profilephoto

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

うるとら2B団

うるとら2B団

2009年「JUMP」 JUMP

個人情報について

本ブログに掲載している個人情報は、すべて当該本人の承諾を得ているものです。

Guest

過ぎゆく旅人の会
銀色夏生さんの「過ぎゆく旅人の会」に参加してきました。
 
 
20代のころに初めて、銀色さんの詩集を読み、
30代になって、日記形式のエッセイ「つれづれノート」を読み始め、
今に至ります。

「つれづれノート」は今年9月に24冊目が発刊されました。
 

銀色さんとは同世代です。
長女のカンちゃんはMIKUより年齢は上ですけれど、
発刊され、読む時期はまた少し後なので、
MIKUより少し先を行くその成長を楽しみつつ、
参考にもしつつ、子育ての合間のお楽しみにしてきました。
 
 
銀色さんは最近、ライブやコンサート、
お話の会や、スピリチュアルな会だったり、
しゃべらない静寂の会だったり、
いろいろな形で発信されていますので、
一度、のぞいてみたく、ご本人にもお会いしてみたいと思っていましたが、
 
今回は、「予約は不要です。
参加されたい方は、当日、開始時間までにおいでください。
入り口で椅子を渡しますので、好きな場所に置いて座ってください。
自分も話したいという人は前の方に、
静かに聞いていたいという人は壁ぎわに、
というふうに好きな場所で。飲食もOKです。
じっとしているのに疲れたら動き回ってもいいです。」
ということでしたので、
気楽に行ってみようかなあと、出かけてきました。
 
 
銀色さんはゆったりとした雰囲気を持つ方で、ラフで、
興味があることいろいろに率直に向かうパワーのある方に思えました。
女性が圧倒的に多くはありましたが、若い方や年配の方、
たくさんの人で会場は埋め尽くされてました。

「年をとることをネガティブに考えない人と語りあう」
ということがテーマでしたので、
私も思うことはたくさんありましたが、
発言される方もたくさんいらしたので、
私は発言はせず、いろいろな思いや意見を聞き、
それに対する銀色さんの反応を楽しんできました。
 


会場は、中目黒GTプラザホール
久しぶりの中目黒です。近くに住んでいたこともありましたが、
駅前はその頃とはまったく違います。
何年か前に友人と目黒川沿いを歩いたときも
変わったなあと驚きましたが、
それ以上にまた・・・もうまったく違う街のようです。
 

帰りに少し散歩して、天然酵母のパン屋さんでパンを買ってきました。
気づくと くるみのパンばかり
 
Lotusのパン
くるみデニッシュ・くるみスコーン・下は豆乳パンくるみ入り


中でも、豆乳くるみパンが美味しかったです。(๑˘ᴗ˘๑) 





Garage  Summer Live
Garageのライブに行ってきました。

大塚のDeepa

大塚駅は改装中なので、来るたびに変わっています。
今日はお祭りだったみたいで、南口はすごい人。
 
行ってみると阿波おどりの連がたくさんでているよう。
 
 
ライブの前に少しだけ見てきました。 
「東京大塚阿波踊り」でした。 



 
ライブのほうは、私は前回は欠席したので、久しぶりな感じ。
 
 
ギターの前田さんも久しぶりで緊張した〜なんて言ってたけど、

ボーカルの浜辺さんのトークはほぼいつもな感じ。
いつもの会社の感じ。 
あ、でもいつものライブもこんな感じ。(=^m^=)
 


歌ってる姿は、会社の浜辺さんとはぜんぜん違うけど (=^m^=)
 
Garage

Garage の楽曲と詩 なかなか好きです。
もりあがらないトークも そこに突っ込む前田さんも 楽しみ。


今日は遅かったので、私は飲まずに帰ってきましたが
楽しい時間でした。



MIKUの居ない一日目(=^m^=)
とういうわけで、
MIKUさんは、昨日カナダに出発しました。


教育センターで、出発式。

以前は、各区で、こういうプログラムがあったようですが、
予算削減の折、縮小、廃止してしまう傾向の中、

江東区では、教育委員会、中学の校長会などが、
何とか継続させていきたいという強い思いがあるので、
結団式や、出発式、解団式など、
区内すべての校長先生が、ご挨拶する担当でもないのに、
駆けつけてくれます。力入ってます。

今回の引率および団長は、他校の校長先生です。



式が始まるともう、バスに乗り込むところまで、
子供たちと話す機会はないので、

最後の最後、バスの窓越しに、

「乗り物酔いは飲んだの?」だの、
「パスポートは手元に持ってるわね?」とか
「○○どこに入れたっけ?」「スーツケースのチャックの中でしょ!」

とか、ぎりぎり繰り広げられる会話は、そんな感じ…


このメンバーはしっかり見えているようで、
やはり 初めて長旅をする中学生と その親…

かくいうMIKUさんも、
「アルバムは入れたよね?」
「入ってるでしょ。」

 と言いながら、リビングにポツンと残っている
 お土産用「アルバム」が脳裏によぎる私…
 (^ー^;)…いやいや 多分大丈夫…

そして、「酔い止め飲んだ?」「飲まない!」「飲んだら?」

…同じでした…σ(^◇^;)


行ってらっしゃーい!!




