profilephoto

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

変わってない?
今日は稽古場に山本さんがやってきました。
彼は、私が大学時代にいたプロダクションの同期でしたが、
その後ダンサーの道を歩んだと聞いていました。
ちなみに後輩には音響の前原さんがいます。
 



最近、中学や高校の同級生とか、芝居を始めた頃の仲間とか、
そんな懐かしい人たちが、改めて観に来てくれています。
 
山本さんも
2B団の初期のころ何度か観に来てくれていました。
最近また来てくれたのは、藤井さんのお誘い。
現在、藤井さんと職場が一緒で、上嶋さんとも、輝ちゃんとも、
前回の舞監の本さんとも、お知り合いだったなんて、
何だか世間は狭い。
 
ワークショップをやっているので、稽古場を貸してほしいとのこと。
まだまだ片付かないすごい状況の稽古場ですが、下見に。
 
所作や、しぐさや、歩き方や、芝居やダンスの・・・連動?融合?結合?・・・
まあそんな話をしたのですが。。。
 
芝居かわらないねぇと・・・
(そういわれりゃ・・・た、たしかに変わった気はしませんが・・・)
 
 
中学の同級生たちも言います。。。
歳はとったけど    かわらないねぇと・・・
(↑これよけいだし。↑なにが・・・)
 

相変わらずですみません・・・

新しい春

いろいろ新しいことが始まる春。
私は学生の時、就職活動を一切せず、つまり就職せず“新社会人”感覚がないので、
“新”というと東京に出てきた春を思い出します。


春

 



東京に出てきた年、大学の1年を寮で過ごしました。
東京に出る条件、
その1 卒業したら帰ってくること。
その2 寮に入ること。
結果的には両方守れなかったけど(^。^ゞ 

寮生活は、それはそれで楽しいものでした。
一人暮らしの心細さとは無縁ではあったし、地方から来ている人ばかりなので、
特色ある楽しい人たちが多くて、友人もたくさんできました。

そこでは・・・上級生のことを「おねえさん」と呼びます。
ご挨拶は「ごきげんよう」(これは大学でも)
和室に入る時は、スカート。靴下を履く。三つ指をついて、
「失礼します」と声をかける。
しょっちゅうお茶会なるものが開かれていました。

こういうことには、いがいとすぐ順応できました。

難しかったのは・・・なんと門限が8時!

8時なんて、舞台、観にいけないよ。(-"-;)   
東京に出てきた目的は何といっても「芝居」なのだから…

遅刻したら? …罰則とか、外出禁止とか、何回か続くと退寮なんてことにも。

「遅刻届」は出せました。
出かける時申請していく・・・最大9時まで。
9時なんて、やっぱり舞台みにいけないじゃん…(*-゛-)

「外泊届」という手もあるにはありました。
3日前に申請しておく、出かける時、その申請書をもらう。
外泊先では、その申請書に一筆書いて印をもらってきて、帰寮時に提出。

しかも・・・外泊先は、入寮の時のアンケート
「東京に親戚、知り合いはいますか?」の欄に書いたところのみ。
その時書かなかった人は外泊できません。
新しいお友達?そんなもの認められません。
私は、そこに祖母の名と友人1名の名を書いていました。
そこには泊まれるのだけど・・・一筆と印ね。

一年はがんばりました。・・・遅刻?しませんでした。
遅刻届と、外泊届は駆使しましたけど。
そして、何度も駅からのすごい坂道を必死で駆け上りましたけど。
でも、芝居したいとなると、当然無理。
一年で晴れて退寮させていただきました。
そして、卒業後、帰らず今に至ります。

今あの寮則はどうなのかなあ。それこそ今時門限8時だったら、
誰も寮に入らないと思うのだけど・・・

4月になると、新入生とか新入社員とか、たくさんの人が
新しい生活を始めるんだろうなあ。
ピカピカな気持ちなんだろうな。


maiya


KID 忘年会
今年最後の忘年会はKIDの友人達と。

サッちゃんの新居にて。
すごいぞ、3階建て。新しいお家の匂いがします。


こちらも、持ち寄りパーティーです。
今年は6名+0.5×2名。集まりました。



いろいろおいしそうなものがたくさん並びました。
チリビーンズとか、ゴマ味噌団子鍋(今度作ってみよう)とか、マリネとか、
パンも手作りですって。
私も煮物と、和え物を作成。



おいしかったのはもちろん。
でもよりおいしいのは、やっぱり皆で食べるから。だなあと思います。

そして・・・・飲んだのは6名ですが・・・
開いたお酒は、スパークリングワイン2本・赤ロゼ白ワインそれぞれ1本づつ計5本・・
そして、ビールと発泡酒。
4時間半くらいの間です。

話題はさまざま、現役(?)の皆さんたちなので、ふむむむ・・・
お酒入ってるので、なおさら、むふふふ・・・
そして・・よく泣かれる。 な、泣かしてないよっ!


