど覚えてないらしいけど・・・
 
今回のなんちゃんも、次の日ぜーんぜん覚えてなかったみたい。
フフフ・・・
大丈夫、ちゃーんとビデオに残っちゃってるもんね。





まだ続きます。。。

秋のキャンプ その1
10/3.4は 恒例の うるとら2B団キャンプでした。
 
今回は10月ということもあり、山は寒いから海にしよう。
伊豆になりました。
 
「海!?」と瞳が輝くMIKUさん。
「じゃあ、水着持っていく?」と。  うーん・・・寒いと思うよ。
 
 
いつもは、夜中出発ですが、今回は宿の時間もあって、朝出発。

車に弱い りのちゃん は電車で現地に向かいますが、
総勢14名。ワゴン車2台。
禁煙車両と喫煙車両にそれぞれ分かれて出発です。


うちにお泊りした やおちゃんと MIKU。6:45出発です。



天候が心配ではありましたが、降られたのは、車中。
土砂降りになり、雨女瑞穂ちゃん強し!
もしくはキャンプに参加できなかったガクちゃんの涙か!!
いや、呪いじゃないの?とまで言われてましたが、
 
「大丈夫。着く頃には止むから」

と最強晴女ならぬ曇り女の はー先生
すっごい土砂降りになってる時に言い放ってましたが、まさにその通りに。
雨は伊豆の道の駅に到着したときだけ。
後は、影響なし。
「晴れだと紫外線きついでしょ。曇りがいいのよ」 頷く女性陣。
お昼を食べて、城ヶ崎海岸のつり橋に付く頃にはすっかり雨は上がってました。
さすがです。

くも越しのつり橋。
「すごいくも!」とちゃんが言うので、まあ曇りだし。と思ってよく見たら
「ギャー・・・」目の前に蜘蛛がいっぱい。写真には薄く写りこんでます。









晴れていればもっとでしょうが、なかなか絶景。

以外!やおちゃんが、高所恐怖症でした・・・
本人も「知らなかった〜」とのこと。
皆と手をつないで渡ってました。 _(^▽^)__(>o<)__(^-^)_
 


そして到着した宿は、
海抜0メートル・海の中の貸し別荘
 
どんなに海の中なんだ。
と期待させるキャッチフレーズでしたが、
 
海の中というか、まあ海沿い・・・海沿いというか、あらま線路沿い・・・
伊豆急行が目の前を轟音で走っていきます。
 


海は・・・というと、線路の下をくぐって、岩場。
「砂浜は??」とMIKUさん・・・
さっそく岩場に降りて、しぶきを浴びつつ貝を採ったり、蟹を採ったりは
やはり、しげしげ上嶋さん。
いつもMIKUさんより無邪気です。
 

しげしげ危ないよ〜

しげしげさんが採った蟹。
網に入ってますが、このあと逃がしてあげました。
よかった、食べちゃうのかと思った〜(^◇^;)



ちょっと落着いたら、まずは温泉。
そして、夕食準備です。


続く。。。
 

スキー2009
今年も うるとら2B団スキー部 でスキーに行ってきました。
昨年と同じ 長野県木島平
 




今年は昨年のメンバーに加え、じんじんが参加してくれました。
やはり金曜の深夜出発。
 
武志君は2泊はしたいという意気込みを見せましたが、
平日は仕事やら、学校やらでそれは難しい。
なので、天気さえよかったら、日曜の午前中も滑ろうね。と。
(昨年は大雪で断念)
 
AM4時頃到着 宿に忍び込み、次の日のくだりまでは、
昨年と同じ。
 
昨年のブログはこちらです 


そして、今回も天気と雪質に恵まれて、
新雪でなかった分、昨年より、滑りやすかったかも。
ただ、段々畑ツアーは、雪が少なくてできませんでした。
 

 絶景です。
 

初めて参加のじんじんは スキーは子供の頃から滑っていたそうで、
どこでも難なく滑り降りていきます。
ノンストップで
すいすい滑って、すいすいリフトに乗り、すいすいと本数をこなしていく。

「スキーは本数!」 
のようです。
 

  いざ出陣


昨年から2回目のMIKUさんは、
ツツーと ボーゲンで。
ボーゲンなのに早い!
しかもノンストップで。
急なところも緩やかなところも ツツーとボーゲン。

「スキーは弾丸ボーゲンのみ!」 
のMIKUさんでした。
 
 

武志
くんはしばらく滑ってから、
「まだまだ調子はいまいちなので、もう少し修行してきます。」
と、修行にはげんでました。

「スキーも訓練!」 
・・・武志君らしい。
 
 

座長
は、そのウエアから、どこにいても結構目立つ・・・
今時は皆アースカラーというのかしら、地味目の人が多いので、
10数年前に流行ったウエアは探しやすい。
座長もどちらかと言うと、うまく乗れたとか乗れなかったとか、
形にこだわるタイプ。

「スキーだって身体のきれ!」
 

ちゃんは今回ビッグフットの他に、ミニスキーも購入。
通常スキーの半分くらいの長さです。
これで、ひょいひょいと。
「スキーはミニサイズ!」の秀ちゃんでした。
 

 これはビッグフット




それから、のざぴょんさんは、ぐぐっと丸くなって・・・(そう見えるだけ?)
気がつくとどこかしらから現れて、どこかしらに消えていく
スキーも楽しいけど、スキーの後のビールが楽しみ。だよね?

