profilephoto

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

オーストラリア通信 2018

MIKUのオーストラリア行きも3回目になります。

 

高校時代の1年間の留学。

 

2016年にはその時のホストマザーに会いたくなって、

春休みに一人で渡豪。

 
そして今回も、ニュージーランドに留学の前に、
その、オーストラリアのもうひとつのお家
ブリズベンのホストマザーのところに
春休みを使って約一か月の滞在。
今回も自分で全部手配してくれたので頼もしい限り。
 
マザーのお家は、高校時代はブライビー島にありましたが、
今はお引越ししてブリズベンの中心地に
もう少し近いところだそうです。
 
4年経つと、お孫ちゃんたちも大きくなっています。

変わらず歓迎していただいて本当にありがたいです。 

 

 

スクラフィー

飼い猫が5匹いたそう。
  
  
ホストファミリー 
   
 
そして今回は、シドニーにも足を延したそう。
 
日本でアルバイトした時の会社の社長さんが、
オーストラリアにいるならと、
シドニーにある豪邸に招待してくださったとのこと。
 
 
シドニー
 
シドニー
 
そして、シドニーから留学生として来ていて
すでに帰国した大学のお友達とも会えたそう。
 
いちごのパンケーキとスムージー
 
ゆったりとした、贅沢な時間をすごしたのち、
今日からニュージーランドへ。
 
どんな半年間になるのでしょう。
 
 
 
 
 
跳 JUMP

ホストファミリー体験
MIKUのドイツ人のお友達が数日間うちにに滞在していました。
 
オーストラリアに留学中に、
彼女たちもドイツから半年の留学をしていて知り合いました。
留学生同士仲良くなったようです。
  
2人のドイツちゃんを3人でおもてなし、
うちにはサラちゃんがやってきました。
 
sukaitree
 
11/1に日本に来て、一軒目のおうち渋谷に。
11/2は渋谷、原宿、六義園に行ったそうです。ねこカフェも。
11/3はMIKUと合流後、大江戸温泉とお台場に行き、
そこからはうちに。
 
ashiyu
 
 
11/4は、MIKUは学校なので、
朝早く、もう一人のドイツちゃんのいる浅草のお友達に預けに行き、
皇居と東京タワー、浜離宮、そして水上バスに乗ったそうです。
11/5は、MIKUが2人を預かり、午前中は3人でスカイツリーに、
そして午後はお友達と合流し4人で浅草で着物体験と散策。
 
asakusa
 
本日最終日は、両国の江戸博物館と国技館、そして、
ハードロックカフェでTシャツを買いたいそうなので上野へ、
上野恩賜公園内のどこかを見て、成田へ。
   
  
お天気に恵まれて、沢山の観光を楽しんだようです。
  
  
わたしはもちろん、朝食と夕食を受け持ったわけですが、
好き嫌いもほぼなく、何でも大丈夫と聞いていましたが、
あまりお箸(フォークとスプーン)が進みません。
 
お口にあわない?何が好きなの?
そんなんで足りるの?遠慮してる?何なら食べるの〜?
 
もともと本当に小食のようです。
(MIKUの半分くらい…いや1/3くらい)
いろいろ試してみてもらいたかったのですが、
あまり冒険もしないようです。
ご飯(お米)も2口3口くらいしか食べないので、
様子を見ながら、やはりポテト中心に組み立ててしまいました。
 
 
彼女はMIKUと同い年です。
ハイデルベルグに住んでいます。
 
ハイデルベルグ
 
ここから車で20分程のところだそうです。
素敵な景色です。
 
彼女のおうちの屋根もやはり赤茶色
すっごく大きなおうちでした。(グーグル情報)
広い廊下に沢山の部屋、彼女の部屋も、ハンモックがつれるくらい
広いとのこと(MIKUのスカイプで見たよ情報)
馬も飼っているから相当なお金持ちだよ。(MIKU情報)
 
  
今年の9月に大学が決まり、
将来は小学校の先生になりたいそうですが、
 
ドイツでは、合格が決まると、
すぐ入学、2か月後に入学、半年後に入学、1年後に入学を選べるそうです。
 
彼女は1年後に入学を選び、
 
本日、日本を発ってからは、
まずオーストラリアのケアンズに数日、
そして留学先だったブリズベンやブライビー島に1か月くらい、
それからニュージーランドに2か月くらい(農場と言ってましたが)
いずれも、留学中に知り合ったお友達や
ホストファミリーのところに滞在するようです。
 
その後は、ドイツに帰って、レストランでアルバイトをして、
来年の9月に大学入学をするそうです。
 
こういう時期に、そういった時間が持てるのはとてもいいなあと思います。
まとまった時間があるといろいろな経験をすることができます。
合格を決めた後、自分で学費を稼いでから入学する子もいるようです。
  
 
sa
  
短い滞在でしたし、英語ダメダメな私なので、σ(^◇^;)
MIKUがお風呂に入っている際は心細い思いもしましたが、 
私にとっても、楽しくていい経験になりました。
 
 
小食が心配なサラちゃんは、
でもとてもにこやかで可愛かったです♡。
とてもいい子。私もドイツに一人娘をもった気分です。
 
sa
 
おっきなリュックを背負って旅立っていきました。
ほっとしましたが、寂しい気分。   
 
 
 
facebookでお友達申請もしてくれました。
うれしい。
fbでは皆さまにいろいろお食事のアドバイスを
いただいたのですが、
翻訳機能は怪しいから、誤解を生むと困るので、
承認前にその投稿は自分だけ見ることができる設定に。
いいねやコメントしてくださった方すみません。
ありがとうございました。
 
 
 

次世代リーダー育成道場 終了式



次世代リーダー育成道場二期生Aコース(オーストラリア・ニュージーランド組)
終了式が開催されました。

次世代リーダー育成道場

当日はまず、代表者達による英語スピーチと研究報告。

英語スピーチは、
留学先で学んだ時柄や自分の意識の変化等について書いたもの。

研究報告は、
留学中に行っている自分の将来の夢や現地で学びたいことに関する調査報告です。
「キャリア教育の在り方」、
「日本とニュージーランドにおける少子化の現状」
「先住民族と観光問題」等、
パワーポイントなども使って、それぞれ興味深い研究発表でした。

皆さんすばらしかったです。

MIKUは、もちろん発表者ではありません。
研究テーマは、
「学校における生徒への精神的サポートの日豪の比較検証」のような・・・ 
講評は、
「詳細にしらべてあり、苦労が伺えます。・・・・・サポートがうまくいった事例もあればさらに説得力を増します。」
「英文も努力して書いたあとが伺えますが、文法的に不自然な箇所が多少あります。・・・・
今後はさらに英語の読書に励みましょう。」

がんばったけど、まだまだだな。・・・と。(^◇^;) 

英文原稿については、
現地の先生に一応見てもらって。OKをいただいていたそうで、
「あらら?」と申しておりましたが・・・
そして、日本語でも読書をしない人なので、英語の読書・・・励むのかどうか・・・


そして、終了式。

次世代リーダー育成道場

親はここまでで、
その後は、帰国オリエンテーションと、お弁当後、SLEPテスト。

SLEPテストは、研修が始まった頃、英語力を試すために受けた試験で、
アメリカ留学する生徒は必須となっている試験です。
今回は1年間の成果をみるために。

そして今後は、「次世代の会」が設立されたので、会に所属し、
東京都内全域にわたる同期生との交流を保ち、
今後の後輩たちへのアドバイスや、
次世代リーダー育成道場に情報提供などを行うこととなるそうです。


本当に得がたい学習と体験をさせていただきました。
機会をあたえてくださったすべての機関と方々に感謝しています。
また、受け入れてくださったホストファミリーにも、
感謝とともに、これからも大切に交流を深めて行きたいと思っています。


次世代リーダー育成道場2期生の研修は終了しましたが、
ここから、

事前研修もふくめて1年半に及ぶ、この体験を
どう活かしていくのかが大切なことだと思います。
子供達それぞれが、どんなリーダーになっていくのか楽しみです。


MIKUには・・・
・・・せめて、多少は身についたであろう英会話力を、忘れないで欲しいなあと思う次第。




 

帰国しました。



MIKUが無事帰国しました。

義弟 秀ちゃんが車を出してくれ、PAPAさんと3人でお迎えに。

6:20到着予定が少し早くなって、6:07到着。
でも、ゲートから出てきたのは7時半頃。

その間、子供の出てくる姿を撮ろうと、
ずーっとカメラを構えていたお父さんがいました。
なかなか時間かかったね 
(>▽<)

次世代の皆と hugしあって、解散。


PAPAさんは本日は仕事で8時までしか空港にいられなかったのですが、
会うことができました。空港からそのまま仕事に出発。

MIKUは
「寒い、狭い、空が青くない、空気が・・・日本だあ。
あー帰ってきちゃった・・・」と 

 
8時半に帰宅。


そして、9時過ぎ。
友達が会いに来てくれる と早々に家を出ました。

期末試験の前なのにわざわざ1時間以上もかけて、
高校の親友が会いに来てくれました。
もう少ししたら学校でも会えるのにね。うれしいね。

15日から学校に復学しますが、
それまで毎日のように、誰かとあったり、ご飯食べたり、
出かけたりと、予定はびっしりのよう。


あの〜・・・荷物そのまま?
 