と送り出した後は、


大塚に移動。

ライブハウス 大塚Deepa
 へ。
会社の上司がボーカルのユニット「Garage」のライブです。


初めてのライブから1年。
4〜5回になるでしょうか。
私は3回目となります。

1度目のライブではまだ生まれていなかった、
ギターの前田さんのお嬢さんも1才になり、
ただ今 食欲旺盛。何でも口にして、
最近ではノートを食べてしまったとか。。。


ライブは新曲も含めて、5曲。
コール&レスポンスも参加してみたりして。。。
いつものように楽しく過ごしてきました。

Garageライブ


その後の飲み会も楽しく。


うちの会社は、
芝居をやっていたり、映画を撮っていたり、
音楽をやっていたり、
最近は、ヒーリングとか今まで私の知らなかったことなども、
本職や趣味にしている方も多いので、

会社ではなかなかそんな話はできなかったりするので、
こういう機会にいろいろ話が聞けて面白いです。 O(≧▽≦)O 


またいろいろ
参加するチャンスが広がりそうです。


午前2時…

そろそろバンクーバーに着いたかなあ…なんて思いながら、就寝しました。

ミクの日
3月9日はミクの日ということで・・・

MIKUさんと 「ミクの日」大感謝祭 というライブイベント、
TOKYO DOME CITY HALLに行ってきました。q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

ミクの日大感謝祭

MIKUさんは、もともとバーチャルアイドルの彼女達が大好きで、
特に、鏡音さん達は下田麻美ちゃんが声を担当しているし、
初音さんはなんといっても、名前が「ミク」ということもあって、
ものすごい親近感。


MIKUさんはしょっちゅう家で歌を口ずさんではいるのですが、
実は私はあまりよくわからず・・・

まして、現実の人ではなくバーチャルアイドル。
どんなライブなのかしらと、楽しみにしていました。


・・・前回の「Hey!Say!JUMP」のライブといい・・・
年甲斐がないようですけどσ(^◇^;)
こんなチャンスには乗らなくちゃね。!!


まず、下田麻美ちゃんと、藤田咲さんの前説。

そして、

舞台では、初音ミクや、鏡音リン・レン達が、
(ミクさんを中心に何人も出てきました。)
特殊な透過スクリーンでステージに立体的に映し出されて、歌ったり踊ったり。
(演奏は生でしたけれど)

まるで、本当にそこに
いるようで・・・それはとてもすばらしくて。
細かい動きや、髪の毛のゆれ具合とか、床に写っている影とか・・・
消えていくところのみ(そこも素敵)、そうだ映像だった・・・という演出。

スタイルも、歌も、踊りも完璧ですもの。
(何曲歌っても、疲れて息切れたりしないよねぇ)
すごいなあと・・


あまりにスタイルがよすぎて、かっこよすぎて、
それをずっと見てしまうと、
その辺を歩いている本当の(普通の)人が
なんだか変に見えてしまうくらい。 

それは昔、MIKUさんが赤ちゃんの時に、
パパさんの鼻とか、耳を見て、思わず「デカっ!」っと
思ってしまったように・・・(-。-;;)


会場では、みんながサイリウムを振って、声援を送って、盛り上がって。
本当の人じゃないのに、本当の人を応援するみたいに。


楽しかったです。o(^ー^)o


「ミーク!ミーク!」と完成があがると、MIKUさんなんだか落ち着かない。
私も、人事じゃない感じ(=^m^=)


アンコールも終わり、すべて終わったところで、
アリーナ席の人たちが振り返って、帰るのかなと思ったら、

2階3階席の人たちと、エール交換じゃないけど、
「また、集まろうな!」とサイリウムを振り合って、

そんなのがとっても暖かい、素敵なコンサートでした。


その模様は、ニコニコ動画で、生放送されていたそうですが、
2日間の公演に全国から1万人が来場したそうです。


人の生のパワーってすごいなあと。

やはりそこに一番感動しました。


MIKUさんは、もちろん大感激のひとときでした。


みっくMIKU

・・・Hey!Say!JUMPより、KIS-Myより、ボーカロイドなんですねぇ・・・


まあ、いいんですけど・・・

JUMP
と言っても、2B団の2009年の作品「跳 JUMP」のことではありません。
MIKUさんの好きな 少年ジャンプのことでもなく、
 
Hey! Say! JUMP
 
 
『Hey! Say! JUMP さよなら夏休み!〜』に行ってきました。
 


チケットを頂いたので、MIKUさんを誘って。
 
MIKUさんは、小学生の頃、
Hey! Say! JUMP が好きだと言ってたこともありました。
でも、今は完全に少年ジャンプのファンです。
他、いろいろなアニメは大好きなよう・・・
3次元には興味はない!とまで言っているくらい・・・
 