レイちゃんとサッちゃんから、京都のお土産もらいました。
「京都限定竹炭歯ブラシ」金閣寺の絵付き & 昨年の忘年会の写真
そういえば、夏の台湾のおみやげ・・・未だ・・
    http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=11



みんなちゃんと帰れた?わけもなく、なんとか終電には乗ったけど、
途中下車で朝までコースに突入したんじゃないかな?


オンシアター自在社 &大野ちかさん情報その2
盛岡に『オンシアター自在社』という劇団がある。
2B団を立ち上げる前にたびたび客演させていただいた。

「楽園のドア」

作・演出が女性そして、強烈に素敵な女優さんが2人。
かわいい男の子達がたくさん。もちろんかわいい女の子もたくさん。
というのが私のイメージなのだが、
今もそうかしら。

セーラー服と機関銃?

遊眠社で知り合い、いっしょにライブなどした、大野ちかさんに
「盛岡に行かない?そして、出ない?」と誘われた。

静岡でのライブが あまりに楽しかったので、
そのネタをもって、はるばる盛岡まで。
盛岡に行ける ということだけでうれしかったのだけど。


それから、何度通ったろう。どのくらい盛岡に滞在したろう。

最長の時で1ヶ月以上いた気がする。
最初は大野さんご実家に。
そののちは自在社座長宅に居候させていただいた。
(今思うが、私の生活はどうなってたんだろう?)

思いっきりいろんなこと(役)をやらせてもらった。
「・・・私がやってもいいんですか?」何度となく聞いた気がする。
歌もダンスも芝居もコントも・・・コスプレのようにいろいろな衣装を着た。
特にドレス関係はたくさん。(^。^ゞ

TVやラジオ、CMにまで出してもらった。
公演やイベントでいろんなとこに連れて行ってもらった。
盛岡公演をはじめ、東京はアゴラ劇場、浅草木馬館、
そして、仙台、青森、函館、新潟、弘前・・

チーズとミルクのイベント 「It'sバラエティSHOW」ドクターストップ参上! 浅草木馬館にて「笑う宝塚」ロミオとジュリエット
  

盛岡は冬はすごく寒いけど・・
(寒がりな私は盛岡の人の3倍は着込んだ気がする)
皆とてもあったかくて、
穏やかな方言まで、大好きになった。 (〃^ー^〃)
たくさんの人たちとの出会いもうれしいものだったし、
何より、何でも自分達で作っていく、
そんな小劇場の公演体制を私はここで学んだ。

遊眠社はもう大きかったし、KIDも自分達でなんでもするけど、
やはり小劇場にはあてはまらず、もっとメジャーだった気がする。
柴田恭平さんいたし。

チラシも宣伝も全部自分達、装置作ったり、衣装縫ったり、
全部自分達でやれるんだ。できるんだ。
自分達で!! 


自在社で舞台つくりを目のあたりにしなかったら、
公演を劇団を自分達で!なんて思わなかったろう。

この自在社での体験が、
私の 「2B団つくろうよ!」のきっかけとなりました。

「エイジング」


オンシアター自在社の次回公演 「It'sバラエティSHOW」
11月16日〜18日、岩手県公会堂
チケットはローソンチケットにてお求め頂けますとのこと。
Lコードは23358


そして、大野さんライブ情報その2
  
前回の苫小牧ライブが好評だったので、来年4/24から5/2再演決定しました。

11/5には  新宿三丁目ステージQui@ 2階
11/7     新宿三丁目ステージQui@ 地下1階
11/8・10・15 赤坂ボンボラ
11/12  上野池之端ライブスペースQui
11/14  音ステージQui  
いずれも綺羅星のような歌姫達☆との共演だそうです。

ペットショップガールズ
若かりし頃・・・
静岡市の今はなきライブハウス、「静岡インクスティックでライブをしませんか?」
というお話をいただいた。

ペットショップガールズはそのために結成されたユニットだ。
遊眠社の時、知り合った女の子4人で、歌あり踊りあり、芝居仕立てのコントありのライブ。



静岡で2〜3ヶ月だったろうか、
週末は東京に帰ってきてもよかったのだが、月〜金の夕方からの3回ステージ。

土日お休みのところが静岡らしい。当時、20時過ぎると街はシーンとしていた気が。
昼間はその日のネタ(?)あわせなどしつつ、静岡の町を徘徊したり、 おいしいもの食べに行ったり。

ライブには私達のほかに、週替わりで、ヒップホップやダンスの人たち、
DJやトークやお笑いの人たちも来てたので、
違う世界の人たちとの交流(?)も楽しいものだった。
そして、静岡は人も街もやさしかった。

フェアチャイルド ズ??