さすが、MIKUだわ 。┐ (^▽^;)




とここまで、パソコンに打ち込んでいたら、

ピンポーン  ??
もう帰ってきた?

と思ったら、ぞろぞろ皆を引き連れて。

「ごめん、皆が家に来たいって。いい?」


うむむ、この広げた荷物・・・・
あわてて、部屋に押し込みました。


「○○さん一人と思ってたら、皆来てくれてた♡  

2時間ほど わいのわいのおしゃべりして
「じゃ、皆でお昼食べてきま〜す」

「何食べるの?」
「ラーメン」
と今、どどどどっと出かけていきました。



やはり、怒涛だわ。



オーストラリア通信 9



さて、最後の2週間のホリデーは、10/6まで。
ブリズベンにお買い物にいったり、
お友達のファミリーを尋ねたりしているようです。

昨日はカレーを作ったと言っていました。

by MIKU

ランチに人参を丸ごと持っていったMIKUですが、お料理するんだね。

ホストマザーが
Yummy yummy yummy dinner was very yummy Thank you
と、書いてくれていました。・・・よかった。

ん? 
8ヶ月目にして始めて夕食を振舞った? 
(^ー^;)   


Brisbane festival
Brisbane festival


Fishing  

ホストファミリーのボートにて。
さめ
面白い顔のサメ

ふぐ
面白い顔のふぐ


それから私は、最後になるであろう荷物を送りました。

コンタクトレンズの追加 と ホストファザーに じんべい、 
マザーには2B団のTシャツ、 MIKUにも。
(MIKUと2人で着て写真を撮ってきてね。とパパさんが)
日焼け止めクリーム、扇子等の和物、
等が主なものですが、
強烈なリクエストがあったので、一緒に、フリーズドライ食品。

food
前回とほぼ同じラインナップです。



お休みを満喫したら、
最後の9週間。

まあ、存分に楽しんでおいで〜


River Fire

 

MIKUのブログ



MIKUがオーストラリア生活をブログを書いているようです。

5月から日常生活を英語で、
9/26からは 主に次世代リーダー育成道場の紹介もかねて日本語で。


リンクしてもいいとのことなので、リンクを貼りました。



私も一昨日まで知りませんでしたので、まだきちんとは読んでいませんが、

私のブログでは、娘の報告をもとに親の目で紹介していますが、
MIKUのブログには、実際の体験や、現実、率直な感想、
本音など、書かれているのではないでしょうか。

ご興味のある方はのぞいてみてくださいね。



MY lazy life
http://miku39-lazylife.blog.jp/

MY lazy life

オーストラリア通信 8



現在、MIKUは
2週間のお休み中。
学校の宿題は一切ないとのことなので、
の〜んびり最後のお休みを楽しんでいるのでは。

ブログも少しご無沙汰しちゃっていましたので、

第3期目は、送られてきた写真やfacebookの写真で。


12年生と留学生の生物学キャンプ (MIKUは10年生)

Hastings Point
素敵なところですね。


職業体験学習は 老人ホームで折紙など。
職業体験


そして、広島県から短期留学生が来ていたので、
お世話係をしたそうです。
これは随分前から楽しみにしていました。

楽しく過ごしてほしいと、お世話係をしてみて、

来たばかりの時の自分を思い出し、その頃のことを思うと、
少しは、英語も上達しているみたい。と自信が持てたよう。

広島ちゃんたちと
広島にもたくさんお友達ができてよかったね。

学校のツイッターには
Our long term Japanese student Miku welcomes all the short term students
と書いてありました。

 

EKKA
遊園地にいったのかな?



大好きな朝食
朝食


そして、昼食

今日のランチは自分で作った。って言ってたけど・・・
昼食
象のランチ??


それから、
次世代リーダー育成道場のレポート 5000語 を書いたそう。

各自それぞれ、あらかじめ研究テーマを決め取り組んだようです。
MIKUは 
「日本とオーストラリアにおける学校における精神的サポートの違い」
確か、こんなふうなテーマだったと思います。

一応書き上げたけれども、添削されて返ってくるようで、
まだまだ修正をするらしい・・・ 

これは、かなり大変なようでした。


そして、9/20からは、最後の2週間のお休み。



 

オーストラリア通信 6


MIKUの オーストラリアの高校のHPに掲載されました。
http://bribieshs.schoolzinenewsletters.com/2014/20140521/


‘My exciting holiday’

I had an awesome holiday.
One day I stayed on a boat.

During the day, I caught 2 stingrays while fishing and got to see a wild kangaroo.
At night, there were lots of stars in the sky.
I was moved by the sight.

Another day, I went to the Australian Zoo with my friends and we could feed the kangaroos.
We also patted a koala and rode on a camel.
After that, we observed wild animal hospital.
I was shocked at the present situation about wildlife.

The experiences are very precious for me.
They may not be so special for Australian people, but I felt everything was great and wonderful.
I cannot wait for the next holiday!


Miku Momma (Tokyo, Japan) Year 10
January – November 2014.






Miku on holidays in Australia



次の8月のお休みは、本当はホストマザーの娘さん家族に会いに
ニュージーランドに行くつもりになっていたようですが、
外国ということで、教育委員会の許可はおりませんでした。


なので、2泊3日の生物キャンプというのに申し込んだようです。


ニューサウスウェールズ州 
Marina Environments Field Study Resouce Centre 
参加費は225ドル



これは許可が下りたようで、同意書が送られてきました。

詳細は旅行申請書をご参照くださいとありますが、
例によってすべて英語表記。┐(・へ・;;) ┌

話は聞いていたので、読み飛ばして、
いえ、読まず飛ばして サインしてしまいました。σ(^◇^;)



同時期に留学してきたドイツの子達は
今週で帰国してしまうそうです。

また、新たな留学生はやってくるでしょうが、
仲良くしていたのでしばらくは寂しいでしょう。


そのうちドイツにも行けるといいね。
日本にも来てもらえるといいね。



   
 

 

 


 

 


オーストラリア通信 5


ウォンバット おしりがキュート


ホストファミリーに和食を作ってあげたいので、
おうどん にしようと思うので、麺つゆなど送ってとメールが来ました。

和食 で、おうどん なのか・・・ 
まあ おうどんも ポピュラーな和食といえば和食ですか・・・(^◇^;)σ


オーストラリアは税関がきびしくて、
食物を送ることはほぼ駄目だと聞いています。

たとえば、たまごは駄目 たまごの成分がはいっている ふりかけも駄目。
インスタントラーメンが抜かれたので、なぜと思ったら、
スープにたまごが入っいると記載されていた。
などということも聞きました。


オーストラリアでも もちろん日本食は売っています。
値段はともかく、都市部ならなんでも揃うらしいです。
ただMIKUの住んでいるところでは、そうそうなくて、

手に入るのは お醤油(一度間違えて魚醤を買ってしまったらしいですが・・・)
豆腐、のり、お米(細長い)、麺くらい

お刺身など、生でたべられるお魚は売っていないそうです。
お料理レパートリーのないMIKUなので、

そうなると おうどん くらいしか思いつかなかったのでしょう。


麺つゆ・・・送っていいものなのかしら。


今までMIKUの好きなお菓子等も 
税関で引っかかるのはいやだなあと思い、送りませんでした。

荷物を送るのには いちいち税関告知書を英語で書きます。
品名・個数・重さ・金額 ひとつひとつ・・・


発送の際も、郵便局の人が禁制品が入っていないか確認します。
かならず、食べ物は入っていませんよね。と聞かれます。
送るダンボールに、
食べ物の絵が印刷されているものも使っては駄目と言われました。
送れず戻って来てしまうそうです。

ちなみに、古着も駄目だといわれました。
家で着ていた服は、古着じゃないかしら??
木製品も駄目。 お扇子は竹、けん玉も木製品 よね。σ(--;)


 

書かないで内緒で送って見つかってしまうのも問題。

でもでも、
ダシの素なら、形状はたとえば入浴剤と変わらないし、
開けられちゃったらわかっちゃうけど、スキャンではわからなそう・・・なんて、
いけないことも考えつつ、

まあ、申告してみて駄目なら駄目さ ということで


ダシの素中心に送ることにしました。

お砂糖とお醤油 そして、ダシの素があれば麺つゆは作れるよ。
きんぴらとか、すき焼きとかも作れるでしょ。 d(^-^)♪


ついでに、
ダシの素がいいなら、粉末お吸い物、フリーズドライの味噌汁、
しそのふりかけ、かつお節パックもいってしまえ。
フリーズドライなら同じだよね。っと、MIKUが大好きなお汁粉も。


お汁粉は、以前も送ろうかどうしようかしてやめた時、
PAPAさんに食べられてしまいました。
「あー!!」と言ったら、「どうせ送れないんでしょ」と・・・確かに。
今度は送るから、食べちゃわないでね。と釘をさしつつ用意。



ちなみに
Cooking Material (soup pauder)  ← ダシの素、味噌汁、お吸い物
Dried seasoning powder     ← ふりかけ
Instant Shiruko (red beens)    ← おしるこ


今回は 国際スピード郵便にしました。
他には、指定の数学の問題集やノートなども入れ、
2.4kgくらいで 4700円 (・・・高いダシの素です)

前回、船便は約2ヶ月かかりましたが、
こちらは土日を挟みましたが5日で届きました。

すべて無事到着したようです。 \(*^▽^*)  
(なーんだこんなことならもっと早く送ってあげればよかった)

さあ、和食 は気に入ってもらえるかしら?