後楽園には、JUMPショップ(少年ジャンプの)があるよ。
っと、JUMPショップでつってみました。
 
MIKUさんのお友達にはHey! Say! JUMP の大ファンもたくさんいます。
そういうお年頃ですから。
なので、チケットはお友達に譲ってあげようかとも思ったのですが、
 

せっかくなので一度くらいは行ってみたいなあと・・・ (≧ー≦)
 
 
後楽園に行く前に、そうだ!秋葉原にも寄ってもいいよ。
っと秋葉原もつけて。
 
 
・・・ちょっと見てみたかったんです。ジャニーズのコンサート。
どんな雰囲気かなあと。(*≧m≦)
 
 
水道橋から、すごい人でした。
女の子たちばかり。
すでにいろいろなグッズを持っているので、皆、ドームに行くのね〜とわかります。
JAMPショップも、ラクーアもすごい人。
 
後楽園の中も・・・ぎゅうぎゅうな人。
 
 
そこでちょっとめげそうになりました。
・・・やっぱり譲っちゃえばよかったかなあ・・・




 
しかし、
 
これが結構、楽しかったです。
歌や踊りだけでなく、いろいろ盛りだくさんで。
会場もいい雰囲気で盛り上って一体となっている感じがよくて。
 
誰かが何かするたびに「キャー!!」
誰かが何か言うたびに「キャー!!」
 
そこはさすがに「キャー!!」とはならず、
ほほえましくて、笑っちゃいました。
 
ドームの中は
赤と青のライトを、たくさんの人たちが持っていて、きれい。
この大勢が一体となって、声援を送っているなかでの、パフォーマンス。
すごいな〜と思います。
すごくなっちゃうよな〜と。
 
たくさんのジュニアの子達も歌ったり踊ったり、
いずれ、センターに出てくるんでしょうね。
 
もう、みんなかわいくてよかったです。
 
・・・こんな時はいつも、
(昔、2B団でのことですが、)ある男優さんを「かわいいね」と言ったら、
「かわいい んじゃないんです。かっこいいんです。」と
若い子に言われちゃったことを思い出します。(^。^;; ・・・
 
 
ただ、
時おり、Hey! Say! JUMP なのか、ジャニーズジュニアなのか、
ゲストの誰かなのか・・・
 
2階席からだと、豆粒のようでして、
モニターに映ってる姿と、双眼鏡を駆使しても、誰が誰なのか・・・
 
 
いえ、もともと誰が誰かよくわかってなかったんですけれどσ(^◇^;)    
 
 
先日最終回を迎えた、『美男ですね』のA.N.JELLの二人も、
Kis−My−FT2としてゲストで出演。
美織ちゃんは来ていなかったけれど、SMAPの中居さんが、客席に。
舞台に引っ張り出されてました。応援で来てくれていたようです。
 
 
MIKUさんも、「楽しかったね。またあったら来たいね。」
と言ってくれたのでよかったよかった。
アイドルとかにまったく興味をしめさないのも、どうなのかなあと思っていたので。
 
 
でも、何かグッズを買っていく?と聞いたら、いらないとのこと。
 
 
 
・・・MIKUさんが今日、一番欲しかったものは、
 
「しょんぼり」のクッションって・・・   
 
(´・ω・`).

『garage』
 昨夜は、仕事先の上司のライブを観に(聴きに)行ってきました。
上司といっても、思いっきり年下ではありますけれど(^^);
 
6年ぶりのライブとのことですが、
ひと月前に急に思い立ち、速、決行したとのこと。
芝居でも観て、何かやりたくなったのかな?・・・なんて(o^-')ネ



仕事先には、音楽をしていたり、芝居をしていたり、
イラストを描いていたりしている人などが けっこう多いのですが、
 

彼とは、京都の話だったり、神社仏閣の話だったり、
出身の佐渡島の話だったり、はしたことはありますが、
音楽をやっているとは思っていなかったので、
 
仕事の段取りを確認していたときに、
「ところで、両国は近いですか?」
というので、
 
両国になにかお寺でもあったかしら?
両国といえば、お相撲さんかしら?
国技館にも興味あるのかしら? あ、大江戸博物館?
 
