まあや

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

「GODDETH」 まあや

「跳」 JUMP まあや

Guest

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

新盆


お盆は実家ですごしました。

お寺に行き、お墓参りをし、迎え火を炊き、お坊さんが来て、
送り火をし、お墓参りに行きました。

何事も正式なやりかたはわからなかったので、
親戚やいろいろな人に聞いてみながら、でも
聞く人によってそれぞれだったから…

気持ちがこもっていればそれぞれのやり方でいいのかなあ。




お盆に父は帰ってきてたのかな。

一緒に住んでいなかったから、
普段は、父がいなくなった感はやはりあまりないのですが、

最後の日に、もう意識がなかったはずなのに、
かけつけた私の顔を見て、にっこりしてくれた父を思い出すと、
今も切なくなります。

思えば心配ばかりかけていた気がします。
不詳の娘ですが、
こんな私をすごく待っていてくれたのかと思うと、
とても切ないです。


最後は一緒にいられてよかった。
待っていてくれてありがとう。


実家に帰るたび、
父の遺品などを少しづつ整理しています。

たくさんの洋服と趣味のもの、ゴルフ道具、骨董品、本・・・

いろんなものがありすぎて、なかなか片付きませんが、
使わないからとぽいぽいと捨ててしまう気にならないので、

少しづつ片付けるから、
母がまだ元気なうちは、
この家とともにあってもいいのかなとも思います。

盆栽などは、
弟が毎朝、会社の前に寄ってお水をあげてくれていますが、
剪定したり植え替えたりしてあげられないから、
いづれは駄目になってしまうでしょうか。


これ持って帰ってもいい?と何度、母や弟に聞いたかしら。

たいそうなものよりも、
他愛のないもののほうが、父を感じられて、

おいといても捨てられちゃいそうなものを、
うちに非難させたりしています。





私がいなくなったら、私のものと一緒に処分していいからねっと。
MIKUに言ってみたりして。


まだまだ先の話 だけどね。






| 1/1PAGES |