「アフタースキー!」
 


さて、はと言えば、

「スキーは高いところから滑り落ちる!」
派なので、

今年もまた、
傾斜35度のパイオニアコースに挑戦してこようと思ってたのに、
今年はレンタルスキーは滑走禁止 の看板が・・・ w(☆o▽)wガーン
 
 


それぞれたくさん滑って、たくさん食べて、
20時に倒れるように眠ってしまったのざぴょんさんを始め、
22時には皆就寝。爆睡
 
そして、夜中に少し雪が降って、次の日も素敵な天気。
 


皆さん昨年と変わらぬ衣装(?)です。



午前中たっぷり滑って、
おそばを食べて、温泉入って、無事帰路につきました。

 
木島平名物 名水火口そば



月曜日・・・私はちゃんとお休みを取ってたのは
言うまでもないことです。 (≧▽≦) /〜☆
 



記念撮影は 仲山荘 にて。


2B団の忘年会
昨晩は うるとら2B団の忘年会でした。
 
一年はあっというまだなぁ と改めて思います。
 
http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=107 (昨年の忘年会です)
 
 
それぞれ仕事や、稽古、他の忘年会を終えてからの参加でしたので、
だんだんに人数が増えてきましたので、
昨年ほど、ギュウギュウな感じはしませんでしたが(昨年は20名)
それでも17名。
スタッフさん、関係者さん、お客さんも来てくれたので、うれしいかぎりです。
 

一番は 之くんとマイちゃん、19時前から。

 20:30頃

 22:00頃



最後は 武志くん23時頃。
その間 座長は2度ほど、他の忘年会と仕事で外出し、帰宅は1時でしたが・・・
 


終電で帰る人、泊まって行く人、帰るつもりだったけどやっぱり泊まった人と、
お泊り人数は過去最大の(住人も含めて)11名となりました。
 
朝まで、飲んでる人あり、食べてる人あり、しゃべってる人あり、
寝ている人あり、つぶれている人あり・・・
 

1:20頃

 1:30頃


そして、朝8時頃 お仕事のある人たちは帰って行きました。

最後は11時頃、 なんちゃん と だいのすけさん MIKUさんと 私で
簡単な朝食(お昼?)を食べて 完全終了。
そのころ座長は眠りました。
 
 

お酒はいつものとおり持ち寄り。
お料理は、サラダ数種、オードブル、海鮮鍋、煮豚、等々 
MIKUさん好物の軟骨のから揚げ、エビフライも、
やおちゃんは今回、茸や野菜を鶏肉で巻いて焼いたものを作ってくれました。
座長作 フワフワかに玉 というのもありました。不思議な食感。
MIKUさん作 甘い卵焼き と じんじん作 だし巻き玉子 の卵焼き対決も。。。
そのほか持ち寄ったおつまみ達。
遅くの参加の武志君はお寿司のお土産。寿司桶2つがあっという間でした。
 
 フワフワかに玉


参加者時間差のため、お鍋は計5回作り直しましたが、
私はそのたび何かしら、材料を入れ忘れ、そのたび違うお鍋となりました。(^。^;; 
最後まで入れ忘れてしまったのが ナルト 。これだけ残っても・・・
 
座長が作る もつ鍋と もんじゃ焼きも材料は用意したのですが、
座長が帰って来る頃には、皆お腹いっぱいで、できあがったりしていたので、
今回は登場しませんでした。次回また作ってもらいましょう。
 
 
今回はまるで、公演打上げのような忘年会でした。
楽しかったです\(≧▽≦)/

忙しい中の参加ありがとうございました。
 

・・・酔っ払った のざぴょんさんは面白い。。。
 

キャンプ 終了
帰りの禁煙車ではMIKUさんが、元気。
MIKUさん指導のゲームが始まる… 
眠いけど、お付き合いしてくれる やおちゃんと なんちゃん。


MIKUさんが富士五合目 小御嶽(こみたけ)神社で引いたおみくじ


途中、皆をおろしつつ、稽古場到着は、22時過ぎくらいでした。

皆さん お疲れ様でした。
そして、キャンプ隊長の武志くん と 座長 ずっと運転ありがとう。o(_ _)o

ちなみに、15時帰途についた、ケンタローさん。
なんと大雨と渋滞に巻き込まれて、到着は20時くらいだったそう…
大変お疲れ様でした。


その後、荷物降ろして、仕事にも行って、朝方帰ってきて、
眠らず(寝たらもう起きない)車を返しにいった座長は、
この金・土・日 3日間での睡眠は バンガローでの7時間。
よく頑張りました。ヾ(^^* ) 


最後に、長々と読んでくださった方、ありがとうございました。

集中力なくて、短い文章にまとめられずに、
つらつらと書き続けてしまいました。 /(^▽^)\
(いつものことじゃん・・・って言うなあ!)








キャンプ 2日目 そのァ
ケンタローさんに別れを告げて、いざ温泉へ。

「どこに行くの?」
「御殿場です。」と、武志くん
「御殿場って?静岡?」
「時間は大丈夫?」
「大丈夫っす。」

2時間かけて到着(・_・;) は、天然温泉気楽坊というところ。



いろいろなお湯がありました。
トルマリン温泉・紅茶風呂・塩風呂・麦飯石サウナ・露天風呂など

中でも、塩風呂
中東の湖「死海」の塩を輸入して、温泉に溶かしているそう。

海水の10倍の濃度なので、しっかりしていないと身体が浮いてきてしまいます。
ラッコのようにプカプカできて、楽しい。l_(^▽^)_l 
お肌もつるつる。


でも、塩なので、傷があったりすると、ものすごくしみます。
「イタタタタ!」と出ていく人 多数。
MIKUさんにも「楽しいよ」と誘ったのですが、とてもしみたよう。
「ヒィ」\(>o<)/  と、あわててシャワーを浴びてました。

プカプカと楽しんでるまもなく、
滞在1時間まで(それ以降は1日料金)ということで、
「大変、あと1分!!」という時に着替え終わってなかった私…
受付駆け込みセーフでした(^。^ゞ

自分へのお土産はこれ

お水と緑茶粉末が別々になってるボトル


この頃、すでに雨は本降りに、雷も鳴り始めました。
あとは、インター乗って帰るだけ。


キャンプ 2日目 その
雨が少し降ってきました。

ふもとにある 船津胎内樹型に。

溶岩でできた樹型です。
富士山の噴火の際、
溶岩が流れる途中に、木の幹を取り込んだ形のままで固まったできた空洞です。
国の天然記念物だそうです。

               
溶岩流に樹木が   樹木が焼失して    井戸型樹型    横臥型樹型
飲み込まれる     跡に空洞が残る



狭い洞窟に、腰をかがめて入っていかなくてはならないので、
私と秀ちゃんはパスして、フィールドセンターで、写真や剥製を眺めていました。

こうもりの写真とかもあって、かわいい。 洞窟があるそう。
「こうもり穴見てみたいね」と言ったら、
秀ちゃん「足元は糞がすごいと思うよ」 ・・・そっか。



洞窟組は、途中 前原さんが やはり無理ということで、引き返してきましたが、
皆は奥まで入ってきた様子。
「かがんで行進はしんどかった」とか「頭打った」とか
「肩こすった」とか「水溜りに足つっこんだ」とか
わやわやと帰ってきました。
胎内の一番奥で写真撮ってきてくれました。