と、とっさに思ったくらい。
 
 
「駅の近くにライブハウスがあるんで、聴きに来ませんか?」
は?
「ライブやるんです」
誰のライブです? 
 
…え?ちょっと待って、今、行きませんか?でなく、来ませんか? って言ったね。
 

「ボクの」って言ったのか、「私の」っていったのか、
「自分の」っていったのか忘れましたが、
あまりにも想像ができなかったので、
思わず「行きます」と即答してしまいました。
 
 
「自分で、詩を書いて、コードやメロディを考え、
友人にアレンジをしてもらい、ボーカルをするんです。」
 

・・・あまりにも想像ができなかったので、
即答したにもかかわらず、二度見ならぬ、二度確認してしまいました。
 

「○○さんがですか?」
 


 (^◇^;)σ
 
 
 
会社の友人と待ち合わせて、ライブハウスに。
 
5バンド中の4番目の演奏とのこと。
2番目のバンドがやっているときに、到着。
 

防音扉の向こう側の
ズダダダダダ!!ズダダダダダ!! の大音量に、
入場するのをちょっと躊躇しましたが、

会場に きっと来ているであろう、 「ヘビメタ野郎」さんを見つけたので、

ちょっと‘ホッ”
 
 
これはヘビメタ?ですか?と聞いてみました。
失礼しました。ヘビメタが何たるかよく知らないので…

当然ヘビメタではなく、
ミクスチャーって言ったかな?
…まあ、そのミックス何とかもよく知らないわけでして…σ(^◇^;) 
 
 
次のバンドも私にすれば、ズダダダ系で・・・

私なりに感想を言えば、
女の子のドラムってかっこいいなあっていうのと、
前奏(っていうのかな)は なかなかいいかも。。
と思ったら、歌は、私には??だったなあっていうのと・・・
これはなんていうジャンルなのかが、やっぱりわからなかったなあと・・・
 
σ(。・_・?) 
 
 
で、上司のユニット『garage』ですが、
詩や楽曲はよかったと思います。
人柄がよくでている。。。気がします。
彼の思いが伝わってきます。
 
歌は思いを伝えるのにストレートでいいなあと思います。
そのまま言葉してしまうと、ちょっと気恥ずかしかったり、気障だったりしますもん。
そんなセリフはとても言えません ことでも、歌なら素敵な気がします。
 
歌唱は今後の精進を期待しましょう。
もっているもの に+日々の努力の積み重ねは何事も必要でありましょう。


garage
 
ギターの人が、実は知っている人だったので、驚きました。
 
会場で「おぅ!」と声をかけられたので、
「何でいるんですか?」って聞いてしまいました。
え?『garage』のですか?と、やはり二度聞きしてしまいました。
 
まさか、ミュージシャンとは知りませんでした。σ(^◇^;)
 
奥様がいらっしゃってましたが、
来月臨月で、このズダダダダ!!は大丈夫なのでしょうか?
もしかすると、いい胎教でもあるのかしら?
お腹の中で一緒にズダダダやってるのかもしれませんね。
 
トークの かみ合っているような いないようなところが、
やはり、らしくて楽しかったです。
 

ギターの彼も含めて、皆が、ボーカルの彼を見守っているような、
暖かいライブではありました。
 

終わったあと、会社の人たちで、飲み会に流れました。
私は会社の人たちと、初めて一緒に飲みました。
疲れ果てた主役は不在でしたが、盛り上がり楽しかったです。
 
「こういう場をもてたのも彼のおかげかな?」
なんて言いだす人(この方も上司ですが)がいたりして、
 

そんなところが、いい会社だなあ。と思うところでした。

SOME DAY
2B団の次回公演の特別ゲストの一人、
大野ちかちゃんのライブに行ってきました。


今まで、なかなか行くことができなかったので、
すごく楽しみでした。


新宿の SOME DAY にて

葛木希佳美さん
冴理さん
そして、大野ちかさんで若草三姉妹 
ピアノは西 直樹さん

葛木さんはシャンソン。
冴理さんはジャズ。
大野さんはポップスになるんでしょうか、
三人三様。
そして一緒にメドレーなんかもあってすごく素敵でした。
 

大野さんまた腕を、いえ、声をあげてました。
昔から、すごく上手で、
ポップスから、演歌、シャンソンなんでもござれでしたが、
しっとりとした、張りのある、パワフルな声。
彼女の歌を聴くと元気になれます。
 
ピアノも、アレンジがすばらしく、
今回西さんとやるのは初めてとのことでしたが、
3人との息もぴったり。
ピアノの近くで聞かせてもらったので、楽譜ものぞけたんですが、
そんな伴奏、楽譜には書いてない。。。
コードだけで即興で弾いているのかなあ、すごいです。
 