Australia Zooに行ったようです。
Facebookに写真がアップされてました。

Australia Zoo

カンガルー

ウォンバット お顔はこうでした。

えっ? ワニはなに食べるの?

・・・Oh my ・・・




 

オーストラリア通信 4


MIKUの学校は2月から新学期。
約10週間づつの4学期まであり、
その間は約2週間の休みが入ります。
そして12月〜1月が夏休みです。

初めての2週間のお休み。

エアーズロックやグレートバリアリーフに行くツアーなども
あったらしいのですが…

エアーズロックに行ったMIKUのお友達の写真を見たら、
ものすごくすごい! ←…なんて表現力σ(--;)

 


圧倒されるだろうなあ。
行かせてあげたかったなあ。

しかし、ツアー料金20万位するらしい… 
あきらめたとのこと。…なんだかすまぬね。

なので、このお休みは
ホストファミリーとバーベキューしたりボートに乗ったり、
お友達とアミューズメントパークに行ったり、
海に行ったりして過ごしたようです。

それも楽しそうだねえ。


ブライビー島の国立公園サイドに行ったら、
野生のカンガルーや馬がいたらしいです。


木の向こうにカンガルーが走っています。


野生の馬?


それから、私にはディズニーランドでくらいしか馴染みがないけど、
イースター


たくさんイースターエッグやチョコレートをもらったようです。

 

マザー作成 チョコレートケーキ


そういえば、3月の始めに送った船便がやっと
着いたらしいです。
1ヶ月半かかりました。

船便には秋冬ものを入れましたが、
まだまだ水着姿の皆様がたです。







オーストラリア通信 3


オーストラリアからは、最近はめったに連絡はこなくなりました。
 

Host Mother made those cakes.


本来はあまり連絡はとってはいけない規約ですし、
元気で楽しくやってくれていれば、それでよいので、


変わらず、私は facebook のたまの更新をみて フムフム と。
 

英語で書かれているので、
私はそれを Google翻訳に コピペしてみます。
 
「多くの多くの宿題を私疲れてXDを作る
 私はダンスのエッセイを書くことができない...
 どのようにしてエッセイを始めるのですか?」

さらに私は excite翻訳に コピペします。
 
「多くのホームワークが私にする多数が、
私が書くことができないXDを疲れさせました、ダンスのエッセイ...
私はどのようにエッセイを始めますか??」



まあ、意味はわかるけど、
これは翻訳ソフトがいけないのか、
MIKUの英語がいけないのか、
私にはわかりません・・・  d( ̄  ̄) 




で、そんなわけで写真コレクションもあまり増えません。

先日、
おばあちゃんに送るから
facebookにアップしていない写真を何枚か送ってね。
と頼んでおきました。
(以前、送ってねと言ったら、アップしている写真送ってくれました。
・・・それは持っているので・・・)

 
おばあちゃん達も、心配もしているし、MIKU情報を楽しみにしています。

「おばあちゃん達には葉書でいいから書いてあげてね」と
お願いしてありますが、まだまだそんな余裕もないでしょう。


そして、ようやく2枚送られて来ました。
お友達と自撮りした写真2枚。

ん・・・確かにMIKUは写っている。
アップで写っている。

笑顔のいい写真です。

けどね・・・

状況が分かるというか、
おばあちゃん達が見て楽しい写真。というか、
何をしているかわかる写真。というか、
せめて、少し景色とか、お家の中とか何か写りこんでいるとか、
普通ね、そんな写真をね・・・

 
何思ってるんだろね。


・・・まあ、そんなやつだよね。
変わっておらんね。
と かえって何だか可笑しくなってしまいました。 (^▽^;)

 
ところで、
facebook のたまの更新をみて フムフム としている私です。


 
そうそうたいしたことは書かれていません。(^ー^;)   

でも、それ以上は特に報告がない限りは聞きません。
まあ、具体的に聞こうとしてもスルーされるのがオチなので。
用事のある際メールやチャットを使いますが、
その時に元気でやってる?なんて聞くくらい。

 

しかして、
 
「MIKUちゃん。サーフィンやってるのね?」
なんて他からの情報が入ってきたりします。

 
おー!!そーなのね。 知らなかったよ。海が近いからね。いいね♪
 
「写真見たよ。楽しそうだったよ。」

・・・はあ? 

 

なんでそういう写真送ってこない・・・(o_ _)o...



まあ・・・らしいやね・・・



miku
で、やはりHost Mother がアップしてくれていました (T^T) 
お孫ちゃんたち超かわいいの♡


つれて帰ってきてくれないかなあ。











 
JUGEMテーマ:留学

オーストラリア通信 2
 


 
MIKUのメールやFacebookのたまの更新を楽しみにしているのですが、
 
食べ物の写真が主です。
 
・・・MIKUらしいと言えば
・・・MIKUらしいのですが。
 
 
  
 Rice cookie  おせんべ


とか



 Miso soup  and  Seaweed and Rice 味噌汁と海苔とお米
 

とか


 birthday cake big and colorful!!  カラフルケーキ 

てもきれいですが、
味はただスポンジケーキのアイシングかけ
とのこと


とか



Kangaroo  and Emu  JERKY カンガルーとエミューのジャーキー

どんな味なんでしょう・・・

MIKU 「umm....I like beef jerky better.」
  (^▽^;)





そんなのも見たいけど、私はMIKUの姿が見たい・・・ o(T^T)o




なので、通っている学校のホームページなどを検索すると・・・
 

見つけました。
 
 
 7 new international students presented on assembly

今年は7人の留学生が入ってきたそう。

ヨーロッパ系の人たちなので、なんだかんだ言っても
英語は第二外国語だったりして、けっこう流暢・・・
しゃべれないのはMIKUだけだぁと言ってました
 
 
 

そして、ホストマザーが、私の気持ちを察知して、
メッセージで写真を送ってくれたり
自身のFacebookにアップしてくれたり。\(*^▽^*)

着いた日すぐ ホストマザーと仲良く2人で写っている写真。
そして、学校登校初日に 制服姿。



最近はこれ


Miku very busy doing her homework & a naughty little snow
 on the table keeping her company


日常生活がわかってこういうのすごくうれしい



こんなのも・・・

Go Miku wow. Oh to be young again

これは動画でした。  (^◇^;)σ




I am very grateful to her.
Thank you.





私は、

せっせと、私のピクチャファイルに取り込むのでした。 (^◇^)ゝ






こんなのたくさん欲しいなぁ・・・ (≧▽≦)






White Varentine
 
 
 
Happy Varentine 
 
本日も大雪となりました。

ベランダから見える景色も幻想的です。
今日の雪は細かくて、風もあるので積もるというより、
側面も・・・
木の枝や壁にスチロールを吹き付けたように・・・
このまま雨にならなければ、まさに街が雪化粧をしたように
真っ白に包まれるでしょうけれど。



毎年、MIKUがチョコレートを作っていたので、
家中が甘〜い香りに包まれていましたが、
 
今年は しん としている感じ。 雪のせいかしら。
 
 
オーストラリアもバレンタインがあるんですね。
やはり、チョコレートをたくさん作ったようです。
 
バレンタインチョコ

たくさん作ったチョコをあげる たくさんの友達ができたってことかな?
 