みんなしゃがんでます。


帰ってきたのざぴょんに、「こうもり穴見たくない?」と聞いたら、
「足元は糞がすごいと思います」って ・・・やはりね。


さて、ここで、仕事の都合で早く帰りたいケンタローさんと別れを告げて、
私たちは温泉に入って、帰途となります。


キャンプ 2日目 その
富士山行くぞ!!」

「えー?!湖でまだ遊んでないよ…」
と、水辺の好きなMIKUさん。
子供って、水 というか、びしょびしょ、バシャバシャが好きですよね。
そして、白鳥ボートにも乗りたかったようですが…
団体行動だからね。


富士山有料道路では、晴れてたり、霧がかかったり、
富士山見えるかな・・・




昔、やはりこの辺にきた時に、
どこからが富士山ですか?」と 演出補下田くんが、何度も確認してました。
「もうここは富士山です!」

その時も車は3台。分譲していた、下田家一家3人はそれぞれの車で
同じ会話が繰り広げられていたことは、今でも語り草になっているので、
「どこから富士山?」というフレーズは、口にしにくいのですが、

「どこが樹海?」これ、気になりました。
ちょっと入ってみたい…



五合目は人がたくさん。車も…
立派なお土産屋さんがたくさん。
ここは観光地だもんね。

富士山はやはり雲に隠れています。
ちょっと晴れ間もあるんだけど、惜しい。
ザーッと雨も降ったりやんだり・・・ 山の天気は変わりやすいのね。



でも、前原さんは「ちょっとだけ山頂が見えましたよ」と。
見えたんですね。



この山頂はココア味

富士山のメロンパン。
焼き立てを待って、やおちゃんと ちょっとならびました。

のざぴょんさんもにじちゃんへのお土産かな?並んでましたよ。



キャンプ 2日目 その
お腹も一杯になったところで、あわただしく片付け。

「チェックアウトまであと5分だぞ!!」と言われて、
大慌てで撤収。
そして、出発!


まずは、目の前の 山中湖



スワンボートだらけ、蝶ネクタイしてたり、リボンしてたり、カラフル。
と、本物の白鳥が、
よく見ると鯉もたくさん。
餌も売ってたりして、

 



もっと、湖で遊びたかったMIKUさんを引っ張って、
次は、富士五合目へ

キャンプ 2日目 その
さわやかに晴れています。

早起き一番はヒロシくんかしら?
さっそく火を入れてくれています。





朝ごはん作り開始です。



 昨日の鶏がらで
 スープを取ります。




シンプルな目玉焼きがきれい。




鮭と、たまねぎ、海老、なすのバターホイル焼き。


残り物を突っ込んでみました。上嶋さんに大笑いされました。
面白いんじゃないのよ、おいしいのよ。 …多分。

あとは、焼きそばとか、サラダとか、昨日の残りのものとか。




おはよう、前原さん。



MIKUさんはまだ寝ています。



昨日を覚えていない のざぴょんさん やけ食い??


キャンプ 1日目から2日目 
お料理はできるまもなく、食べられていきます。
ビールを飲む人、お酒を飲む人。
私は、にじちゃんが作った梅酒をすこうし。



そして、ここからが楽しいところ、いろいろ話は、つきませんが、
今回は(も?)のざぴょんさん、独断場のようでした。




楽しそうな、藤井なんちゃん

私は、一人早々と22時過ぎにはバンガローに戻ったのですが、
その頃はもう、スイッチ入っちゃってたようです。
なんちゃんと語り合っていましたが、その頃から「ほとんど覚えてない」らしい…

そのあと、こんなことも、あんなこともあったようなので、
しばらく話題に事欠かない、のざぴょんさん周辺でしょうが、
その頃はすでに「ぜんぜん記憶がない」そうです。┐(^ー^)┌


起きてればよかったなぁ。
いえ、隠しカメラを仕掛けておくべきだったでしょうか。残念。


女子部屋からのぞいた風景

バンガローは2つ借りたので、男子、女子と分けたのですが、
人数の関係で、「上嶋さん女子部屋ね」ということに。


女子部屋の上嶋さん


12時頃、眠っているMIKUさんが運び込まれてきて、
2時頃、やおちゃんと、池ちゃんと、上嶋さんが戻ってきました。
今回は前日徹夜の人が多かったからでしょう。
やおちゃんたちが、最後だったよう。


明日は、何時におきられるでしょうか?


花火もやりました。 これはケンタローさん 

鶏の丸焼き
さて、鶏の丸焼きですが、

まず料理隊長が仕込みます。
鶏の中に、ブーケガルニ(くず野菜)を突っ込み、
周りに塩などすり込んで、串刺します。




火にかけて少しずつ、廻しながら、焼いていきます。
焼き係りに、まず 私が立候補いたしました。



なかなか楽しい♪ でも火にあおられて、顔が熱い。
火の調節などもけっこう難しい。


そうこうしているうちに、上嶋さんが名乗りを上げました。




最後はじっくりゆっくり 秀ちゃんが。




焼き上がり、いい感じ。
ひらいて、かぶりつきます。



皮はパリッとほどよくスモークされてて、中は柔らかく 
おいしくできました♪



キャンプ 1日目 その
さて、キャンプといえば、ここからですよね。

2B団一行は、山中湖のバンガローに無事たどり着き、
さっそく、夕ご飯の支度にとりかりました。




火を起すのは、やはり秀ちゃん。




料理隊長は、やはり座長。




メニューは、
お肉、野菜などのバーベキューもつ鍋野菜サラダアボガドポテトサラダ
生春巻きビーフステーキイカ焼き、等々。


そして、隊長不良で・・・
体調不良で参加できなくなっちゃった にじちゃんが仕込んでくれたカレー

のざぴょん特製 スモークチーズスモーク卵スモークソーセージ




そして、今年もまた、阿波尾鳥丸のまま

昨年のキャンプの様子ですが 
( http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=41  )