大野ちかちゃんの声は 劇団HPのEVERゲストコーナーでも聞くことができます。
 
これはすごく可愛い曲ですよね。「いつまでもずっと」
 

そして今後の予定は、ブログをのぞきに行ってね。
http://ameblo.jp/chikachika7ohno7/entry-10497723885.html 



会場では、はづちゃんにも久しぶりで会いました。
昔々、大野さんと、はづちゃんと
一緒にライブをやってたことがあったのでした。
http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=72

もちろん歌は大野さん専門で、
私は。。。えっと。。コント。゜(^◇^;)゜。





ソウルフルな夜
一昨日、瑞穂ちゃんから、
「急ですが、明日武道館のライブ招待してもらえます。
鈴木雅之藤井フミヤゴスペラーズ など。 ご予定は?」
というメールをいただきました。
 
藤井フミヤ・・など・・・しかも武道館・・・しかも招待!
 
予定が大丈夫になったので、ご招待されることとなりました。\(≧▽≦)/
 
 
日本武道館。
大学の入学式、卒業式がそこでしたので、入ったことはありましたが、
ライブは初めてです。
仕事帰りに待ち合わせて、行くと、もうたくさんの人が・・・
 
 
 
SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2009 
http://www.soulpowersummit.com/about.html
 
楽しんできました。歌も演奏もすごかったし、トークも面白かった。

他には、Skoop On Somebody バブルガム・ブラザーズ
ユニットでTHE☆FANKS などなど・・・
そして、特別ゲストに 柳ジョージ


なま柳ジョージさん そして、なま「ステラ」を聞いてしまいました。
鈴木雅之さんとのコラボレーションです。
 


皆さんそれぞれほんとに素敵。
声や楽器、音って本当にすごいなあと・・・
 
2階からアリーナを見下ろすと、皆スタンディングでのってて・・・
なーんだか、音楽で世界は変えられるかも・・・なんて思えてしまえそうな
幸せな感じでした。
 
アンコールにはバブルガムブラザーズの「WONT BE LONG
そして、全員で、マイケルジャクソンを追悼し、メドレーを。
盛り上がりました。
 


R&Bや ソウル・ミュージック、ブラックミュージックに
詳しくない私にはもったいないくらいですが、
すごく楽しめました。とても豪華な夜でした。
 
 
ご招待してくださった方。ありがとうございました!!

 

Empty Black Box
選挙の結果も、イモトさんが完走したかも気になるところでしたが、
今日は夕方から渋谷でした。
 
この間は、O-EASTでしたが、
今回は、O-WEST   
EBB ・・・  Empty Black Box のライブです。
 

今まで、あまり行った事がなかったファンクとかロックとかのライブですが、
この8月は急に縁が続きました。
今回は2B団の写真撮影を担当している田中さんからのお誘いです。
 

 
Empty Black Box史上最大のワンマンライブ
 『 ロックスタイル 2009 夏 』
 

スタンディングのライブは初めてでしたし、
O-WESTの会場ぎっしりで、
いきなり立て乗りからの始まりでしたので、
大丈夫かなと思ったのですが、本日も楽しんできました。
 
バッグを最初は肩からさげてましたが、
重くなったので、床において足の間に挟みました。

傘も持っていたので、腕に架けていたのですが、
手拍子に邪魔なので、ジーパンに引っ掛けました。
(さすがに傘は床に置けないし。。。)
 
腰にくるので、ピョンピョンはねたりはできませんでしたが、
その格好↑で、リズムを取って手拍子したりは、
客観的に見てどうよ!と思いましたが、
誰も客観的に他人のことを見たりなんかしないようなので、
大丈夫でした。

ちなみに、やおちゃんは、ドリンクのプラスティックのコップを
ショルダーバックに挟んでましたので、
こぼれないかとヒヤヒヤしましたが、
そんなのも誰も気にしないようなのでした。。。
 
 
 
初めて聞く曲たちでしたが、何だか懐かしいような気がしました。
 
途中で、昭和デラックスというカバーアルバムから、
メドレーで、沢田研二とか忌野 清志郎とかもやってくれたので、
(そこは個人的にも盛り上がりましたが・・・)
 
昭和のロックの流れなのかなぁと。
(詳しくないので、よくわかりませんが・・)
 

サブタイトルも
 
誰も知らないメロディーだけがずっと頭にあって
 君に合うような言葉を探し続け今日も生きている
 
なんだかこれだけみるとアングラの お芝居みたいでしょ。
 



T.P.Oでは、Funk Orchesta というだけあって、
楽器や楽器の織りなすハーモニーを堪能しましたが、
今回は歌を楽しみました。
でも、トロンボーンやサックスも、やっぱりかっこよかったです。
\(≧▽≦)/
 