ピンクレディ ズ?

実は今思えば、歌も踊りもコントも、そういってしまえば芝居も得意ではないのだけど(^。^;;
やってしまえるのが若さ(?)の特権。

ベルサイユのバラ?

アイドル??な私?

本人はものすごく楽しかったので、、まわりもお客さんも巻き込んでの、充実した、
そして飲んだくれた時間を過ごしていた。

出演の皆さん達

そして、今思えば、携帯なんて持っていないあの頃、行ってしまえば行きっぱなし、
電話嫌いな私なので。
友人達は行方不明にでもなってるのではないかと、思っていたかも。

その前は大阪公演で1ヶ月行きっぱなしとか、全国縦断で行きっぱなしとかだった私・・・
この後も盛岡に行きっぱなしとなっていく。

ほとんど家に帰れなかった時代。

観客数2万7千人 の初舞台
何万人もの津波のような拍手、豆粒のようなお客さん・・・
残念ながらうるとら2B団の公演ではない。
1986年 劇団夢の遊眠社の、代々木体育館での三部作一挙上演
「石舞台星七変化」
・・これが私の遊眠社での初舞台だ。

3部作の第1作目「白夜のワルキューレ」開演前 後ろに見えるドームの策は2作目「彗星のジークフリート」

まずは、スローモーションでお客さんに手を振りながら舞台に出て行く・・
すっごく気持ちよかった!!お客さんの歓声が嵐のようでした。

1日で三部作を一挙に! 1本毎に休憩があったけど、マチマチソワ というのかしら。
たった一日の壮大なイベントでした。
大きな盆に3本分の装置を乗せて、1本終わると大勢で「せいの!」で廻すの。
もうそれだけですごかった。

2B団座長 門間利夫 3部作通して 忍者フジ丸 役   もちろん宙返りビュンビュン!

初めて夢の遊眠社を見たのは、1981年 
まだ東大の構内にあった駒場小劇場での公演「ゼンダ城の虜」の初演。
元キャンディーズの伊藤蘭さんが客演で、ただただ蘭ちゃん見たさで、
2B団の音響の、若かりし前原さんに連れて行ってもらった。
(もちろん、そのころは うちの座長もまだ入団していない)

これは第43回「ゼンダ城の虜」遊眠社最期の公演 門間利夫 釣り下がってるのが門間さん 力技です。

それまで、俳○座とか文○座しか見たことのなかった私にはけっこう衝撃的で、
めちゃめちゃ面白かった。
で、「こんな舞台にいつか私も立ちたい」

・・願えばかなうもので、何年か後、受かるはずもないオーディションを受けて
(4000倍以上だったっけ?)なぜか受かってしまった。

奇跡だ! (私もだけど、私より周りがびっくりしてた。・・だよね)

案の定、入ってからは大変だった。したこともない肉体訓練の日々!!!
舞台なんてほとんど素人の私だ。もっと勉強してから入団すればよかったと思ったけど、 そのタイミングだから入れたのだろう。

代々木もすごかったけど、東京と大阪で1ヶ月づつの公演とか、全国縦断とか、
野外の舞台とか、サーカスの練習や、津軽三味線の稽古。
そして野田秀樹さんを始め、今舞台やTVで活躍している人たちと、
身近に接していられたことも。
私にとっては本当に貴重な経験をさせてもらったと思ってる。

第34回公演「野獣降臨(のけものきたりて)」 ジャグリング練習しました。 第33回公演「明るい冒険」

そして1992年遊眠社解散が決まり、立ち上げた「うるとら2B団」を本格的に起動させることとなった。
立ち上げる経緯は  http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=3

そんなにすごいところにいても・・
まあやさんは・・まあやさんで・・演技力に反映されてるとか、ばりばり身体が利くとか・・

そういうわけではないらしい・・

初演の「半神」での私 

いつまでも つたない私です・・・

でも・・心意気はね!!
・・・そういうところが「いい!」・・・(自分で言ってるし・・)

