まあや

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

「GODDETH」 まあや

「跳」 JUMP まあや

Guest

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

夏休み♪
今日から私の夏休み♪

ってことで、MIKUさんは家でお勉強をしているので(・・・はずなので)、
邪魔しないように、東京都現代美術館に行ってきました。

清澄白川駅から、ちょっと歩きますけれど、ちょうど深川八幡祭り
(前回、ここに来たときは、ちょうど案山子まつりをやっていました。)

沿道に お水をはった たらいや子供のプールなどが
そこここに たくさん置いてあって、
何だろうと思っていたら、
ちょうど子供の御神輿が・・・




そこから盛大にお水をぶっかけていました。
気持ちよさそう!!

でも、油断していると、いっしょに水浸しにされそうな・・・



さて、東京都現代美術館では、庵野秀明さんの特撮博物館



夏休みだし、お盆だし、土曜日だし…混んでるかなと思ったら、
そうでもなく、
じっくりゆっくり見てきました。

11時半頃に入ったと思いますが、13時過ぎに
会場から出てくる頃は、長蛇の列!!
これだけ並んでいたら、入る時点であきらめたくなっちゃったかも…

早い時間がお勧めかもです。


展示物はウルトラマンシリーズや、ゴジラや、懐かしいものもいろいろ。

私が、一番 興味深かったのは、10分間の特撮短編映画を
どうやって撮ったかという映像でした。

これがCGではないなんて。という驚きと共に、
創意工夫しての ものづくりや撮影にかける熱意というか、
特撮に対するこだわりや、遊びごころ…

ひとつひとつは気の遠くなりそうな作業なんですけれど、
プロの仕事なんですけれど、すごく楽しそう…

人生かけちゃったんだなあ…という感じが面白かったです。




さて、帰り道は、今度は大人の御神輿。
バケツで水をバシャン!どころか、ホースで水かけまくり!!

ちょっと一緒にビショビショに なりたかったかも…
帰りが電車でさえなければね。



帰ってから調べたら、
深川エリアの各町内会の約50の神輿が
富岡八幡宮を起点として周辺地区をまわる、別名、水掛け祭り

で、
今年は、3年に一度の本祭りが
本来なら昨年が本祭りのはずでしたが、震災の影響により今年にずれ込み
4年ぶりの本祭りだったそうです。


今、家のベランダからは、東京湾花火大会の花火が見えます。
夏だなあ〜 O(≧▽≦)O

バムケロ&SIKA
大好きな島田ゆかさんの絵本「バムとケロ」シリーズの新作が
12年ぶりに出版されたので楽しみにしていました。


バムとケロのもりのこや
 
  森で古い小屋を見つけたバムとケロ。
  修理がとくいなソレちゃん(ありくい)を呼んで、
  小屋の掃除と修理を始めます。
  きれいになったところで秘密の『ほしをみるかい』を開くことにしましたが・・・
 
 
 

そして、島田さんの好きな画家で絵本作家のユリア・ヴォリさんのと二人展
 
島田ゆか&ユリア・ヴォり絵本原画展に行ってきました。


ユリアさんの絵本は読んだことがありませんでしたが、
この、ぶた(SIKA)さんは目にしたことがありました。
 
バムとケロもSIKAも、どちらかというと、ぶさいくなキャラクターなのですが、
そこが、なんだか たまらなくかわいいくて いい感じ。
 
たくさんの原画と、島田さんやユリアさんのインタンビュー、
SIKAのアニメなど。楽しんできました。
 

印刷されたものと、原画はやっぱりちがうんですね。
細かな細かな筆使いとか、色合いとか・・・
島田さんが、少しづつ色をつけていく様子を動画でも見ることができます。

SIKAのアニメは、ぶたさんとペンギンの友情とか、ねこと鳥が仲良しだったりとか、
あたたかなユーモラスな作品でした。
 
それからバムとケロとぶたカフェでは、行列ができていたので入りませんでしたが、
ケロちゃんのホットケーキとか、ガラゴの焼きりんごとか
絵本に出てくる美味しそうなお菓子や飲み物がいろいろ。楽しそうでした。
 
 
 


どっちゃり絵本を買い込んでしまいました。
小型絵本セットとかも・・・
普通サイズのをひととおり持ってるんですけどね・・・
 



同じフロアで、「世界の絵本作家チャリティー展」も開催。
リサ&ガスパールや、メーシーやスージー・ズー、
ワチフィールドもありました。
 

4月27日(水)−5月9日(月)
松屋銀座8階大催場にて      

http://www.bamkero.com/ 島田ゆかさんHP


ちひろ美術館
ちひろ美術館にいってきました。
 
MIKUさんの夏休みの宿題。美術のレポートを書くためですが、
私も行ってみたかった美術館でした。
 
西武新宿線の上井草駅に初めておりました。
駅前にはガンダムのモニュメントが・・・
 



まったく知らずに出かけてきましたが、「アニメの町」と書いてありました。
MIKUさんは言わずと知れた(?)アニメ好き・・・
「なんで?なんで〜♪」とうれしそうです。
 