昨年の会話…まあや  「どうしても丸のまま?」
        料理隊長 「どうしてもだ!」

昨年はなかなか火が通らなくて苦労しました…
    

今年・・・・・・まあや 「どうしても丸のまま?」
      料理隊長(今年も座長)「どうしてもだ!」
     
     「今年は串刺してみよう。串も買ってきた。鶏はすでに予約してある。」

それは、誰にも止められないのでした。(^◇^;)σ



キャンプ 1日目その
これより、キャンプ地へと思ったら、
「まだまだあるんでんすよ」と武志くん。

到着したのは、忍野八海(オシノハッカイ)でした。



忍野八海は、富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、
湧水となって8ヶ所の湧水池から、成っているそうです。
国指定の天然記念物、名水百選に指定されているのだそうです。


周り中が、おみやげ物屋さんというのが落着きませんが、


ものすごく綺麗な池。



透明度が高く、10メートル近くある池のそこまで、よく見えます。
鯉がたくさん泳いでいて、水草もゆらゆら〜
かなり、深いです。覗き込んでいると、引き込まれそう…
高所恐怖症の池ちゃんですが、水があれば平気とのこと。


底を覗き込む 前原さんとケンタローさん。


水はすごく冷たい。
富士山の雪解け水に30秒手をつけてみてください。というところがありましたが、
みるみる手がしびれてきました。


誰が一番長くつけていられるかな ??



ちょっと一息
魔界牧場


・・・ いえ まかい牧場

ハンモックの森での まかいの みなさん。


まずは座長。


上嶋さん。


武志くん。


河野ヒロシくんはブランコだね。 その向こうは やおちゃん




なんちゃんも!




わたしはこちらのほうが。と三蔵さん。



おっと、悟空は木に登ってる!!


じゃあ、八戒は?





・・・(*≧m≦)♪ 






キャンプ 1日目その
さて、遅くなったお昼は、甲州ほうとう のお店へ。

「山梨といえば、ほうとうでしょう」 といってたわりには、
日差しがあまりにも暑かったので、
熱々の ほうとう を食べる気がしないと、違うものに手を出す皆。
「う、うらぎりもの〜」


ざる蕎麦と、天重の確立が高かったです。
ほうとう以外は、なんだか値段が安かったです。


確かに熱い。熱くて早々には食べられない…
お腹すいてるのにぃ…

そして、ボリュームたっぷり。
大きなカボチャが二切れ、サトイモにジャガイモにキノコに山菜にごぼうに人参白菜・・・
ほうとうを頼んでない人たち皆 に分けたのに、早々にはへらない…

そして、なかなかさめない…
お腹すいているのにぃ…




でも、とてもおいしかったです♪
ほうとうはいろいろ種類がありました。(6名が挑戦)
同じ具材で すいとんというのもありました。(座長が挑戦)
こちらもおいしい(もちろん味見しました)♪


なんちゃんは、口の中じゅうが、やけど状態といいながら、
最後、「味を変えてみよう」といって、にんにく唐辛子というのを入れてました。

やけどしてる口に、唐辛子…と思ったけど…


「バーベキューが食べられなくなるから」と言いつつ、食べ過ぎる皆。
でもきっと大丈夫。用意するのに時間がかかるからね。

ということで、野菜などは地のものを すごく安く購入して、
いよいよキャンプ場へと向かう一行でした。



やっと、稽古場ブログ に追いつきましたが、ちょっと一息・・・



キャンプ 1日目その
次は、1000円札にある、富士山を眺めに、本栖湖に。
今回のキャンプ隊長&ナビゲーターは武志くんです。

車を止めて、しばし眺める…
なんかちがくない??武志くん。



…違ってました。そこは身延


身延といえば 『リ・パラダイス・リンク』。


 
「ここにメリーゴーランドを作るんだ!!」



気を取り直し、本栖湖を3分の1周して、無事撮影スポットに。





こんな風景を眺められるはずでしたが、


富士山は、どこ?

富士山は曇っててまったく見えません。
残念。

こっち側は 暑いくらい晴れているのに。


キャンプ 1日目その
まず、朝一番は、まかいの牧場

まかい? 魔界? 魔界の牧場?  わくわくしません?何がいるんでしょう。



と思っていたら、馬飼の牧場だそう…
すごく広くて、気持ちのいいところでした。
動物たちに触れ合えるスペースが多くあり、
体験コーナーやアスレチックなどもたくさん。



MIKUさんは「牛の乳搾りやりたーい」と言っていましたが、時間があわず…
動物達に餌をあげるのに熱中していました。

 
羊さんもお腹すいてるね。       パンダウサギだ ♪


 
手から餌を食べさせるのは、ちょっと怖いのかな?


ワラビーは餌を手で持って食べてます。 
すっかり慣れました。( MIKUさんが )

すっかりなつかれてました。( ヒロシくんが )



ほとんど寝てない皆さんには、ハンモックの森が人気があったようです。




さて、ソフトクリームも食べ、次へ行きましょう。









キャンプ 1日目のその
2B団恒例 キャンプです。\(≧▽≦)/ 

今回は山中湖のほうへ、1泊2日    

土日の二日間 目一杯遊ぼう!ということで、出発は、AM3時
金曜の夜 集合。出発までは座長宅と、野崎宅に分散して。
こちら、座長宅では、ラーメンズのDVD鑑賞会になりました。(2本も観たぞ)

ワゴン車2台と、
仕事の都合上、ケンタローさんは、乗用車で、朝に待ち合わせ。
車 計3台。 総勢13名となりました。


6:30 太陽がでています。

運転者以外はうつらうつらしながら…出発。
座長号は喫煙車。 武志号は禁煙車となりましたが、
人数の関係で「タバコは我慢ね」ということで、秀ちゃんと なんちゃんは禁煙車に。