 

T.P.O.Summer Camp
行ってきましたよ〜。
Shibuya O-EAST  に
 
T.P.O. Summer Camp
 
詩ちゃんが応援している、funk orchestra です。
 
やおちゃんと、MIKUさんと3人。楽しんできました。

この動画も詩ちゃんがつくったんですって



1部が T.P.O音楽倶楽部  アマチュアバンドなのだそうですが、なんのなんの
音楽をするとこの楽しさが伝わってきました。

2部が T.P.O Ladies-ハグレーズAngels-  T.P.O.の妹分バンドで、
女性ばかり、皆さんプロとのこと。
 
そして、3部が Funk Orchesta T.P.O  
さすがに音の厚みと迫力が違うなあと・・・
 

皆さんかっこよかったです。\(≧▽≦)/
 
すべてを指揮(指揮っていわない? えっと Cond )する
はぐれ雲 永松さんは トロンボーン奏者としてもすばらしいそうです。
素敵でした。
 
 
管楽器はまったくさわったこともないのですが、
サックスとか、トロンボーンとか、トランペットとか、吹けたらかっこいいなあ・・・
ドラムとか、パーカッションもいいなあ・・・
ギターやベースよかったなあ、キーボードが身近かなあ・・・

と、良いなあと思うと、
やってみたいと思ってしまう私なのでした。。。



下田麻美ちゃん情報 &
麻美ちゃんの情報は、
ライブや舞台、声優さんとしても、たくさん頑張っているので、
全部を把握しきれていない私より、ファンの皆様のほうが詳しいとは思いますが。
その中から今日は2つだけご紹介。

稽古場にて

本日は、『ROBO太祭』 に出演です。

http://www.ro-bo-ta.com/index.html

こちらはいつもながら、チケット即時完売のようですし、当日券もないようですので、
観にいらっしゃる方は、私たちの分まで、応援してきてくださいね。


それから、なんと2B団公演中の7/4(金)には、

だっ好き。』〜だってアニソンが好きなんだもん。〜

http://dassukimon.kirara.st/


に出演。こちらももちろんチケット完売。

なので、7/4の2B団は麻美ちゃんファンの方からの予約が少ないみたい…
みんなそっちに行ってしまうのね〜。

『だっ好き。』チケット争奪戦にやぶれた方々。
うるとら2B団の『Seasson』の公演に、
あさぽんのドキドキセリフ聴きにきて。 へヘ(・。・。)
いえいえ、私たちの舞台をがっつり観に来てくださいませ。 

前回公演 『saiの風』のDVD
2B団オリジナルグッズのおまけとして、劇場限定販売します。

第23回公演『saiの風』

白い龍??
こんなシーンもありました。

最上彩香役 麻美ちゃんの可愛い姿、また見たいよね。 
いえいえ、うるとら2B団の力作です。
ぜひ劇場にてゲットしてください。\(@^▽^@)/
こちらは数量に限りがあるので、お早めにね。 (b^ー°)



うるとら2B団はこちらです。
劇団うるとら2B団第24回公演【Seasson】特設サイト
http://www.u2bd.com/2b/project/seasson/


麻美ちゃん ともども うるとら2B団もよろしくです。
ともども まあやも…ね  (^▽^)\

With☆Wishのお宿 
With☆Wish さんのブログ With☆Wishのお宿 をリンクさせていただきました。

With☆Wishさんとは 大西望さんと 
今回うるとら2B団に出演してくれている ちゃや こと平澤さやかさんのユニットです。 


ちなみにこの写真はWith☆Wishでなく、あさぽん・MIKU・ちゃや の3人娘です。



以前もご紹介しましたが、6月にも ちゃやさんのライブがあるので、紹介しますね。

まずこちらは、ソロでのライブだそうです。

オムニバスCD『NEO SOLID』発売記念イベントライブ
6/1に 六本木alive にて、

そして、「歌☆フェス」 
6/15  場所は同じ六本木alive
こちらは With☆Wish としての参加かな?
すごい男性ユニットさんと、コラボしちゃうそう! 
(すごい男性ユニットさんて、どなたでしょう??)