それはやっぱりHappyな Varentineです
 
 

MIKUはオーストラリアで1ヶ月が過ぎました。
 
まだまだ英語が大変。宿題も多いし、
なにより予習に時間がかかるとのことですが、
 
皆に助けてもらいながら、何とかやっているようです。
 
 
のんびりしているお国柄、
のんびりしていてよく眠れるようです。
 
そして、ご飯が美味しいと。
 


のんびりと、よく食べ、よく眠り・・・・
 
そうとう成長して帰って来そうな予感 o-( _ _)o
 
 
 バレンタインチョコ



 

荷物を送る
 


 

MIKUに荷物を送りました。
 
ブリズベンからブライビー島に移動したら
送ることにしていましたので。
 


「オーストラリアに荷物を送りたいのですけれど、」
と郵便局の人に言うと、
 
「航空便、SAL便 船便 そして、国際スピード郵便(EMS便)があります。」d(^-^)
と教えてくれました。
 
 
ちなみにオーストラリアまで、航空便で、67日くらい。
SAL便で、2週間くらい。
船便は、2ヶ月・・・
 
EMS便は3〜4日。
 
金額は早く着くほうが高いと思いきや、重量にもよるようですが、
意外と、航空便より、EMS便のが安い。そしてEMS便は追跡もできるというので、
 
冬物等は時間をかけて、安い船便で送るとして、(航空便の半額くらい)
 
今回は
コンタクトレンズ、英和と和英辞書(重い・・・) ほか、
現地では手に入れづらいもの、使い慣れたもの等
MIKUが早く欲しいものなので、EMS便にしました。
 
 
国際郵便では、送ってはいけない物の他に、
各国で決められた
禁制品や制限品があるので、
 
注意しながら・・・
 
 
伝票には何を送るのかを記入する欄があります。
名あて国で通用する言語でできるだけ詳しく記入 とあります。
 
全て英語 ( ゜Д゜;) ・・・(よかった…フランスとか、エジプトとかじゃなくて)
 
 
品名と、重量と、金額・・・ 
 
品目が少なければ、伝票に書けますが、
雑多な生活用品や文具や、本、服・・・まとめても30品目くらいあります。
 
「書ききらないのですが・・・」というと別の用紙を出してくれました。
 
税関告知書補助用紙


全部書くのね・・・ (-。-;;)
 
 
キッチンスケールを持ち出して、いちいち重さを計りました。
電卓120g スカート220g ボールペン5本で55g・・・
 
総量は、
ダンボールからガムテープ封も含めて。・・この伝票や補助用紙も含むよね)
10kgくらいに。
 
 
そして送料は1キロ単位の重さによります。
10kgを少しでも出ると11kgの料金になるので。
ギリギリ10kgにならないように、これは体重計にのせて調整・・・
 
いつぞやの
スーツケースを持って体重計に乗ったり降りたり・・・を思い出します。
今回はいちいち記入しなくてはいけないので、面倒です。
 
Tシャツ1枚減らして、ハンカチ1枚追加 とか・・・
そうすると、こっちは60g減らして、ここは40g追加とか・・・
 
 
ほんとにそんな細かく必要なのかしらね・・・(^ー^;)   
 
 
そしてようやっと、
郵便局に持っていきました。なんか緊張する〜。
 
内用品のチェック。
禁制品も制限品も入れてないので大丈夫。
(ほんとはお菓子や日本食入れてあげたかったけど)
 
重さ・・・9.86kg (あと140g入れられたか・・・)
 
 
送料は 14000円 となりました。 (T^T)  

   
  

    
 
 
ぜったい向こうで買ったほうが安いよね・・・
 
でも、買えないものもあるし、送ってあげたい親心よね〜 o(T^T)o
 
 


・・・これで、やっと落ち着けそうです。
 
 
 
次は船便・・・
 
 
オーストラリアが一番寒いのは7月 平均最低気温は9.5度だそうです。
3月くらいに船便を出せば、秋口の5月には到着するのかな。




クラシックな机です♪ 蓋が閉まるのだそう。





MIKUが来る前は ねこちゃんが独占していました。



郵便局 国際郵便
http://www.post.japanpost.jp/int/index.html







Bribie Island に
JUGEMテーマ:子供の留学





MIKUがブライビー島に移動して1週間。
 




ブライビー島でのホームスティ先にはホストマザーと30代の息子さん。
猫ちゃん二匹。



娘さんの家族が近くに住んでいて、お孫ちゃんが、女の子1人(小学生)
その下に男の子が4人。
 
MIKUは念願の妹弟が出来たと大喜び。
先週はバーベキュー、そして一緒にたくさん遊んだようです。

とてもよいご家族のようですので、本当に良かったです。

仲良く楽しく、そしてお世話になるだけでなく、
MIKUも家族の一員として役立ってくれるといいなあと思います。


ネット通信はそろそろ自粛ということで、
メールも時折のペースになりましたが、

私のほうは、朝とか、帰宅後とか、
ついついメールやfacebook のチェックをしてしまいます。
 
 なんか・・・手持ちぶさたで σ(^◇^;) 
 
 

先週の水曜日から学校に行っています。
学校へはバスで。
制服も購入しました。
 
選択科目にダンスを取るんだと、日本にいるときから楽しみにしていましたが、
一回目の授業を受けたら、なんとミュージカルのようなクラスだったので、
一回目にして早くもチェンジすると。
 
そしてやっぱり、英語が難関。
ぜーんぜん何を話しているのかわからない。・・・まあ、そうでしょうとも。
 
半年とかすると、
いままでBGMのようにしか聞こえてこなかった英語が
急に聞き取れるようになるっていうけど、
どんな感じなんでしょう。
 
そうすると、一気にしゃべれるようになるとも聞きましたが、
本当でしょうか。
 
早くそうなれるといいね。
 
 
ブライビー島は 島の半分は国定公園です。
高い建物は多分ひとつもなく、環境もいいし、治安もいいし、
とてもリラックスできる島と聞きました。
 
海も素敵。星もすごくきれいって。
ブライビー島


動物以外は恐いものはないと。
 
動物??  
 
こうもりには気をつけてと言われました。
 


・・・ 吸血??
 
こうもりがたくさん・・・!!


たくさんいるけど、近づいてはこないようです。

落ちているこうもりを助けようとして、さわってしまった子供が
感染症にかかって亡くなったのだそうです。

たくさん病原菌をもっているので、さわっては駄目ということらしいです。

一見鳥のようですが、鳥とは違う飛び方なので、すぐわかるのです。
昔は、私の実家のほうでも夕方になるとたくさん飛んでいました。
今も飛んでいると聞きましたが、
私は久しく見ていません。


恐さでいえば、カラスのが恐いと私は思います。

オーストラリアにはカラスいるのかな?今度聞いてみましょう。


ポップコーン
カラフルなポップコーン 







2週間たちました。
 


 


MIKUがオーストラリアに出発して2週間。
 
寂しくないわけではないけど、
心配もたくさんあるけれど、
 
 
そうそう感じなくてすむのは、
 
今ここにはいないけれど、
例えば学校に行っている。
例えばお友達と遊びに行っている。
 
そういった今までの感覚と
まだ、そう違わないからかもしれないなあと思います。
 


少し違うのは、マーケットでの買い物で、
MIKUの好きな何かを見つけた時、それがセールだったりする時、
ふと手に取るけれど、
・・・あ、いないんだった。 と戻す時・・・
 
ご飯、作る気がしないなあ・・・(←私)
ご飯を作る分量。 つい、作り過ぎた。(←パパが・・・)
 
洗濯物の分量も何もかも 2人分てコンパクト。
 
 
MIKUは毎日 一言はメールをくれます。
 
ごはんおいしかった とか、
どこにでかけたよ とか、
 
 
そんな一言。
 
 
メールなどあまりやり取りしないでください。
と、研修の時に言われたけれど、
 
メールやスカイプも来るので、
やっぱり寂しいのかなあ。と思っていましたが、
 
 
毎日、なんだかんだいろいろあると思うけど、
 
「大丈夫」
 
と必ず書いてくるので、
 
反対にこれは、
私たちに心配させないようにという気遣いメールなんだなあと思います。
 
 

私が東京に出てきたときは、もちろん、携帯もパソコンもない時代、
そういえば、電話だって部屋にはなかったから、
ひんぱんに連絡する環境はなかったけど、

でも、よっぽど必要以外ほとんど連絡もせず、
忙しいとか言って、夏休みとか、
お正月にも帰らなかった時もあったくらい・・・
 
親の気持ちを・・・その頃考えてみることがなかったなあ・・・
親の気持ちを思うと、いかがなものだったか・・・
 

でも、まあそんなわけだから、
 
そのうちメールやスカイプがあまりこなくなっても、
忙しく楽しくやっているんだろうなあと、
元気でいるんだということだから、
 
こないくらいでいいんだよ  っと、
 
私に言い聞かせて。
 
 
今までと大きく違うのは・・・
そうそうパソコンの前に座っていなかった私が、
メールボックスを開けてみちゃう 作業を毎日欠かさなくなりました。
(^ー^;) 
 

語学研修の学校は昨日卒業式だったそうです。
明日には皆、クイーンズランド州のどこかにそれぞれ散って行きます。
1校に1人なので、飛行機で移動という人もいます。
何せ、日本の4倍も面積のある州です。
 
MIKUもブライビー島に移動。
プリズベンから車で一時間くらいのところのようです。
ホームステイ先も変わります。
 
 
今まではホームステイ先は1人づつだったけど、
学校に行けば、研修を一緒にしてきた仲間たちがいました。
 
来週からは、学校でも1人。
 
さてさて、英語は大丈夫でしょうか。
お友達やホストファミリーとはうまくいくかしら?
学校はどんな感じ?
お家は?食べ物は?
 
