まあや

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

「GODDETH」 まあや

「跳」 JUMP まあや

Guest

変わってない?
今日は稽古場に山本さんがやってきました。
彼は、私が大学時代にいたプロダクションの同期でしたが、
その後ダンサーの道を歩んだと聞いていました。
ちなみに後輩には音響の前原さんがいます。
 



最近、中学や高校の同級生とか、芝居を始めた頃の仲間とか、
そんな懐かしい人たちが、改めて観に来てくれています。
 
山本さんも
2B団の初期のころ何度か観に来てくれていました。
最近また来てくれたのは、藤井さんのお誘い。
現在、藤井さんと職場が一緒で、上嶋さんとも、輝ちゃんとも、
前回の舞監の本さんとも、お知り合いだったなんて、
何だか世間は狭い。
 
ワークショップをやっているので、稽古場を貸してほしいとのこと。
まだまだ片付かないすごい状況の稽古場ですが、下見に。
 
所作や、しぐさや、歩き方や、芝居やダンスの・・・連動?融合?結合?・・・
まあそんな話をしたのですが。。。
 
芝居かわらないねぇと・・・
(そういわれりゃ・・・た、たしかに変わった気はしませんが・・・)
 
 
中学の同級生たちも言います。。。
歳はとったけど    かわらないねぇと・・・
(↑これよけいだし。↑なにが・・・)
 

相変わらずですみません・・・

新しい春
いろいろ新しいことが始まる春。
私は学生の時、就職活動を一切せず、つまり就職せず“新社会人”感覚がないので、
“新”というと東京に出てきた春を思い出します。



東京に出てきた年、大学の1年を寮で過ごしました。
東京に出る条件、
その1 卒業したら帰ってくること。
その2 寮に入ること。
結果的には両方守れなかったけど(^。^ゞ 

寮生活は、それはそれで楽しいものでした。
一人暮らしの心細さとは無縁ではあったし、地方から来ている人ばかりなので、
特色ある楽しい人たちが多くて、友人もたくさんできました。

そこでは・・・上級生のことを「おねえさん」と呼びます。
ご挨拶は「ごきげんよう」(これは大学でも)
和室に入る時は、スカート。靴下を履く。三つ指をついて、
「失礼します」と声をかける。
しょっちゅうお茶会なるものが開かれていました。

こういうことには、いがいとすぐ順応できました。

難しかったのは・・・なんと門限が8時!

8時なんて、舞台、観にいけないよ。(-"-;)   
東京に出てきた目的は何といっても「芝居」なのだから…

遅刻したら? …罰則とか、外出禁止とか、何回か続くと退寮なんてことにも。

「遅刻届」は出せました。
出かける時申請していく・・・最大9時まで。
9時なんて、やっぱり舞台みにいけないじゃん…(*-゛-)

「外泊届」という手もあるにはありました。
3日前に申請しておく、出かける時、その申請書をもらう。
外泊先では、その申請書に一筆書いて印をもらってきて、帰寮時に提出。

しかも・・・外泊先は、入寮の時のアンケート
「東京に親戚、知り合いはいますか?」の欄に書いたところのみ。
その時書かなかった人は外泊できません。
新しいお友達?そんなもの認められません。
私は、そこに祖母の名と友人1名の名を書いていました。
そこには泊まれるのだけど・・・一筆と印ね。

一年はがんばりました。・・・遅刻?しませんでした。
遅刻届と、外泊届は駆使しましたけど。
そして、何度も駅からのすごい坂道を必死で駆け上りましたけど。
でも、芝居したいとなると、当然無理。
一年で晴れて退寮させていただきました。
そして、卒業後、帰らず今に至ります。

今あの寮則はどうなのかなあ。それこそ今時門限8時だったら、
誰も寮に入らないと思うのだけど・・・

4月になると、新入生とか新入社員とか、たくさんの人が
新しい生活を始めるんだろうなあ。
ピカピカな気持ちなんだろうな。




KID 忘年会
今年最後の忘年会はKIDの友人達と。

サッちゃんの新居にて。
すごいぞ、3階建て。新しいお家の匂いがします。


こちらも、持ち寄りパーティーです。
今年は6名+0.5×2名。集まりました。



いろいろおいしそうなものがたくさん並びました。
チリビーンズとか、ゴマ味噌団子鍋(今度作ってみよう)とか、マリネとか、
パンも手作りですって。
私も煮物と、和え物を作成。



おいしかったのはもちろん。
でもよりおいしいのは、やっぱり皆で食べるから。だなあと思います。

そして・・・・飲んだのは6名ですが・・・
開いたお酒は、スパークリングワイン2本・赤ロゼ白ワインそれぞれ1本づつ計5本・・
そして、ビールと発泡酒。
4時間半くらいの間です。

話題はさまざま、現役(?)の皆さんたちなので、ふむむむ・・・
お酒入ってるので、なおさら、むふふふ・・・
そして・・よく泣かれる。 な、泣かしてないよっ!


レイちゃんとサッちゃんから、京都のお土産もらいました。
「京都限定竹炭歯ブラシ」金閣寺の絵付き & 昨年の忘年会の写真
そういえば、夏の台湾のおみやげ・・・未だ・・
    http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=11



みんなちゃんと帰れた?わけもなく、なんとか終電には乗ったけど、
途中下車で朝までコースに突入したんじゃないかな?