詳しくは With☆Wishのお宿

こちらでチェックしてね。




ライブ O valencia
あばんぎゃるど さん の バンド O valencia(オーバレンシア) の紹介です。
あばんぎゃるど さん といっても、芸名ではなくハンドル名なのですが。

この方とは仕事先で知り合いました。
私より、少し後輩なのですが、いつの間にか、バリバリと仕事をこなしています。
見かけは華奢なタイプなので、大丈夫かなあ・・・
と、最初、私も回りも思ったようですが、どうしてどうして、底力があります。

実は自衛隊にいたそう・・・

というと、以前書いた、私のブログを思い出した人がいるかも。 
(ラーメンズのDVDのことを書いた時です)
http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=179

自衛隊をやめて、バンドをやってる彼 が あばんぎゃるど さんです。
まだ、ラーメンズのDVD返してませんでした(^^); 面白かったです。

バンドではドラムを担当しているそうです。

以前、ベースをさがしています。といわれたとき、
残念!ベースはやったことないぜ!と思った私ですが、
このたび、無事決まったそうです。
なんと、21歳女子大生です。  
立候補しないでよかった。と思わず思いましたが、
ベースやったことなかったんでした私…☆α==(・。・#)


ライブ日程は

6/9二子玉川Pink Noise    
http://www.gourdisland-music.jp/pinknoise/sche_200806.php

6/17下北沢 Basement Bar  
http://www.toos.co.jp/basementbar/b_main.html

6/25下北沢 Mosaic      
http://www.studio-museum.com/mosaic/index2.html

7/14下北沢 ERA       
http://www.rinkydinkstudio.com/live/era/

全て対バンです。(対バンて何?)
とのことですので、時間はPM6時〜10時 のうち30分程度
今回はベースが加入してからの初のライブとなるようです。
初期のライブ音源はこちらから。 

http://www.myspace.com/oovalencia

聴きに行ってみてくださいね。


そして2B団はこちらからです。
http://www.u2bd.com/2b/project/seasson/index.html

大野ちか さん ライブ情報
以前も紹介しましたが

http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=73

2B団旗揚げメンバーの 大野ちかちゃん のライブ情報です。

5/14水、上野「池之端Qui」 0338310747 に、大地緑さんと出演致します
5/15木、新宿三丁目「音ステージQui」 0333411492は、
    日高あいさん・あみちゃんとの楽しい共演
5/19月、同じく音ステージQui ご好評シリーズ第三弾!
    『ダンディーと5月の美しき庭』 共演は、葛木希佳美さん・竹山保雄さん。 
5/22金は、銀座「世詩凡」 0335716967に、ゲスト出演するそうです。

お時間ある方は出かけてみてくださいね。
素敵な歌が聞けると思います。




With☆Wish ライブ情報
今回初出演の ちゃや こと 平澤さやかさんです。



彼女は With☆Wish  というユニットで
歌やダンスをやってます。

やおちゃんのお知り合いということで、今回出演することになったのですが、

偶然にも下田麻美ちゃんともライブをいっしょにやっていた。
という、なんて世の中狭いんでしょう状態…

よく聞いたら ちゃやさんは声優さんもやっているとのことで、つながるつながる…

2B団の公演稽古の合間に、ライブの練習などをやっていて
なんと、あさってはライブ本番!だそう。
どっちかっていうと、芝居の稽古やってる場合じゃないんじゃないの?
と思うのですが・・・

劇場と公演日程の変更で、今2B団のチラシは印刷しなおしをかけているのですが、
残念ながら、このライブには間に合わないのでした。

すると ちゃやさんは、ライブにきてくださった方にも舞台を観に来てもらおうと、
今度は芝居の稽古とライブの稽古の合間に、一枚一枚もとのチラシにマジックで
変更事項を書き足してたりして…いったい何枚…

そんなけなげな ちゃやさんの ライブ情報です。


『現役アイドル声優にエンタにメトロに和服にユニット!
アイドル声優と人気女芸人の夢のコラボレーション!!〜こんなの初めてなの!!』


5月10日(土) 開演14時〜(予定)
中野芸能小劇場
出演:With☆Wish、狩野茉莉、小町、ストローバー、
東京メトロちゃん、ロリィタ族(ZOXY DOLL)

料金:999円

面白そうなタイトルでしょ。
もう1つ

六本木alive
オープン14時 開演14時20分〜

With☆Wishの出番は番目で、18:55〜19:20の予定です!!
¥1000(別途ドリンク代¥500)
タイトルは… 歌フェス大会 と言ってたような…

そして、6月1日は ちゃやさんのオムニバスCD発売記念ライブがあるそうです!

…シーズンの稽古やっててだいじょぶ???