パンフレット達


マイ チ ビ ク


黒猫ミークを飼ってたとき、もう1匹、短い間(2.3ヶ月だったかな)だったけど子猫を育てた。

ケーキの箱に、生まれたばかりと思しき子猫が4匹捨てられてた。
3匹はすぐ引き取り手がみつかったけど、あと1匹が・・
「1匹も2匹もいっしょでぃ!まとめて面倒みてやらぁ!」と
いきなり江戸っ子になり、預かったのだ。(猫禁アパートなのに・・)

よく飲んだ

茶トラの女の子。名前は当時好きだったバレリーナ、ジョルジュ・ドン(男性だけど・・)から
ジュジュと名付けた。


当時ウサギのぬいぐるみには、ピョンタ・にんじんすき(ニジンスキー) 
猫の置物には、ポンタ・バジリコフ(バリシニコフです)と名付けてた。
ちなみにマイヤ・プリセツカヤ が まあや だという説も・・ あっかんべー

よく寝た

ジュジュという名を付けたにもかかわらず、ミークがいたので、
チビクと呼んだ。

いきなりお姉さんとなったミークが世話を焼こうとするが、
やんちゃなチビクが「いらんわい」とばかりに猫キック!
ミークが焼もちを焼いて、ひざの上を取り合う。なんて、ほほえましい光景もあって、面白かった。

  


チビクはほどなくもらってくれる人が現れ、旅立っていった。
もらわれた先の子供達から、新たな名前をもらったらしい。・・「タマ」。

一年くらいして、一度だけ写真を送ってもらった。
ジュジュは・・・デカ・どら・タマになってた。

マイミーク


猫を飼ったことがある。ずいぶん昔の話だけど。

それまで、私はどちらかというと猫より犬好きと思っていた。
猫は、金魚や小鳥の天敵だったし、
私の母は猫が嫌いだった。だから飼ったことがなかった。


黒い子猫が道を渡ろうとしてた。

車に轢かれる!

思わず抱き上げてしまったら、そのまま放す気になれなくなった。
しばらく親猫を探してみたが見つからなかった。
ほんとは飼ってはいけなかったんだけど、
アパートにつれて帰り、それから子猫との二人暮らしがはじまった。

名前は大好きだったバレリーナ、ショナ・ミルクから。
でも、真っ黒な猫にミルクはどうかなと思い、ミークにした。

行かないで


生まれて始めての猫との生活は、大変なこともあったけど、楽しかったし、
ずいぶん助けてもらったと思う。
(そういえば、ミークといるとき、ゴキがでたことがある!
ミークはお尻を振り振り、かかっていった。この時ほど猫と一緒でよかったと思った。
・・・でなく、寂しい気持ちをずいぶん助けてもらったと言う意味。)

お風呂上り・・ET?

家に帰るのがとても楽しみになった。待っててくれてるミークがいる。
家を空けられなくなってしまったけど。

2年と少し一緒に暮らして、白猫さんのところにお嫁さんにだした。
どうしても飼えなくなっちゃったから。
離れるのはすごく悲しかったし、彼女にとってみたら捨てられたと思うのでは。と、
最後まで飼ってあげられないことが後ろめたくもあった。

3ヶ月くらいして「仲良く暮らしているわよ」と連絡が来たので、一度だけ会いに行った。
わかったのか、忘れてしまったのか、
でも、「ニャオ」と一言ないて、
あとは私にはあまり興味なさそうに、だんな様のところへ戻って行った。

黒猫を見るとミークとのいろんなシーンを思い出す。
真っ黒で、長い尻尾の先がちょっと折れている。それがミーク。

私の好きなワチフィールドにも黒猫がいる。主役ダヤンの影 チップだ。  


夢はシュークリームシュ
米米CLUB
解散後また再結成されて活動しているようだけど、
先週くらいからTVによく出ている。CD発売するのかな。
変わらずカールスモーキーさんの話はよくわからなかったりする・・

そしてまたもや昔のはなしだよん・・えっと、今回は10年くらい前。

私はバラードが好きだけど、変な歌も好き。
(んー、爆風スランプとか、 筋肉少女隊とか、氣志團 とか)