オンシアター自在社 &大野ちかさん情報その2
盛岡に『オンシアター自在社』という劇団がある。
2B団を立ち上げる前にたびたび客演させていただいた。

「楽園のドア」

作・演出が女性そして、強烈に素敵な女優さんが2人。
かわいい男の子達がたくさん。もちろんかわいい女の子もたくさん。
というのが私のイメージなのだが、
今もそうかしら。

セーラー服と機関銃?

遊眠社で知り合い、いっしょにライブなどした、大野ちかさんに
「盛岡に行かない?そして、出ない?」と誘われた。

静岡でのライブが あまりに楽しかったので、
そのネタをもって、はるばる盛岡まで。
盛岡に行ける ということだけでうれしかったのだけど。


それから、何度通ったろう。どのくらい盛岡に滞在したろう。

最長の時で1ヶ月以上いた気がする。
最初は大野さんご実家に。
そののちは自在社座長宅に居候させていただいた。
(今思うが、私の生活はどうなってたんだろう?)

思いっきりいろんなこと(役)をやらせてもらった。
「・・・私がやってもいいんですか?」何度となく聞いた気がする。
歌もダンスも芝居もコントも・・・コスプレのようにいろいろな衣装を着た。
特にドレス関係はたくさん。(^。^ゞ

TVやラジオ、CMにまで出してもらった。
公演やイベントでいろんなとこに連れて行ってもらった。
盛岡公演をはじめ、東京はアゴラ劇場、浅草木馬館、
そして、仙台、青森、函館、新潟、弘前・・

チーズとミルクのイベント 「It'sバラエティSHOW」ドクターストップ参上! 浅草木馬館にて「笑う宝塚」ロミオとジュリエット
  

盛岡は冬はすごく寒いけど・・
(寒がりな私は盛岡の人の3倍は着込んだ気がする)
皆とてもあったかくて、
穏やかな方言まで、大好きになった。 (〃^ー^〃)
たくさんの人たちとの出会いもうれしいものだったし、
何より、何でも自分達で作っていく、
そんな小劇場の公演体制を私はここで学んだ。

遊眠社はもう大きかったし、KIDも自分達でなんでもするけど、
やはり小劇場にはあてはまらず、もっとメジャーだった気がする。
柴田恭平さんいたし。

チラシも宣伝も全部自分達、装置作ったり、衣装縫ったり、
全部自分達でやれるんだ。できるんだ。
自分達で!! 


自在社で舞台つくりを目のあたりにしなかったら、
公演を劇団を自分達で!なんて思わなかったろう。

この自在社での体験が、
私の 「2B団つくろうよ!」のきっかけとなりました。

「エイジング」


オンシアター自在社の次回公演 「It'sバラエティSHOW」
11月16日〜18日、岩手県公会堂
チケットはローソンチケットにてお求め頂けますとのこと。
Lコードは23358


そして、大野さんライブ情報その2
  
前回の苫小牧ライブが好評だったので、来年4/24から5/2再演決定しました。

11/5には  新宿三丁目ステージQui@ 2階
11/7     新宿三丁目ステージQui@ 地下1階
11/8・10・15 赤坂ボンボラ
11/12  上野池之端ライブスペースQui
11/14  音ステージQui  
いずれも綺羅星のような歌姫達☆との共演だそうです。

ペットショップガールズ
若かりし頃・・・
静岡市の今はなきライブハウス、「静岡インクスティックでライブをしませんか?」
というお話をいただいた。

ペットショップガールズはそのために結成されたユニットだ。
遊眠社の時、知り合った女の子4人で、歌あり踊りあり、芝居仕立てのコントありのライブ。



静岡で2〜3ヶ月だったろうか、
週末は東京に帰ってきてもよかったのだが、月〜金の夕方からの3回ステージ。

土日お休みのところが静岡らしい。当時、20時過ぎると街はシーンとしていた気が。
昼間はその日のネタ(?)あわせなどしつつ、静岡の町を徘徊したり、 おいしいもの食べに行ったり。

ライブには私達のほかに、週替わりで、ヒップホップやダンスの人たち、
DJやトークやお笑いの人たちも来てたので、
違う世界の人たちとの交流(?)も楽しいものだった。
そして、静岡は人も街もやさしかった。

フェアチャイルド ズ??

ピンクレディ ズ?

実は今思えば、歌も踊りもコントも、そういってしまえば芝居も得意ではないのだけど(^。^;;
やってしまえるのが若さ(?)の特権。

ベルサイユのバラ?

アイドル??な私?

本人はものすごく楽しかったので、、まわりもお客さんも巻き込んでの、充実した、
そして飲んだくれた時間を過ごしていた。

出演の皆さん達

そして、今思えば、携帯なんて持っていないあの頃、行ってしまえば行きっぱなし、
電話嫌いな私なので。
友人達は行方不明にでもなってるのではないかと、思っていたかも。

その前は大阪公演で1ヶ月行きっぱなしとか、全国縦断で行きっぱなしとかだった私・・・
この後も盛岡に行きっぱなしとなっていく。

ほとんど家に帰れなかった時代。

| 1/3PAGES | >>