早朝、御殿場のほうから、富士山をながめました。
うすい雲のかなたですが、富士山は大きく目の前に



天候が心配されましたが、晴れ組さんが多い今回です。
なんとかなるのでは・・・。

噂によると、最強雨女チャヤ が参加したら、確実に雨だったかも…とのこと…。

眠ってない人がほとんどですが、
いい空気吸って一息。

楽しいキャンプとなりそうです。





隅田花火大会
7月26日 稽古場屋上での、隅田花火大会鑑賞会と称する飲み会。
今回、参加人数は史上最大の36名を記録しました。
屋上がいっぱいいっぱい。
その様子は、稽古場日記にて。
http://blog.livedoor.jp/u2bd/archives/808810.html

この動画は、「百花繚乱 隅田の大花絵巻」 の最後の部分です。
私のデジカメで撮ってるので、画像がよくないですけど、
まったく見ることができなかった方に、少しだけ雰囲気を。





これで、花火はおしまいとなりました(20:30)が、
この後も飲み会は翌27日のAM4時まで続いていたようです。
私は23時過ぎには退散しましたが、
その時間も人出はまだまだありました。



スキー2008 その2
→ 続きです。

さて、散々スキーを堪能した私たち、
でも実はこのスキー場のメインイベント(泣き所ともいう)は宿への帰り道。
もちろん車で迎えに来てもらうという方法もあるけれど。
だんだん畑をすべって降りていくなんて、ここでしか出来ないこと。
MIKUさんがいまいち不安ではあるけれど、やはり決行しました。

しかし、今日は積もったばかりで、まず道がわかりません。
一番手の人はラッセルしながら...
秀ちゃんもビッグフットは沈んでしまって滑らない...泣きが入ってます。
そういえば11年前も、ビッグフットでそうだった気が…
MIKUさんも滑っては転び、転んではなかなか立ち上がれず...
と、さすがに半べそ状態。
最後は怒りながら、板を脱いで、ボスボス沈みこみながら、歩いてました。



皆最後の道中でみごとにヘロヘロとなり、なんとか無事 宿到着と相成りました。


そして、お風呂(ミネラル温泉だそう)に入り夕食。
いつも食べきれないくらい並びます。
地のもの、自家製のもの、鍋や煮物やグラタン、ヤーコンの肉巻とか、
モロヘイヤの和え物とか、野沢菜のぬかずけ など珍しいものも。
すべった分以上に食べた食べた。

で、部屋に戻ってバタン。8時半にはとりあえずいったん皆寝てたのでは...
アフタースキーはないのね。
ナイターのナの字も想像できなかったです。zzz

そして、朝。
雪だあ!
またびっくりするくらい降っています。
午前中だけすべりに行こうかとは思ってたものの、
私たちの体力を思うに、今日はやめとけということでしょうか。

うちの車 一晩でこれ

ただ一人、起きた早々「雪降ってますねえ」と武志くん。
「これだけ降ってると顔痛いかなあ。(・・・ですねえ)
まあやさんフェイスマスクあるから大丈夫ですね」・・・・滑る気だなこいつ!

そして、雪遊びしたりないMIKUさん。彼女も外に行きたくてうずうず・・・

「行っといで、そして、雪かきと雪下ろし手伝っておいで」
「わーい!!」とばかり飛び出していく。「武志もね!」

お手伝い?

つららの剣

二人でしばし雪遊び。満足かい?
雪は降ったりあがったり
「雪やみそうですね!!」・・・まだ滑る気満々な武志くん。
荷作りしてる皆を見てようやっと、「・・じゃあスキーと靴しまってこようかな・・・」
ちょっとかわいそうになり、「今日はゆったりと温泉入って帰ろうね、みんな明日はまた仕事だし」
「まあやさんも皆が滑るって言ったら行きましたよね」「…うんうん」

温泉は馬曲温泉。ここは内湯と露天が別々。どっちにする?
雪見風呂は素敵だけど、お湯は熱いし外は寒いし、勇気がいります。
こちらは、のざぴょんさんが動画つきでレポートしてくれるそう。
(もちろんモザイクつきだそう)なのではしょります。

馬曲(まぐせ)温泉

そして、帰途に着きました。
座長が「(雪で)前が見えないぞー」と叫びながら運転を楽しんでました。
車中ほとんど寝ていた私ですが、目が覚めたら、そこはもう街中でありました。

トンネル玉突き事故があったそうですが、
朝雪だったので、午前中のスキーをやめて、早めに帰ってきたので、巻き込まれずにすんだようです。
怪我なく無事帰宅できたことに感謝。

スキー部の皆様。そして、長い文章を読んでいただいた皆様。

お疲れ様でした。
来年も行きたい!!(言霊言霊)

私のウェアが変わってないって?もちろん11年前を引っ張り出しましたヮ
2008年スキー部 記念撮影

スキー2008 その1
11年ぶりのスキーです。
長野県の木島平。
座長も11年ぶり、のざぴょん、秀ちゃん、武志くん共に7年ぶりくらい?
MIKUさん始めて という頼りないメンバー6名。
15日の夜、仕事が終わらないかもという のざぴょんさんを22時に無事ピックアップして出発!
車中ほとんど寝ていた私ですが、高速を降りたら、そこは雪国でした。
雪降ってる...
AM3時頃到着。夜中なので、宿に忍び込み..まずはおやすみなさい…zzz

次の日「ごはんですよー」の声に、のそのそ食堂に。
お世話になる仲山荘。11年ぶりですが、ほんとに変わってない!!!
おじいちゃん、おばあちゃんも変わらず元気に迎えてくれました。



そして、天気は見事に晴。朝方まで雪が降ってたのに、さすが、晴組ぞろいの今回。
木島スキー場はすごく広くて、いろいろなコースがあります。
牧の入スノーパークが隣接しているので、共通リフト券を購入すると
より多くのコースを楽しめます。
雪あけの晴天、そして土曜日なのにそう混んでないという好条件にめぐまれての
スキー部。活動開始です。



まずはMIKUさん。
スキーは生まれて初めて、こんなにたくさんの雪を見るのも初めてでしょう。
スキーを履いたものの、最初はなかなか進まない。
足を動かしてはいるけれど、ツルツル、ツルツル... 