っと・・・ ((^┰^))ゞ
 
 
まあまあ きっと大丈夫。


コアラ

オーストラリアに行ったら、何したいの?目標は?

2B団の忘年会の際にのざぴょんさんに聞かれた時、
「コアラを抱っこしたい」と言っていました。
早くも目標達成でしょうか。






留学の費用


 

お金のことをあれこれ書いたりするのはどうかしらと思いましたが、
 
留学に行きたい、行かせたいと思うときに、
やはり費用のことは、とても気がかりだと思います。
 
なので、少し書いておこうと思います。
 
 
東京都の「次世代リーダー育成道場」のプログラムの費用では、
 
事前研修費
(英語研修や歌舞伎、能などの鑑賞、講習会等)
往復の航空運賃
プリズベンでの英語研修費
学校の授業料(必須科目のみ)
ホームスティ費(食費込み)
 
を賄います。
これが今年度は60万円でした。
オーストラリア、ニュージーランド、アメリカとも同じ

保護者の収入によって減免制度もあります。
 
 
 
費用に含まれないのは、
 
 仝修場所への交通費
◆.僖好檗璽伴萋脆駘
 ビザ取得費用
ぁヽこ偉更塋欷
 
ァ‘本での購入品
 
Α\服
Аヽ惺擦悗慮鯆免
─ヽ惺擦悗了楡瀘租の後納金 
   必須科目以外の選択科目の授業料と教科書代
   修学旅行や研修旅行
 
 現地での購入品 (おこづかい含む)
 旅行・観光費用 
 後で送る荷物の送料
 
となります。
 
 
 
 仝修場所への交通費 約15000円
 
日本での研修は、いろいろな場所で行われました。
今年は八丈島から参加している生徒がいました。
研修は基本的には絶対参加で、7月から20回くらいはあったので、
交通費だけでなく時間的にも大変だったのではと思います。
 
 
◆.僖好檗璽伴萋脆駘僉
MIKUは昨年カナダに行ったので、
パスポートは持っていましたが、
未成年なので5年旅券 11000円 写真等で、1000円
 
 
 
 ビザ取得費用  約115000円
ビザ取得費用は意外とかかりました。
 
健康診断料(保険が聞きません)大使館指定病院で受けます。18900円
 
戸籍謄本 書留料 
学生ビザ申請実費
取得代行料
戸籍謄本翻訳料パスポートコピー認証実費  等で 約95000円
 
 
ぁヽこ偉更塋欷院168000円
海外旅行保険11か月分 歯医者さん治療費付  
 
歯医者さんなしで、約14万円
一番充実しているタイプは18万円を超えます。
 
 
ァ‘本での購入品
 
スーツケース23000円
ノートパソコン、USB、SDカード マウス等 120000円
コンタクトレンズ1day 1年分 45000円
メガネ 10000円
サングラス 315円 (300円均一ですませてしまいました)
 
他には
お土産 こまかくいろいろ 
(オーストラリアは食べ物、木製品の持込は厳しく、申告が必要です)
     和手ぬぐい、湯のみ、がま口財布、和紙、折紙、折紙本 など購入しました。
薬いろいろ
日焼け止めクリーム (必須)
雑貨、文具いろいろ
 
英和と和英辞書。
普段電子辞書を使っているのですが、
先生によっては、電子辞書が許可されない場合もあるので
持っていったほうが良いといわれました。現地では購入できないとのこと。
(これは重くてスーツケースに入れられなかったので、後で送ることに)
 
 
Α\服
オーストラリアは制服があります。
 
今は夏なので、指定の スカート、ポロシャツ。
 
靴は黒い紐皮靴。
・・・これは日本で用意するように言われました。
靴屋さんではみつからなくて、ネットで注文。
オックスフォードタイプで検索すると探せますが、ネットで返品不可だったので・・・
案の定、サイズがあわず、2足購入してしまいました。 (T^T) 
 
黒運動靴。白靴下。(日本で購入)
 
 
 
Аヽ惺擦悗慮鯆免
 
学校とホストファミリーの距離によりますが、
MIKUはバス代往復学割で一日400円くらい
定期券はなくGOカードにチャージするようです。
月に8000円〜9000円くらいでしょうか。

─ヽ惺擦悗了楡瀘租の後納金
   必須科目以外の選択科目の授業料と教科書代
   修学旅行や研修旅行
 
これはまだ不明です。
MIKUは、ダンスの授業はとろうと思っているようです。
魚をさばく授業(家庭科?)もあると聞きました。
 
 
 現地での購入品 (おこづかい含む)
 
現地ですぐ必要なのが、
交通費
制服代
学校への施設料等の後納金 選択科目の授業料 教科書代
その他、生活用品。
 
なので、10万円くらい現金で持たせてくださいといわれました。
その他はカードや送金、現地で銀行口座を開くということもできるそうです。
 
MIKUには勧められた、
キャッシュパスポートという、
日本円で振り込んで、オーストラリアドルで下ろせるカード
(デビットカードとしても使えます MasterCard)と
スルガ銀行のデビットカードをもたせました。(VISA)
 
ブリズベンはともかく、ブライビー島で、ATMは探せるかしらと少し心配でしたが、
ATMはちゃんとあるようです。そしてデビットカードとしても問題なく使えるようです。
 
 旅行・観光費用 
せっかくなのでいろいろ観てこれるといいなあと思います。
 
 後で送る荷物の送料 
けっこう高くなりそう!!
 
 
 
О聞澆蓮現時点ではまだよくわからないので、
またいづれレポートするつもりですが、

大きくも、細かくもいろいろ掛かります。
 
 
費用をふんだんに掛けられるならば、どんな風にもできるでしょうけれど、
家の家計を考えると、一年間であれ、留学費用は大きな問題でした。
 
「次世代リーダー育成道場」 に応募しなければ、やはり実現できなかったと思います。
 
研修も充実していますし、
費用的にも、やはり大変ありがたいと思います。
 
 
「次世代リーダー育成道場」は今年2年目、MIKUたちは2期生となります。
    
 HP    http://www.tokyo-jisedai.com/
 
 

 

スカイプ
 





「今日は学校はお休み、
多分夜はファミリーにご飯を食べに連れて行ってもらえるけど、
15時までは帰ってこないんだって。」
 
朝の7:30(ブリズベン8:30)にメールが入ってきていた。
 
普段も遅く帰ってくるので、あまり会話をしていない。1人暮らしみたいだと。
 

スカイプを繋いで、しばししゃべってから、
 

その後も、寂しいからとスカイプをつけながら勉強していた。
私もパソコンを横目で見ながら、洗濯物を干す。
 


小さい蟻がたくさんでてくるとか、時折会話をしながら、
 

パソコンに向かっているMIKUが写っている。
 
画面の中に入っているけど、MIKUがいる時と変わらない日常。
 


そして、
11:30(12:30) 約束の時間より早くファミリーが帰ってきて、

これから一緒にスーパーマーケットに行く♪ とスカイプを切る。
 

いい一日を〜。



ブリスベン


Cockroach !!






MIKUとスカイプでひとしきりのチャット中、

 


MIKU:なんてこった

 

mami: どないした?

 

MIKU: ゴキが元気よくとんでやがる

MIKU: 天井。

 

mami: でかい?

 

MIKU: 飯田橋くらい 
(今はマンションなので出ないけど、以前はビルだったので大きいの出た)

 

mami: 夏だし、自然いっぱいだし、飛び放題?

 

MIKU: でかい種

 

mami: ファミリーはいないの?

mami: ゴキブリ嫌がるの日本人だけ?

 

MIKU: さあ。。。


mami: 何とか追い出してみ

 

・・・

 

MIKU: うにーみえなくなった

MIKU: おーまいがああああ

 

mami: ごきホイ送らなくちゃか?

 

・・・

 

MIKU: あった

MIKU: ほいだしてもらた

 

mami: いかったな。これで眠れるな。忘れて眠るんだよ。

 

MIKU: へやいたら

MIKU: どないしよ

MIKU: かくれてたら

MIKU: どないしよおおおお

 

mami: 大丈夫。ゴキもMIKUが恐い。

 

MIKU: あしたも留守番やあああああ

MIKU: うおおおおお

 

mami: ゴキシューもある?

