profilephoto

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

ひとになれたら




























forget-me-not
 
 
なんだかちょっと聞きたくなった・・・
 


 









MOON

9月の夜に・・・






お楽しみ その2
下田麻美ちゃんの『Prism』に続きましては、
詩ちゃん推薦の『T.P.O.STYLE
 



このCDも稽古中に詩ちゃんからいただいていましたが、
やっとちゃんと聞くことができました。
 
 
ファンク・ビッグ・バンド  T.P.O.のサードアルバムだそう。
詩ちゃんはこのバンドをずっと応援していて、
今回のアルバムジャケットには、
TPO Staffとして、詩永時也と名前が刻まれています。
 
私は、ファンクとかあまりわからなくて、
ジャズとの区別もつかないのだけど、
 
このアルバムは夏の夜にとてもよさそう。
ビール飲みながら、聞くととても心地よい感じです。
て、いうかビール飲みたくなる( ̄∇。 ̄) 
 
8/16には、shibuya O-EAST で『T.P.O.Summer Camp』
が開催されます。
ごいっしょにいかがですか?
 
 
HPはこちら
http://tpo.pagans.jp/

楽曲はこちらで視聴できるそうです。
myspace
http://www.myspace.com/funkorchestratpo


公演後のお楽しみ
公演中はいろいろなことが滞っているので、
公演終わったらこれするぞ!とかこれしなくちゃ!
と、たくさん山積みされていきます。
公演に向けてのいろいろな仕事も山積みなので、
あっちにもこっちにもしなくてはいけない山と、したい山。
 
ちなみに稽古場も片付けものの山がいまだ・・・
 
しなくちゃいけないことを少しずつかたづけながら、
お楽しみに取っておいたいろいろなことも♪
 
というわけで、やっと下田麻美ちゃんのCD 『Prism』 を聞くことができました。
発売は6月10日頃だったかな?
お知らせをもらったので、ちゃんと購入してたんですよ。
でも、ゆっくり聞くのは公演が終わってからにしようと思って。
 


私の知らない麻美ちゃんがたくさんいました。
少し大人っぽい、しっとりした雰囲気の、それから少しお茶目な・・・
 
オフィシャルサイトはこちらです。

歌づいてはいますが、

友人のブログで、月にまつわる曲 というのを読んだので、
「月」といって思い浮かべる曲は何だろーなーと 考えたところ、

この歌が浮かんできました。

何時どこで、最初に聞いたのか、まったく思い出せないのですが… 
やはり NOKKOさんの声が大好きなのでした。





でも…「月がのぼるまで」と歌ってはいるのですが、
ちっともまつわってはいないのですが… 

The Rose
27歳で夭逝した世紀のブルース・シンガー「ジャニス・ジョプリン」がモデルの映画 『The Rose

映画では、エネルギッシュで破滅的な女性ロックシンガー「ローズ」1979年 を
ベット・ミドラーが熱演し、
ラストに歌う「ローズのテーマ」が圧巻でした。





日本では、高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』のエンディング・テーマだし、
最近は、手嶌葵さんが歌っていました。


そして、この曲は、夢の遊眠社の「ゼンダ城の虜」にも使われていました。
私にとって、遊眠社を始めて観たのが、この「ゼンダ城の虜」


初演は伊藤蘭さんが、少年赤頭巾を演じてました。
1981年のことです。
「少年はいつも動かない。世界ばかりが沈んでいくんだ」
最後のセリフとともに、パンフルートの「ローズのテーマ」が流れます。

これを観て、舞台は面白い 私も舞台をやってみたい と思ったのでした。

そして、遊眠社の解散公演1992年も「ゼンダ城の虜」でしたので、
公演パンフレットにも書かせてもらったのですが、
私の遊眠社は「ゼンダ城」にはじまり「ゼンダ城」に終わりました。
・・・というふうに思い入れの深い曲でもあります。

ザンフィルのパンフルートもすごく素敵なのですが、見つかりませんでした。



歌は、やはり、ベット・ミドラーの声で。

せつなくて、懐かしい・・・



尾崎
歌はすごいなと思う。歌を歌える人はいいなと思う。


ただの一曲で、想いや気持ちを伝える。人の気持ちをつかむことができる。
ただそれだけの時間で感動させてしまう。

その歌に自分の人生やら、生き方やらを重ね合わせてしまったりもする。
いろいろなことを思い出したりもする。

楽曲や詩やその声に・・・つかまったと思う瞬間が確かにある。


今はもういない人の曲を聞くのは、今はまだ少し切ない。


いつでも聞くことはできるのに、いつでも見ることはできるのに・・もうここにはいないから・・・なのか。

想いは変わらず伝わるけど・・懐かしさに変わる前にいなくなってしまったから・・・
なのか。

生きていれば変わってしまう何かも・・止まったままになってしまうから・・・なのか。


本田美奈子も、坂井泉水も、尾崎豊も、・・・

| 1/1PAGES |