米米も両方あるので、コンサートが面白かった。


私はあのコンサートで一緒に踊りたかった。
一度でいいからシュークリームシュになりたい

・・・という夢を持っていました。
持つのは自由だから。
そして、夢は突然かなっちゃったりするものだから。


私はダンサーでもなければ、踊りが上手なわけでもない。
(・・ごめんなさい下手です)
でも、どこをどうしてどうなったか・・ある日私にオファーが来た。


米米CLUBと踊りませんか?・・お仕事で。」


キャー!・・・・米米CLUBと踊れる!しかもお仕事、つまりギャラあり!!
\( ^∇^)/ 


もちろん二つ返事で受けたのは言うまでもない。
もちろんギャラなしでもやったでしょう。
たとえ着ぐるみ着たって踊ったでしょう。・・・なにせ夢だったんだから。


・・・・・着ぐるみでした。


てるてる坊主みたいなの・・。
背中に羽根があったから天使なのかも。

でも米米さんには思い入れのあるキャラクターなんだって。
ダブルドリブル」という名前までちゃんとあった。
「どうしてもこの曲はダブルドリブルを復活させたい」という
強い思いで実現したんだって。(なんの曲だったか忘れました・・・)

だから着ぐるみでもゲスト待遇でした。
ちゃんとカールスモーキー石井さんも、ジェイムス小野田さんも、
本物のシュークリームシュの人たちも、
「頑張ってねー」と声をかけてくれました。

始まる前にVや資料などを見せられ、その強い思いが伝わってくる。



・・・大丈夫か私・・・


さて、ちゃんと踊れたのか?・・聞きたい?


私はけっこうがんばってステップ踏んだつもり。

そしたら・・・

「そんなにちゃんと踊らなくていいよー。もっとゆるゆるでいこう」
・・・・(ふらふらしてるだけ)・・・・
「いいよーGOODだよー」

でも!一応シュークリームシュな気分満喫。


谷山浩子さん好きの瑞穂ちゃんが、
今、谷山さんのコンサートで歌っている
・・・これはすごく夢がかなってると思うけど。

私もささやかながら・・夢はかなった (てた) ・・・よね。

前世


友人の友人の友人に、「よく見える」という人がいる。
何が見えるのだろう・・と思い、見てもらった。

「前世は エジプトの神官に仕える人 。(ありがちだなあ)
自分一人で力を発揮するのではなく、誰かを支えてのし上がるタイプ。
しかし、どの前世においても あまり結婚には縁がなかったみたい、一人でいることが好きでしょう。
(一人がいいの?一人じゃだめなの?)
オーラは明るい緑、少しだけ赤も見えます・・・」


前世より、今後どうなるのかを知りたかった。

「それは教えないことにしています。 運命は自分次第で変わりますから。」

・・・


ところで、前世の脳内メーカーというのもできたんだね。

やってみた。本名で ×××  w(☆o▽)w 
前世の私って・・




前世の脳内メーカー
http://maker.usoko.jp/nounai_zense/


脳内メーカー




私も試してみました。

本名でやってみたら(下)・・うーん(*・゛・)。
これは・・劇団の制作を長くやってた賜物・・?


脳内メーカー
http://maker.usoko.net/nounai/

脳内相性メーカー
http://maker.usoko.jp/nounai_ai/


何メートル泳げますか?
8月になりました!今日は8月らしい天気 暑い おてんき

暑いの嫌いだけど、夏は好き。
陽に焼けるの困るけど、海は好き。・・・でもプールは苦手。

小1から小3まで草津温泉で暮らしました。今でさえリゾート地だけど、
その頃はただの温泉街。湯治場だった。

毎日温泉に入ったおかげで、喘息やアレルギーは治ったけど、
たった一つの小学校(今はどうかな)にはプールがなかった(今はどうかな)。
冬はスキーを担いで学校に行った。体育はスキー。
夏は・・涼しすぎてプールなかったのかな?(今はどうかな)

   ちなみに草津小学校のクラス編成は、松、竹、梅だった。
   ・・・私は三年間、竹組・・

なので、小4の夏にプール初体験。
もちろん私は泳げない。初めてなんだもん。
小4ともなると泳げない人はほとんどいない。ということも知らなかった。

カルチャーショック!! w(☆o▽)w

その夏休みは学校のプールに通いつめて、どうにか泳げるようにはなった。なったけど、苦手意識はあの夏の驚きとともに今も変わらない。

泳ぎは苦手、陽に焼くのもいや となると、プールに何の楽しみがある?
・・・ありました。浮輪OKの屋内プールで、ただ流れる。・・・これは好き。

あなたは何メートル泳げますか?