私は、行ってしまえ!で、どんと背中を押し出すタイプ。
座長は手取り足取り、でも理詰めで教えるタイプ。
MIKUさんは基本恐がりなので最初はすごく慎重(ということで、まあや×)。
教わるの嫌い(ということで座長×)。
でも少し自信がつくとガンガン行っちゃう性格。
なので、緩斜面1本くらい降りると、「秀ちゃんと滑る」と秀ちゃんにくっついていく。
秀ちゃんはスキーじゃなく「ビッグフット」というミニスキーで非常に身軽。
「じゃあ、秀ちゃんよろしく」 
 〜 〜 〜
しばらくすると、スーパーボーゲンのまま充分ついてこれるようになってました。
(というかノンストップなので早いぞ、どちらかといえば皆が追いかけていく)
手がかからないやつだなあ。

このボーゲンでどこでも降りていく


さて、私のスキーの最大の楽しみは、高く急なコースを、ほとんどずり落ちてでも
制覇すること(それって制覇か?) というところにある。
木島平には恐るべき「パイオニアコース」(第3山頂ペアリフト)
という平均傾斜35度のコースがあるので、
毎回ここをずり落ちてくるのを私のノルマにしていた。

ただ、スキー自体が大丈夫なのかという今回は、さすがに無茶だろうな...と。
が、少し滑ってみたら、歩くよりスキーはいてたほうが楽じゃん。
といつもの私に戻っていたので(どこからくるんだその自信)
お昼を食べてから、足がまだ大丈夫なうちにと、
ここはまず、武志くんを誘ってみる。

アメリカンバーベキューをペロリ"" まずはビールだよね

お昼をたっぷり食べた武志くん
「いきましょう!」二つ返事。さすが武志。「大丈夫?」「大丈夫っす!」

いちおう、秀ちゃんとのざぴょんも誘ってみる。
座長にはすでに却下された...「MIKUをみてるよ」(あ、そう...)
「いくよ」と秀ちゃん。やった!…「でも、ビックフットでの滑走はだめなんだよ。景色を見にね」(あ、そう...)
「とりあえ行きますか」とのざぴょん。行くのか、のざぴょん。


リフト乗り場に着き、下から見上げる「・・・・・」
たて看もたくさん立ってる。



武志くんとペアリフトに乗り込み後ろを振り向くと、
板をはずして乗り込むのざぴょん・・・(あ、そう...)


リフトで急勾配を登っていく。上に行くにつれ、シン として、リフトの音と、
流れてる音楽しか聞こえない。

木々に雪が吹き付けて、真っ白。ものすごく幻想的。
写真に撮ってみたけど、やはり目に映るままには撮れなくて残念。
この景色を見るだけで登ってくる価値があるよね。

すごく素敵...雰囲気だけでも あの上から降りてくるのだ!

さて、頂上にてしばし景色を堪能。
パラグライダーなんかも飛んでる。 気持ちよさそう。でも寒いだろうなあ...
「ほんじゃ」と秀ちゃんとのざぴょんさんはリフトで降りて行ってしまう。

・・・行きますか。武志君と果敢にも、平均35度に挑戦。

真ん中にパラグライダー 見える?

さすがに出だし顔を見合わせる。下が全然見えない。
(ぜったい45度くらいあるよね)
「大丈夫?」「だ・大丈夫っす...」若干声が震えてる?

よし!スタート!  空に向かって滑り出す感じ。 かなり手ごわそうだけど、
気持ちいいぞ。

がんばれ武志!ちょっとひといきのここがちょうど35度くらい

昨夜の降雪で、ふかふか。今日は凍ってないので怖い感はあまりない。
ただ、上からスノーボードの人とか来ると、ものすごく雪が落ちて来る。
そして、雪が乗ってくるので、重くてスキーを廻すのがつらい。
転んだら、もちろん何メートルも落ちるでしょうし、ただ立っていてもずり落ちそうに
なるくらいの斜面。ほとんど直角に感じます。
武志くんもかなりの苦戦。丹念にまんべんなく斜面をぬって滑ります。

「楽しかったぁ!!ねっ!」「…大丈夫だったっす…」

下では、皆が待っていてくれました。
「さあ、あと2本くらいで終わりだ。滑るぞ」と座長。
珈琲飲みたかった... 飲んでる時間ないくらい あっという間の6時間でした。


宿への帰り道は、だんだん畑をスキーでというコース。
かなりの段を滑り降りるので、ジェットコースター気分を味わえますが、
初めてのMIKUさんは大丈夫かな... ええい、行ってしまえ!

長いので...続く。

フェイスマスクで完全防備


スキー部 復活
スキーに行くことになりました。
「行きたーい!」と叫んでいた甲斐がありました。\(@^▽^@)/

ということで、2B団スキー部復活です。


11年ぶりです。ということだけでなく、
私の日頃の体力、身体状態からかなりの不安はありますが、
ここで行かなきゃ2度と行けないかも。という危機感もあり、
いざとなったら、ロッジで珈琲飲んでるだけでもいいもん!と決行することに。

実は私だけじゃなく、皆も10年近く行ってないらしく、
スキー生まれて初めてのMIKUさんもいますし...
ということで、スキー部 というより、今回は スキークラブ 程度にと、
こじんまりとした人数になりました。

1996年?赤いのが私 1996年?

1997年 1997年

場所は以前よく行っていた木島平。
明日の夜出発、日曜の午後帰宅。
…もちろん私、月曜は休みを取ってます (^。^;; 

今後、本格的な復活になるかは今回にかかっています。
の前に無事に帰ってこれることを祈っててください。

…適度に頑張ってきまーす。e(^。^)g_


忘年会
うるとら2B団の忘年会 今年もとどこおりなく(多分)終了いたしました。
総勢20名。座るところもないくらい いっぱいいっぱい。

お料理は前半戦は私。中盤はやおちゃん。後半は座長が製作。
えっとですね、大根とスペアリブの煮物、サラダ数種、オードブル、
ミニ春巻き、

2日煮こんでとろとろです 
写真はここまで。あとは写真撮ってる間もなくなくなりました。(^。^ゞ

手羽もと塩焼き、 軟骨焼き、ミニフランクフルトとチーズの揚げ物、
ミートボール、イカ刺し、ハマグリの酒蒸し、鶏の照り焼き、
チャーリーさん差し入れ牡蠣の酒蒸し、ピリカラ豆腐、んーとあといろいろ・・・
そして、体調不良で欠席のにじちゃんから、カボチャ料理2種差し入れ。
冬至だったのね。
人数多いので、気づくとなくなっているので、口にしていないものも・・・多々あり。