 

MIKU: ある

 

mami: よかったよかった。

mami: 強くなって、日本に帰ってからも、戦ってくれ。

 

MIKU: うい。

 

・・・

 

MIKU: これからじぶんのへや

MIKU: ちょうさ

MIKU: ( ;;)

 

mami: 荷物はきちんとしまって蓋をしておくんだよ。

 

MIKU: してないから

MIKU: いま

MIKU: こわいのよ

 

MIKU: ふだんはしとるよ

 

MIKU: いまごき

MIKU: (ノД`)・゜・。

 

MIKU: ゔーーーー

 

mami: (ninja) メッタメッタとやっつけてやれ

 

MIKU: あい

MIKU: おやすみー!!

 

mami: おやすみ 



その後、ゴキはでないけど、やもりがいたそう。。
やもりなら かわいいやね。 (๑˘ᴗ˘๑)

たぶん
・・

カンガルー




オーストラリア通信
 


 


 
その後のMIKUからの連絡。
 
「おりたたみこわれてた
かりるからおk」   
 
持って行った折り畳みの傘が壊れていたけど、
ホストファミリーに借りるから大丈夫ってことよね。
 
 ある意味英語より難しい・・・  (~- -)
 
 
傘を用意をしたのは私ですが、きちんとたたまれていたら、
壊れてるって思わないよね。
の前に、壊れてるって申告されてないし・・・
だいたい自分で用意をしないからそういうことに・・・ ( ̄□ ̄#)
 
・・・なんていつもなら小言をいうところだけど、
肝心の当人がいないしね〜。
 
 
そんな感じで、わかったのは、
 
バス代が高い。
4ドル×往復×10日で80ドル 約8000円強 
 
(1ドルは手数料があるので今103円くらいですが面倒なので100円とします。)
 
定期はなくて、 
GOカードというものがあって、Suicaのように チャージをして使うシステム。
 
 
ジュースは700mlで300円とか400円とか・・・これも高い。
 
 
プリペイド携帯は4500円 そしてチャージを3000円したそう。
(これは高いのか安いのかわかりません。)
 
 
 
ホストファミリーでは 
 
まず、シャワーは自由に使わせてもらえるみたい。
 
お水は貴重だから、シャワーは3分の砂時計を渡された。
なんて話も聞いてたくらい。
なのでMIKUはファブリーズとドライシャンプーを持っていきました。(^ー^;)
    
ご飯は、
冷蔵庫に入っているものは自由に食べてもいいけれど、
共働きのご夫婦のようなので、ご飯は自分で作るように言われたらしい。
 
朝はシリアルで昼はサンドイッチで・・・
夜は早く帰ってくれば作ってくれるらしいけど、普段は遅いから1人だって。
 

なんて聞くと食べ物いろいろ送ってあげたいけど、これは申告が必要。
なので、お菓子のひとつも持っていきませんでした。

家ではほぼ作ったことないからね。いい修行かも〜。(^▽^;)
 
 
ホストマザーの妹さん夫妻も、とてもフレンドリー。
お買い物とか付き合っていただいたみたい。
 
というか、妹さんまだ学生で、・・・幾つでしょう?
 
facebookで写真を確認。
 
というか、ホストマザー も若い。30才くらい?
 
 
 
いろいろ購入したり、ハウスルールとかもちゃんと理解できたんだね
 
って思っていたら、
 
妹さんのご主人が日本語が上手で、通訳してもらったって。 あらあら・・・
 
お二人は一昨日から日本に旅行に来ているとのこと。
スカイツリーや秋葉原や浅草、箱根など、回るらしい。
10日くらいの予定なので、MIKUがブライビー島に移動する頃、
帰ってくるらしい。
 
でも、オーストラリアに帰る楽しみが出来たって、
facebookに書いてくれてたよ。(しっかりチェックしている母)σ(^◇^;)
 
 
 
その後、制服用の紺のハイソックスは穴が開いてた。
ってメールが来た。
 
 
「くつした穴開いてた」
 
 
だからちゃんとチェックしなさいって・・・
の前に、
穴の開いた靴下をクローゼットに入れておくなって・・・ ( ̄□ ̄#)
 
 
って言っても、肝心の当人はいないしね〜。
 
┐(・へ・;;) ┌




大好きなオレオクッキー売ってたって。うれしそうな顔。








到着


1/13 7:25にシドニー到着(予定)。
そして10:05にシドニー発、10:35ブリスベン到着(予定)
時差が日本と1時間なので、日本時間では9:35に到着(予定)。
 
私は
服やらなんやら置いていかれた荷物たちが散乱している
リビングを片付けて(・・・いや片付け終わらなかったけど)σ(^◇^;)
ほぼ一日が終了。
 
無事に着いたかなあ、ホストファミリーはどんな人たちかなあ?
迎えに来てくれるのかなあ?一人で行くのかなあ?
英語は通じないだろうなあ。
何を食べたかなあ?飛行機では映画とかみたのかなあ?
いろいろと思い巡らせたりして・・・
 

そして、16時過ぎに 到着メールが・・・
 

無事到着。
wifiあった!
優しい。
あつい!


そんだけ!? ┐ (^▽^;)
 
まあ、無事ならなんでもいいけどね〜。


オーストラリアは真夏
ブリズベン
ブリスベン



出発
 


MIKUがオーストラリアに出発しました。



予想はしていましたが、
間際まで、バタバタでした。
荷物はほぼ私が用意していた気がします。
なにせMIKUが忙しすぎて・・・
 
そして、
ぎりぎりまで学校の宿題やら・・・冬休み長かったろ!
前日まで持って行くアルバムを作っていたり・・・夏休みもあったろ!
 
とりあえず、荷物をギュウギュウにつめました。(=^m^=;)      
 
一年分の荷物は果てしがありません。
とりあえず現在オーストラリアは真夏。
冬物はいずれ送るとして、
 
持って行きたい物を集めてみたら、
スーツケースに入れられる分量の3倍はあり・・・当然入らず、
 
削りに削って・・・
服も生活品も文具も本もお土産なども
とりあえず10日分くらい。  ・・・ってどのくらい?
服をペタンコにする袋も100均で買い占めて、
 
やっとなんとか入るくらいまで削って、
全体重を乗せて蓋をしめたら、


し、しまらない・・・


飛行機の制限重量 30kgをオーバー
 
削りに削って・・・
とりあえず1週間分くらい。 ・・・足りるかなあ・・・
で、ようやっと30kgをきりました。
 
よっしゃ!
これでよし、今度は手荷物。
こちらは余裕だろ o(>▽<)o ・・・と思ったら、
 
パソコンやら電子辞書やらデジカメやら、重要書類やらで
手荷物の制限重量 7kgをオーバー
 
こちらは削るに削れない・・・・
だって重要必要なものばかり・・・
 
それでも削りに削って
ハンドタオルをハンカチに変えて、
キーホルダーもはずして、
ファイルを薄くして、本当に本当に必要書類だけ
パソコンは削れないから、周辺機器はスーツケースに詰めて
(・・・スーツケースも重量ギリギリだったっけ・・・)
 
なんとか、7kgに・・・
 
しかして今度は周辺機器で、
スーツケースが重量がオーバー・・・/(-。-;;)\
 
 
を繰り返して、最後は隙間につめたポケットティッュを間引いて・・・
 
ようやっと、30kg弱に。
 
何度もスーツケースの蓋を開け閉めして、
体重計にスーツケースを(私は持てないのでMIKUが)持って乗って、
の繰り返しで、前日の夜から当日の朝出かけるギリギリまで・・・
 
これで私は疲れ果てました。( /_ _)/   
 

空港には少し早めについてランチをして、
その辺ぷらぷらするのかと思ったら、
MIKUもお疲れで、車で仮眠30分(^◇^;)σ
突貫準備で寝不足だったもんね。


日本での最後のランチ MIKUのチョイスは 

お茶漬け (=^m^=)

出発式があるので15時半集合。

皆のスーツケースも重そうだぞ!
手荷物7kgよりもっとありそうだぞ!
大丈夫かな???
 

出発式が終わって、緊張のチェックインは・・・
みごと29.9kg セーフ!!!
 
18時過ぎに出発ゲートに消えていきました。
手荷物はどうであったでしょうか・・・

そうして、19:50分の飛行機で飛び立って行きました。
 

いってらっしゃい〜 (≧δ≦)/〜☆






・ 

 

英語・・・
 


最初の10日間ほどはブリスベンでの英語研修。
こちらのホームステイ先情報は 出発の3日前の本日速達で来ました。
ギリギリとは聞いていましたが本当に。
 
お名前を見ても、どちらがホストマザーでホストファザーかわからない。
読み方分かったら、カタカナで送ってね。どっちがどっちか教えてね。
とMIKUに頼みましたが、いずれ分かるかしら?
 