実は、上井草にはアニメ制作会社が多く、
有名な(私は知りませんでしたが)サンライズという会社もここにあるそう。
MIKUさんはもちろん知っていて(大好きな銀魂も制作しているんだそう)
いろいろ説明してくれました。
 
商店街のレストランのウインドウにはケロロ軍曹がいたりして、
ケロロ軍曹のパウンドケーキを売っていたり、
しまってるお店のシャッターにはガンダムが描かれていました。
 
とりあえず、それくらいしか見つけられませんでしたけれど。
 
 
 
ちひろ美術館は、
こんな住宅街の中に??という路地を ぐるぐる入ったところにありました。
いわさきちひろさんの住宅兼アトリエの跡地なのだそうです。
 
 
すごく気持ちのいい建物でした。
いろいろなところに気配りが感じられる美術館です。
軽井沢や、安曇野にいるような気さえしてきます。
 
ちひろさんの作品については、私が語るべくもなく、
たくさんの絵本もありますし、誰もが何度も目にしていると思います。
 
 
美術館には、
世界の絵本画家の作品展とか、企画展、
また、いわさきちひろさんの作品は、2ヶ月ごとにテーマを変えて展示されます。
 

9月12日までは、「ちひろ・51歳の挑戦」と題して、
51歳で新たにパステル画に挑戦し、パステルで描いた作品と
その後の水彩作品を展示しています。
 
いわさきちひろさんは55歳で亡くなっています。
亡くなるまで、病気をおしてたくさんの作品を描いたそうです。
 
こどものやわらかい表情やしぐさ。ふっくらした身体や手やほっぺた。
おもわず微笑んでしまいます。
また、戦争を描いた作品では、
悲しい目をしたこどもたちの顔が印象に残りました。
 
 


ほぼ見終る頃、いきなりものすごい土砂降りになりました。
雷も鳴って、びっくりするくらい・・・
これでは外にでられないので、MIKUさんとお茶にすることにしました。
 
カフェオレを飲んで、くるみの素朴なパウンドケーキなどを食べて
ゆったりしていると、雨があがりました。
 
よかった〜
 
びしょびしょになるのも困りますが、夜は隅田川花火大会です。
花火が中止になるのは残念ですもの。
この後、のざぴょんさん と にじちゃんのお家にお邪魔する予定なのでした。
 

メアリー・ブレア展
メアリー・ブレア展に行ってきました。
東京都現代美術館です。
 



メアリー・ブレアさんは
ディズニーの「シンデレラ」「ふしぎの国のアリス」「ピーター・パン」などの
カラー・スタイリストをしたり
「イッツ・ア・スモールワールド」のコンセプトデザインを担当した人です。
他にもたくさんの絵本の挿絵や、広告など作品を残しています。


不思議の国のアリスが描かれたパンフレットに惹かれて、行くことにしました。
 

鏡に写ると、右と左は反対になるのに、なんで上下はさかさまにならないんだろう?

・・・当たり前ことなのですけれど、聞かれたら、ちゃんと説明ができません。
なんで?

でも、
これは・・・上下がさかさまに写ってます。
やっぱり、さかさまになるんですね。\(≧▽≦)/ 
 

初期の作品から、ディズニー時代、退社して子育てしていた頃の作品等々
イッツ・ア・スモールワールドの世界観も素敵ですが、
子供達を書いた作品がなんともかわいらしかったです。
色や形、シンプルで複雑な・・・懐かしくて新しい感じ・・・
 
帰りにポストカードを何枚か購入しようとおもったのですが、
一番欲しかったベイビーバレエのシリーズが一枚もなかったので、
作品集を購入してしまいました。
ピーターパンもアリスも、レモネードガールも・・・実は、皆欲しかったのでした。
 




ベイビーバレエ



MIKUさんが気に入った、ココア・ガール



メアリーブレア展は10/4まで。
すっごく混んでました。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/98/







MOE
 絵本などを紹介する雑誌です。
 
特集が好きなものだと、購入します。
 
   


1月号の特集はポップアップ絵本。
最近本屋さんでも、外国の分厚いものがたくさん出ていて、
すごく凝っていて、開いてみるのが楽しみです。
 
でも、今回は表紙にひかれて。
島田ゆか さんの ブーちゃんとおにいちゃん です。(o^m^)o♪   
 


島田ゆかさんの絵本は、ポップに楽しく描かれています。
おうちの中が特に素敵。家具や、生活用品がとても可愛い。  

それから、主役だけでなく、なにげないところで、何かをやらかしている 
小さな動物達・・
おじぎちゃん(多分うさぎ)とか、ヤメピ(たぶん犬) とかを探して、彼らを追って
絵本を繰るだけでもけっこう楽しいです。


ストーリーを追うだけでなく、イラストを細かく細かく見てください。


楽しそうな食卓
 
 
犬のバムとカエルのケロちゃんの生活が描かれている バム・ケロシリーズや
カバン売りのガラコ(多分メガネザル?) シリーズ                                

など、全部持ってたりします。              ガラコ    
多分15年位前からのお気に入りです。               
 

 
こんなお風呂に入ってみたい。
 



そして、1月号。帰って開いてみたら・・・
付録のカレンダーには、ダヤンとマーシーが \(≧▽≦)/ 




| 1/1PAGES |