私?・・・多分20メートルくらいは・・なんとか。 平泳ぎ もどきで。


西遊記


最近映画公開のせいか、あちこちで西遊記を目にするけど、西遊記といえば、私の中では夏目雅子さんだ。

もちろん今の香取くんのも好き。映画はまだ観てないけど、TVは多分全部見ました。初回はキムタクが出ていてびっくり、ニワトリかと思ったら、不死鳥かなあ・・ポロッポウとは鳴いてはいなかったけど・・今まで神様だと思っていたけど老子役の大倉さんも面白かった。

そして私の中の三大三蔵法師は、夏目雅子、深津絵里、それから記憶に新しい、なんといっても最強の池上映子となった。


これは自慢話だけれど、夏目雅子さんとお会いしたことがある。(自慢なので、もう何度も話してるから知ってる人多いと思うけど)

私のTVでの初仕事は、その西遊記だった(何年前かなんて、計算しないように)。
西田敏行さんの猪八戒に、ご馳走を食べさせる美女だか妖怪だかの役。セリフも一言二言の、ワンシーンだし、西遊記の中にはそんなシーンは数あるし、当時ビデオなんて持ってなかったから、自分でも見たことはない。
今レンタルやさんにあるらしいけど、チェックはしてない。だって、見つける自信ないし、シーンカットされてたら悲しいもん。

で、自慢はここから・・メイク室で、夏目雅子さんとご一緒したのだ!

夏目さんは、小さな役の私にもきちんと挨拶を返してくれた。あの印象的な目。ものすごくきれいな方で、とても感激したのを覚えている。それ以前から好きな女優さんではあったけれど、それでますますファンになった。
だから白血病でなくなったときはすごくショックだった。今生きていらしたらどんな女優さんだったろう・・


余談だけど、白血病といえば、本田美奈子ちゃんとも共演・・というかなあ。したこともある。
レコード会社対抗芸能人大運動会。(水泳大会でなくてほんとによかった)
彼女とは同じチームで、シブガキ隊やら、おにゃんこの方達と戦ったのだ。(すべてが古いね)・・・私は歌手ではないのになぜ?という話はまたそのうち・・・

お二人のご冥福をお祈りします。

今夜から明日の27時間テレビは[みんななまかだ、ウッキー!ハッピー!西遊記]だそう・・・

はちゃめちゃな時代・・〜今も


東京キッドブラザーズと言っても、もう知らない人が多いのかな。柴田恭平さんは知ってる?・・よね。
2B団もなかった昔、一度も舞台観たことなかったのに、なぜか少しだけ研究生にもぐりこんだことがある。
そこで何をしてたかというと、覚えているのは芝居の稽古ならぬ照明だった。
今思うと、はちゃめちゃな時代だった。(^0^;
そして自分でも何がなんだかわからないけど、五反田のゆうぽーとの大劇場とか、ラフォーレなんとかの調光室から、柴田さん達に照明を当てていたのだ。(照明どしろうとです、私)

昔からの芝居がらみの友人は、ひとり堅気(カタギ)になり、ひとり去りして、今はもうほとんど芝居の世界にはいないのだけど、
その時の友人は、はちゃめちゃな人が多かった。
なので、まっとうな人生設計より、芝居を選んでしまい、今も芝居にかかわっている率がとても高い。
はちゃめちゃな人生だけど(勝手に決めてる)もちろん芝居に対しては皆とても真摯に取り組んでいます。それは素敵な人達。

だからめちゃくちゃ面白い(大変な)飲み会になるということは容易に想像がつくでしょう・・・
隣の席にからむ者あり、怒り出す者あり、泣き出す者あり、//酔っ払った者勝ち!!
(- -;)
幹事になる人は「やはり個室じゃないと・・」って。
(それに比べると2B団の飲み会なんて、お茶会みたいなものです。
座長お酒飲めないし・・・)

今夜の個室は素敵でした。
新宿の西口おもいで横丁のとある屋上。
雨が少しぱらついたけど、夜風とともに、お酒と、韓国料理を食べた熱い身体には気持ちよく、ビルのネオンやトタン屋根を眺めながら・・
人様には聞かせられない話題満載で、楽しかったよ。

今日のタイトルは「台湾で遊んできた二人の帰国祝い」?
おみやげは?

わぉ、w(・o・)w  赤い○○○?? 

気になる人はこちらをごらんあれ。
http://rei-saito.jugem.jp/?eid=84

| 1/1PAGES |