飲み物持参の会なので、持ち寄られたお酒はさまざま。
純米吟醸真澄(日本酒)のなんちゃん。
VSOP(ブランデー)のビンボー上嶋さん。
BEAUJOLAIS(ワイン)のすぎさくさん。
かめつぼ仕込み(焼酎)のDOさん。
彩の国巨峰ワインの田中さん。
シークァーサーとGILBEY`S( ジン)のいっちゃん。
他 ビール各種、発泡酒各種 飲めない人はお茶やらジュースやら・・・
味見し放題 (≧▽≦)
おかげで、私も実はクリスマスっぽくRogargoulart CAVAというロゼのスパークリングワインを前日試飲しまくって、購入していたのに、開けるのすっかり忘れました。
大量の飲み物たち・・・・翌朝は、ほとんど空けきって、ビンとカンの山

とくにイベントごとは計画してなくて、それぞれの会話で盛り上がってね。
と思っていたところ、当日、出迎え・受付・クロークをしきっていたMIKUさんが突然、
「それではビンゴを始めます」と。
どうやら、密かに案を練り、賞品を考えていたらしい。
賞品は、やはり密かにいろいろとゲットしていたらしい。
たいしたものはなかったように思えた。 でも意外と、バザーの無料コーナー(好きなだけお持ち帰りください)でもらってきたという、
北斗の拳の・・なんだろうあれは・・飲み物を買うと景品でついてくるような
フィギュア8体セットに人気があつまっていた。
意外と、上嶋さん それ欲しかったらしい。

この倍くらいの人数 w(・o・)w
ビンゴゲームに熱中するみなさん。

半数以上は、終電に間に合うように帰っていったが、
なんちゃんは、舞台監督さんの もとさんと一緒に帰るからと安心していた。
(前回飲み会は上嶋さんと帰るからと安心していて終電をのがした)
「ぎりぎり無理だよ、泊まっていけば?」と言ったら、
「いえ、無理だと思っても、行くのが男です。」と もとさん
・・・ちょっと惚れたかも。
で、行った。
「ダメだったら、帰ってきていいよ」となんちゃんも送り出した。
・・・数分後携帯が鳴った。「帰っておいで」「はい!」
なかなか帰ってこない・・・
携帯が鳴った。「ここはどこでしょう」 ・・・┐(-。ー;)┌
無事たどり着いてよかった。 なんちゃん一人だった。
「もとさんは?」「帰りました」・・やはり行ったんだね。
しばらくして寝てしまったが、なんちゃん 7時にすっきり(?)起き出してきた。
「覚えてる?」と聞いたら「んー、帰ってきたところまで」・・だよね。


お泊りチームは7名
一番長く滞在した方は16時間。がんばりました。
MIKUさんは、今日は8時半から消防団のクリスマス会に。3時から
バレエ鑑賞とハードな日。
DOさんも昼間は麻美ちゃんのライブ、夜は観劇。
武志くんはバイトと客演先の稽古。りのちゃんも学校。
だいのすけさんは早く帰る予定だったのに、お仕事大丈夫だったのかな? 等 
みんながんばれー!

参加していただいた皆様
お仕事やら、ご用事やらで、年末のあわただしい時間におこしいただきまして
ありがとうございました。
お疲れ様でした。

そして、本日は 
昨夜仕事から抜けれず不参加だった がくちゃんのお誕生日です。おめでとう!!
それから、4周年記念の のざきくんとにじちゃん。おめでとう!
にじちゃんお大事に!かぼちゃおいしかったよ。



キャンプリン
るんるんおまけの話



昨年は、人数多すぎて食べることができなかった。日野水牧場のプリン。
今年はリベンジ。
ちゃんと予約して、食べにいきました。

 

ここのはしっかり蒸したカスタードプリン。大きめ。  
空気と景色とともに楽しみました。         トンネルが掘れる?


それからここはパンもおいしいの。
シンプルなもの、バジルの入ったものなど、
これは朝食に。

くのパンはこちら

それからもうひとつ、車で少しいったところに くのパン。
いろいろな種類、デニッシュなどもあるけど、お目当ては豆乳食パン。

ふわふわ

売り切りなので、これも次の日の朝の分を朝一で買いにでました。
お昼にはもう終わっちゃうんでっすって。


ムードおまけの特典

八ヶ岳の写真 ケンタローさんが素敵に撮影してアップしてくれています。

http://force-d.air-nifty.com/photos/u2bc200709/index.html

プリンも。・・私のは少し食べちゃったけど、



2B団キャンプ2007 後編


温泉で登山の疲れを癒すと、
もうそのまま眠ってしまいたいところではあるけれど、
ここからバーベキュータイム。

うたちゃんもハングライダーで降り立ち、無事到着。
ここで全員集合となる♪

火起し隊、隊長の秀ちゃんが火を起す。
料理隊長の座長が、指示を飛ばす。
がくちゃんから命を受けた瑞穂ちゃんが慎重にランタンをつける。 

今回のメニューは、バーベキュー、カレー、鶏の丸焼き、等 

バーベキュー 阿波尾鳥

野菜は地のもの。おいしくて、安い野菜をいくつか購入すると、
それ以上たくさんの野菜をいただいたりする。
きゅうりやトマトなど何もつけなくてもおいしい。
鶏は阿波尾鳥を丸のまま。

まあや  「どうしても丸のまま?」
料理隊長 「どうしてもだ!」
・・・どうしても だったのだが、昨年は見つからず。
今年も同じ会話を繰り返し、なんとか購入してきた・・・ふぅ。

カレーに群がる 花火 いくこさんとMIKU

食べながら、飲みながら、花火しながら、思い思いに楽しむ。
晴れていると思っていたが、夜は雲がでていて、星が見えない。

そして、夜も更けていくとともに、ひとりふたり消えていく
・・また途中復活してくるものもいる。
酔っ払いのざぴょんさんを迎えに妻にじこさんが起き出してくる。
制作のヒロシくん、しきりにメールしていると思ったら、

「2年越しでしたが・・・終わりました」

えー?!キャンプに来ている場合じゃないじゃん。
・・・あとで聞いたら自身の話ではなかったよう。びっくりした。

ふと見上げると、あ、星! 