 
住所は早速Googleに打ち込んで探索。
 
研修の学校からはけっこう遠いけど、お家は大きいかも

・・ひょうたん型のプール付き!
 

ブリスベンは地図で見ると街中を川がグネッと流れています。
池なのか湖なのかたまりが幾つもあります。
ホストファミリーの家は鳥のような形のウエストレイクのそば。
 ・・・ってことは湖ですね。
なかなか素敵なところみたい。
 
 
子供はいなくて、ペットもいない、マザーかファザーの妹が優秀な学生だった、
6ベットルームあり、庭にはプールがある
・・・なんていう情報が英語で書かれている。
 
フーム。
 
今回、いろいろな書類がほぼ英語で来ます。
学生のはともかく、親に送ってくる書類くらいは訳してくれればいいのに・・・
 
サインとかしなくちゃいけないものなど、
どこに何を書けばいいのか、よくわからない。
日付も2014/1/10なのか 10/1/2014にするのか もしくは1/10/2014??
 
見本くらいつけてくれぃ!
 
で、規約みたいなものは、だいたいの見当をつけて ほぼほぼ読んでない
・・・読めない。
まあ、日本語で書かれていても読まないかもしれないけれどσ(^◇^;)
 
MIKUにはいちおう「あなたがちゃんと読んでおきなさい」と言っておく。

 ┐(´∇`)┌ 
 

何もかも行ってみなければわからないけど、
何よりホストファミリーがいい人たちだといいなあ。




用意は?
三学期が始まりました。
MIKUは始業式のある本日だけ学校に行って、
クラスや学校の皆に「行って来ます」のご挨拶。
2年生になる時にクラス替えがあるし、
留学のため再度一年生の3学期に戻るので、
このクラスとはお別れ。学校も明日から休学します。
 
夕方、クラスで壮行会を開いてくれたそう。
40名中37名参加してくれたって。
都合のつかなかった残りの3名もメールや手紙をもらったって、
そして、皆で大きな写真切り張りパネルを作成しプレゼントしてくれました。
いいクラスだったね
 
 
ちいさくしちゃったけど60×45cmもありました。


雨が降っていたし、重いやら、悲しいやら、うれしいやら、悲しいやらで
泣きはらして帰ってきました。
 
帰宅後も皆がメールをたくさんしてくれるので、
泣きながらずーっとメールしていました。
前日も宿題で寝不足だったので、その日はそれで寝てしまいました。
 

・・・用意がまだ全然できていない!!

2学期はたしかに忙しかったけど、
まだまだ時間があるので余裕で準備できるかと思ってたのに、
冬休み前半はMIKUさん ほぼ何もせず、
後半は宿題に追われてMIKUさん 何もせず、
 
さて、これで用意しなくちゃ行けなくなるよ!っとはっぱをかけて、
ようやっと荷物を作るかと思いきや、
 
カナダ留学でも作ってホストファミリーに渡してきた、
自分や日本のことを盛り込んだアルバムを今回も作るんだって・・・

・・・これから?・・・
 
・・・ねえ、荷物は?・・・




AU$

 


オーストラリアドルに両替してきました。

つるつるとプラスティックみたいで、お札じゃないみたい。
そしてフィルムのように透明な部分も

新札なのですごくキレイだけど、
しわくちゃになったらこの部分はどうなるんでしょう。
豪ドル
この顔がツボ v(≧▽≦)v

誰なのか知らないのだけれど・・・






国立公園??
 




時間がたつのが早いです。
気が付くともう少しで10月も終わり・・・
 
きっと気が付くと今年も終わりってことになっているんでしょう。

ブリビー・アイランド・国立公園 
 
私は相変わらずの日々ですが、
MIKUは学校や留学研修で忙しい日々。
 
とりわけ、11月末の生徒会主催の学校説明会の準備で、
あと ひと月もあるのに、
学校では昼休みや放課後に打ち合わせ、
お弁当食べる暇がなかったと、帰ってから食べてたり…
帰宅後は深夜まで、ラインなどで打ち合わせながら、
パソコンで書類を作ったり…、
 
テストの時でもそんなにがんばらないでしょうというほど、
すでに睡眠時間を削ってヘロヘロになりながらの毎日を送っています。
あと ひと月もこんな生活なの?と聞くと、

・・・ ( /_ _)/ ・・・」 
 
こんなにたいへんだとは思わなかったと泣き言も言いたいところですけれど、
学説 最高責任者の立場。
これをやりたくて、この高校を選んだというくらいなのだから、しょうがないね。
 
・・・ (o_ _)o... ・・・」 


とはいえ、昔から、元気なようで虚弱なMIKUは、
とうとう、台風の気圧の変化と疲れと寝不足でダウン。
一日学校を休みました。(-。-;)┌  

私は仕事を休むわけにもいかないので、置いて出ましたが、
帰宅後、様子を聞くと 目が覚めたら14時だったとのこと。
少しシャキッとして、また部屋一杯に書類を広げていました。(^◇^;)
 
 
留学の準備も始めなくてはいけませんが、
MIKUがそんななので、なかなか買い物もいけません。
 
大きなものでは、ノートパソコンや、スーツケースとか
小間物はいろいろありすぎて・・・
 

そして留学する高校がやっと決まったようです。
早速、住所を打ち込んでGoogle Earthで見てみました。
 

海が近く自然がいっぱい。
いい環境・・・



 
学校HPの説明で、
 
私たちのエリアは
橋によって本土にリンクされた34キロメートルの長い砂島、
国立海上公園です。とありました・・・
 
HPのOur local area に上の写真。


国立海上公園の中の学校??


・・・たしかにそんな感じ。
 


HPの中こんな写真もありました。

大きい(広い)ので距離感がつかめませんが、
地図ですと 少し北にいくと、グレートバリアリーフです。



素敵!!


・・・ですが、生活するのにどうなのかよくわかりません。

お店の類がまったく見当たりません。

ストリートビューにして周り中走らせて見ましたが
素敵なお家はつらなりますが、 
どこまでいっても・・・ 


写真の左の家が沢山写っている先はもう緑ばかり
右のほうにいくと海
手前側の広い道路のこちらは川か海 で本島。
上は写真の通り海。

島だわ・・・

フムム・・・


徒歩3分かからずにコンビニやショッピングセンターのある環境から、
自然しかない環境に・・・
 

どんな風に生活し、成長するのか楽しみです。



いえ、不安もいっぱい。 σ(^◇^;) 




公開講座
本日は、荏原文化センター 大ホールにて
次世代リーダー育成道場の公開講座がありました。
 
講師は 株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長 
新 将命(あたらし まさみ)さん
『次世代のグローバル・リーダーに期待すること
〜グローバルの舞台で闘える人財になるための必須条件〜』
 
 
そして
 
五大陸ドラゴン桜e-Education project代表
税所 篤快(さいしょ あつよし)さん
 
『五大陸ドラゴン桜
〜最高の授業を世界の果てまで届けよう。〜』
 
 
 
新さんの、自身がリーダーとしての長い経験にもとづいての、
ユーモアを交えながらのお話は、メモを取りながら聞きました。
 
若いという特権は、
・体力のあること
失敗が許されること
夢と理想と好奇心があること 
 
短期目標とともに長期目標をもつこと
 
そして何かを達成するには情熱を持つこと。
足を止めないこと。常に前に進もうとすること。
 
情熱の5つの型は
1、自分が火をつけて燃える・・・・自然型
2、誰かが火をつけてくれれば燃える・・・・可燃型
3、自分からも、誰かが火をつけてくれても燃えない・・・・不燃型
4、他人の火を消す・・・・消火型
5、他人に火をつけて燃やすことができる・・・・点火型
 
等々・・・
 

税所 さんはまだ若く、失恋をきっかけに
大学生のうちにバングラデシュに渡り、
グラミン銀行の研究ラボ「GCC」で初の日本人コーディネーターになって、
現地の人々の声を聞いているうちに思いついて、
貧しくて教師の少ないバングラデシュで
初の映像授業を実施。

現地の大学生パートナーと協力して
貧困地域の高校生を国内最高峰ダッカ大学に入学させました。
2012年にはヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンでの活動を開始。
現在も仲間と共に、世界各地でこの方式を広めようと奮闘しています。
非常に元気で楽しい講演で会場も盛りあがりました。
 

若い税所さんも
若くない新さんも、
とてもパワフルです。
 

ーダーに必要なのは情熱の型の1と5を持つ人だそうですが、
 
親の私も、自分を高めることや、何かしなくちゃという気持ちに
なり、パワーをもらいましたので、
 
高校生の彼らにも点火してくれたのではないでしょうか。
 
 
公開講座終了後は次世代リーダー候補生たちは、
日本の歴史学習 時代考証家山田 順子 さんの講演。 
日本の伝統・文化 歌舞伎・文楽研究家高木 秀樹 さんの歌舞伎講義。
 