雲がひいて満天の星。
天の川をひさしぶりに見ました。そして、流れ星。
「4つも見た!」と吉沢ちぃちゃん。ちゃんと祈った?3回だよ。
「かれ、かれ、かね・・?」



そして朝。今日もいい天気。

早起きチーム

今年の早起き一番は やおちゃんでした。 これはめずらしい。
「やはり、早起きは三文の得なのですね。」 
お財布を拾ったそう。のざ○○○さんのを。
この場合、得かどうかはわからないけど、「早起きしてよかったね。」


コテージの前は草原が開けている。
日野水牧場の広大な牧草地だ。昨年は富士山が見えた。
今年もそこで、四葉のクローバーを見つけた。
「幸せになってね、市ちゃん」と、クローバーをささげた、12年前がふとよぎる。
市村さん、・・12年変わらずだったか・・・・。
今回は、音響前原さんにささげてみた。 ・・・


そして、滝 に心残りな皆は、予定していた ハイジの村コースを やめ、
尾白の森名水公園で 滝 を見ることに。(公園だから登山はないだろ・・)
ここは滝の裏側を見ることができるということ。

「滝の裏側なんか珍しくないけどね」秀ちゃんと、のざぴょん。
昔の職場であきるほど滝の裏側は体験しているそう。

滝の裏側を見るためには、どうやら滝の中のトンネルに入るようだ。
 「濡れるよね・・」・・・躊躇している私達、
・・・と、滝は見慣れている秀ちゃん、シャツを脱ぎ捨て飛び込んでいった!
まぶしいぞ!・・・しかし、すぐ飛び出てきた!

尾白川堰堤

よく見ると、入るところは だいぶしぶきを浴びる 程度だけど、
出るところは滝がダーっと落ちているところにある。
全身濡れるなんてものではないだろう・・

「・・・まあ、見慣れてるしね」と秀ちゃん。

と キャンプ隊長武志くん、
キャンプ隊長の名にかけてと 飛び込んでいった!!大丈夫?

「大丈夫っす」

すぐ・・・出てこない!・・・いくのか?いってしまうのか?

・・・出てきてしまいました、やはり入り口から。
がくちゃんなら・・・ふと思う・・・
これもきちんと装備して、次にリベンジかな。

最期にまた温泉に入りほっこり。

帰りは例年のごとくの大渋滞。
東京に近くなるにしたがって、蒸し暑くなって来る。
現実に引き戻されるー・・・・帰ったらまた仕事だね。


運転手兼キャンプ隊長の武志くん。運転手兼料理隊長の座長。
そして、参加した皆さんお疲れ様でした。

これを読んでくださった皆様も。(長かったね。)


そうだ、がくちゃんがいないので、コーヒーは夜、やおちゃんが入れてくれました。

2B団キャンプ2007
コテージの前で記念撮影

台風も去り、キャンプ日和となりました。場所は昨年と同じ 八ヶ岳 大泉高原。
今回は7日の夜中出発で8.9日。途中参加2名を含む計17名。ワゴン車2台。
ギュウギュウのコテージだが、そこはまた楽しい。

初参加は、やおちゃん友人のいくこさん。
さっそくMIKUさんはなついて貼り付いている。
にじちゃん弟のケンタロウさん。声は低音だが寡黙な人だ。
寡黙なキャンプ隊長伊東武志をはるかに超える寡黙さだった。
(2B団の面々に圧倒されてた?)
そして12年ぶり?旗揚げメンバーの市村さん。

コテージを見下ろす


良く晴れて、日差しが強く暑いんだけど、
木陰はすごく涼しい。
空気がいいので、風が通ると気持ちいい。
夜は星が見えました。流れ星も。


さて、今回のメインイベントは、「滝のふもとまで往復3時間半のハイキング」。
3時間半も歩くのね。

でも、八ヶ岳は高原、高原のハイキング。そして、
滝を見る!マイナスイオンだ!滝を見ながらおにぎりだ!

誰もが、そのために、3時間半はがんばろう。と決心した。
八乙女おにぎり隊長のもと、おにぎり隊は朝からせっせとおにぎりを握った。

元気良く出発! しかして、細く長くゆれるつり橋を渡る頃、
・・もしかして、ここは・・という疑問が頭をよぎった。
八ヶ岳は 山でもある・・
えー?ここ行くの?といいながら。ずんずん進んでいくと、
しだいに、45度の急勾配。

こわごわつり橋をわたるMIKU  まだ余裕の二人 ちぃ&藤井

3時間半ハイキング=さわやかに歩く決心はしていたが、
3時間半の登山=険しい道を登って降りる決心はできていなかった。
藤井なんちゃんはブーツで登るか、セッタで登るかの選択に迫られる。
「だって、武志(キャンプ隊長)がセッタで大丈夫ですよ。って言ったんだもん」・・・

皆かなり頑張りました。目標地まで約2時間かかると言われているところ、1時間かけて、1/3まで進みました。
かなり息も絶え絶えに、膝 がく がくなりながら。
・・・・ここで、今回残念ながら不参加の がく を思い出す。
がくちゃんがいたら、きっと「俺は登るぞ!連いてこい。」と、
たとえ誰もついていかなくても決行したであろう。

「それが俺の意思だ!」

・・・・がくちゃんがいなかったので、次回きちんと装備をして、
リベンジしようと決心を固めた。
「これ以上は生命の危険にかかわるであろう。」座長の判断に皆うなずく。

行程1/3までがんばりました。

じゃあ、つり橋の下の河原まで下りて、おにぎりだ!
そこまで、下りていくのも大変だったけど。 大変 のあとのおにぎりはすごくおいしかった。
このあとは温泉だし。



MIKUさん談 「登山は怖くて、死ぬかと思った。すべったら下まで落ちちゃうもんね。でも海は楽しかった。」(川ですよMIKUさん)

門間&青葉  キャンプ隊長 

ヒロシ   野崎家

つづく (かな?)

| 1/2PAGES | >>