こちらは一般や保護者の参加は許されませんでしたが、
聞いてみたかったです。


・ 

能楽 研修
本日は、MIKUは
日本の伝統・文化「能楽」研修でした。
 
国立能楽堂で
能と狂言 そして謡と囃子の体験
装束着付けの実演見学
能と狂言の鑑賞 がありました。 
 
体験はそれぞれ短い時間でしたが、
実際に謡を謡ったり、
囃子はMIKUのチームは太鼓と小鼓
狂言は声出し
そして能は楽屋の説明と、
足袋を履いて本舞台にあがらせていただいての型の体験。
 

ロビーにあるモニターで見ていました。



装束着付けの実演見学からは親も参加してよいとのことでしたので、
せっかくですので私も行ってきました。 o(^-^)o
 

能も狂言もテレビでは観たことはありましたが、
実際に観るのは初めてです。
もちろん国立能楽堂に行くのも初めてでした。
 



装束の着付けは普通の着物の着方とはまったく違って、
興味深かったですし、
能面は、面の左右についている紐1本で着けます。
それだけで落ちないのだそうです。
でも面をつけると視野は大変せまく、足元などはまったく見えないので、
能舞台の柱などで自分の位置を確認するのだそうです。
いろいろと説明いただいて面白かったです。
 
演目は 狂言は『棒縛』 能は半能で『熊坂』でした。
 
『棒縛』は歌舞伎でも見たことがあり、わかりやすく、
手を縛られながらも、なんとかしてお酒を飲もうとする2人の姿が
笑いを誘います。楽しく観ることができました。
 
能のほうは、大泥棒の熊坂と牛若丸の戦いの場面とのことでしたが、
舞台に牛若丸は登場せず、絢爛豪華な装束の熊坂のみ。
能なので、そうそう動くものではないし、
鼓や太鼓がいい音をだしていますが、何を謡っているのかよくわからないし、
うむむむ・・・という感じ σ(^◇^;)

MIKUたちは前もって下調べしてあり
・・・宿題ですから (^◇^;)σ
シテとかアドとかの能・狂言の特殊な言葉もわかっていたそうですが・・・


9月には歌舞伎の研修もあります。
それも観にいけるかしら。

楽しみです。




次世代リーダー育成道場 オーストラリア
8月8日(木)は、東京体育館・会議室にて
次世代リーダー育成道場の各コースの渡航オリエンテーション及び
コミュニケーションに関するワークショップが実施されました。

http://www.tokyo-jisedai.com/25report/report03.php


この留学には冬出発コース(来年1月出発)と
夏出発コースがあります。(来年の8月出発)

MIKUは冬出発コースで応募しました。

冬出発コースは、オーストラリアか、ニュージーランド。
どちらかですが、こちらで選ぶことはできません。


本当は中学の時に行ったカナダに行きたかったようですが、
カナダかアメリカは、来年の夏出発となります。

高校2年の夏休みから一年。
休学して学年を1つ落としますので、
帰国して また高校2年の夏休みあけからとなりますが、
中途半端になりそうです。

MIKUの高校では1年が終わるとクラス替えがあり、
2年、3年は同じクラス。クラス行事も多いので、
冬出発なら
帰国して(1年下の子たちと)1年の3学期を過ごし、
クラス替えをして、2年3年と落着いて過ごせると思いましたし、

カナダの夏は涼しくて快適でしたが、冬はものすごく寒いのでは…
なんてことも想像して。(^▽^;)

カナダは素敵な国だとわかったので、ぜひまた行くとしても、
他の国も経験してみるのはいいのではと。

結局今年の夏出発コースはカナダがなく、
アメリカのみとなったようでしたが…


というわけで、冬出発コースを選んだわけですが、
この日、オーストラリアに選考されました。

どちらでもいいなとは思いましたが、
本人はどちらかというとオーストラリアに行きたかったとのこと。

なので、「やった!オーストラリア」 と研修先からメールがきました。


国が決まるとビザの取得とか、いろいろ手続きを始めなくてはなりません。
けっこう大変だ〜。

いえ、MIKUが頑張っているから、私もがんばらないと…。





・ 

次世代リーダー育成道場
1年前、MIKUさんは区のプログラムで、
カナダ短期留学に行かせていただきました。
 

部活動との兼ね合いで応募するかしないか迷ってはいましたが、
こんなチャンスはないよ!と、背中を押しました。
 

研修をこなし、カナダでの10日間は、とても楽しく、
貴重な経験をさせていただいたと思います。

「帰ってきたくはなかった。」が帰宅第一声。
「また行きたい。次は1年くらい行きたい!」が
その後の言葉でした。
 

・・・チャンスがあればね。
 
 
そして、高校に入学して、そのチャンスが再びめぐってきました。
今度は東京都のプログラム「次世代リーダー育成道場」です。
 

東京都教育委員会は、東京都教育ビジョンの一環として、
世界を舞台に活躍する 国際感覚豊かでタフな若者を 
東京から輩出するため、
留学にチャレンジする 高校生の支援プログラム
「次世代リーダー育成道場」
を開設しました。 
 
 
昨年4月に1期生の募集があり、昨年は、
1年間の留学・短期留学・短期留学+1年留学の3コースあり、

研修を受けた後、
今年の1月にまず、1年間留学の人たちがオーストラリアに出発し、
留学中。
3月にアメリカ短期留学があって、
そしてその後、+1年留学の人たちは、
この8月にアメリカに出発するそうです。
 

今年4月に2期生の募集がありました。

アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド
この4カ国の中で、選ぶことはできませんが、
今年は1年間の留学のみ。
来年の1月出発コースと8月出発コースの募集です。 

事前研修と留学後の事後研修、研修報告会、合同研修会等が
義務づけられています。
もちろん成績が悪ければ、留学はできないとのこと。<(_ _)>


1年間の留学は学校によっては単位として認められますが、
MIKUの高校では英語はともかく、他の科目については、
1年間のブランクは難しいでしょう。
留学することによって、1年間休学し、
学年をひとつ落とすことになります。
 

せっかくクラスにも慣れたのに、
帰国後に下の学年になるのはなあ・・・
 

1年間も大丈夫かなあ・・・
 

そして、研修もかなり大変なものと聞きます。
ただでさえ、学校の予習や課題に追われ続けているのに、
さらに道場の研修や課題やレポートをこなせるのか・・・
夏以降の日曜日はすべて研修や講習に費やされます。
(=^m^=;)  
 

どうしようかなあ・・・MIKUさんはやはり悩みます。
 
 

でも、カナダ短期留学に引き続き、こんなチャンスはないでしょう。
 
 
 
東京都の後ろ盾があっての留学でなので、安心感も違います。
 
費用はもちろんかかりますが、
事前研修や、留学の渡航費、滞在費、学費等を含め、基本的な経費は
都に多くを負担していただけるので、格安です。
我が家としてはここは大きなポイントです。
 
行かせてあげたくても、通常、年間250万円〜500万円程度、
交換留学でも200万円近くはかかるそうです。
簡単ではありません。
 
 

ポジティブな私はこう考えます。

受かったら、留学できてうれしい。
しかも1年間 お弁当なし(・・・そこ?)

受からなかったら、さびしくないし、
大変な準備もしなくていい。   ・・・と。 d(*⌒▽⌒*)b 
 


応募しても受かるとは限りません。
応募してみるだけしてみたら? 背中をけっとばします。
 
 
ということで、作文書いたり、いろいろ書類を用意して高校に提出。
学校から無事、推薦をいただけました。
 
 
行きたいなあ。 が 行けるかも・・・に。
 
 
結果がくるまでに2ヶ月ほど。
 
 
合格しました。\(≧▽≦)/ 



15日に入校式がありました。

都の教育委員会、各国の大使の方たち、
各学校の校長先生たちも出席されました。
 


さっそく研修内容や研修課題の一部を渡されました。

本を読んでの感想文やら、英語の問題集一冊まるまる。
・・・これは宿題です。

次の日曜にはさっそく留学のためのSLEPテストを受けるようです。


英語の研修ばかりでなく、歌舞伎や能の鑑賞もあるようです。
(いいなあ・・・)

でも、その前と後にはしっかりレポートの提出があります。
(そ、そうでしたか・・・)



・・・行く前に 終わりそうだ・・・MIKU   うむ(^◇^;)σ




そして私は・・・

・・・何から どう準備したらいいのかしら??



で、・・・1年もいないことを考えると・・・

やっぱり非常に寂しいかも・・・

(;∇;)





| 1/2PAGES | >>