アイドルマスター
「THE iDOLM@STER MASTERMOVIE」のDVDを観ました。



『超人気アイドル育成アーケードゲームの稼動1周年を記念して行われた
「THE i@DOLMSTER 1stANNIVERSARY LIVE」
の模様を中心に、リハーサル、バックステージ、インタビューなどを収録、
アイマス初の本格的映像 』  だそうです。

なぜ、私がこんなDVDを?・・・だいのすけさんが貸してくれました。

M「これ…私にですか?」 (^。^?)
D「はい、観てください」 とニッコリ(^O^)
M「はあ…では、」 勉強させていただきます...(;^-^)


うるとら2B団に下田麻美ちゃんが出演してくれてから、こういう話題は少しずつ身近になってきてはいました。
公演が終わって、MIXIのマイミクさんになっていただいた方達の日記や、
麻美ちゃんのブログや関連記事で、
「アイマス」が「アイドルマスター」というゲームだということとか、
麻美ちゃんが演じているキャラクターが、亜美真美ちゃんとか、(ちょっと名前が身近だ)
今井さんとか、若林さんとか、写真は見てはいましたが…

でも…ミンゴスとか、ユリシーとか、とかちつくちて とか…???状態でありました。
アイドルも モーニング娘の辻ちゃん加護ちゃん止まりです。
AKBよんじゅういくつとか、アイドリング?とか、まったくお手上げ。という私です。

声優さんといえば、ドラえもんは大山のぶ代さんとか(もう違う?)
ケロロ軍曹の藤原啓治さんはスタジオライフの藤原啓児さんではないということくらい。 http://mamimaiya.jugem.jp/?eid=63  

それまで麻美ちゃんが声優さんもやってるとは聞いていたけど、
実際に彼女の仕事はまったく知りませんでしたし...
ひっくるめて???でした。


で、見ました!  ・・・ほう・・・

役名まではとても無理。
でも、“ミンゴスさん”っていったら「蒼い鳥」歌ってたあの娘ね。とか、
マイミクさんがよく描いていらっしゃる“小鳥さん” も
「アイマス」のキャラクターで、滝田さんはこういう声だったのね。とわかりました。


声優さんはやはり独特のしゃべり方だなあと思います。
秘蔵映像での 歌前にそれぞれの「アイマス」のキャラクターでしゃべってたのが
面白かったです。

1年半前の映像ですが、下田麻美ちゃんは変わらず元気娘。
「とかちちゅくちて」聞けました。これかー\(≧▽≦)/

うるとら2B団「saiの風」での麻美ちゃん

交響曲
今日は本当にひさしぶりのオーケストラのコンサートでした。

東京フィルハーモニー交響楽団 オーチャードホールでの定期演奏会
演目は ブラームス交響曲 第3番と第1番





最近バレエを見に行く機会はあるのですが、オーケストラとして意識して聞いてはいません。
やはりバレエに目を奪われて、バレリーナの動きに集中してしまうので。

クラシックって聴いていると、いろいろな想いが心にあふれだして、
ただ、聴いているつもりなんだけど、いろいろなことを考えたり、
思い出したりしてしまう・・・
久しぶりだなあ と思いながら、ある文章を思い出していました。

帰ってから探してみました。ずいぶん昔に書き抜いたものです。
本が見つからなかったので、完全な引用ではないし、
作者も・・詩人の長田弘さんっだと思うのだけど・・


ビゼーは日の光の中に色彩がざわめいているような明るい曲をかきつづけて、
わずか37歳で死んだ。
オペレッタ作者の生涯に、17歳の少年が書いた唯一つの交響曲が、
パリ音楽院の図書館の片隅から見出され、
初演されたのは、死後60年目の冬。書き上げられて80年目のことだ。

それは不思議な交響曲だ。
曲はいきなり全オーケストラによる素晴らしい和音の一撃にはじまる。
そして、すぐに流れるように美しい第1章第1主題へと移っていくのだが、
なんといってもみごとなのは、
冒頭のただ一度だけの、短く鋭い全オーケストラによる一撃だ。
それだけが、この交響曲のすべてだ。そう言っていいくらい激しく心に響く一撃だ。
あたかも始まったその時に、ほうとうは終わっている交響曲。
それがビゼーの交響曲第1番だ。

おそらく冒頭のただ一度の全オーケストラによる一撃に、
17歳のパリ音楽院生は交響曲への野心をすべて吹き込んだのだろう。
だが、その音を最初に書いてしまったあと、
少年にはもう交響曲という形式で書くべきことがきっと何もなかったのだ。
聴いているとそのことが胸に痛いように伝わってくる。
完璧な敗北というものをはじめて知った少年の悲しみの一撃。
交響曲第1番はそこに始まり、そこで終わっている。』


この文章を書き写した時から、この ただ一度だけの一撃 を聴いてみたいと思いつつ、私は今だ、この交響曲を聴いていない。
どころか、もしかしたら、バレエ抜きでのオーケストラの生演奏を、聴きに行ってなかったかもしれない。
インターネットも使えないあの頃、
たしかコンサートや、レコードも一生懸命探したのだけれど、
見つからないまま忘れてしまっていました。


ブラームスも交響曲第1番のために21年の歳月を費やしたという。
22歳頃から書き始め、43歳で第1番を完成させました。
最後の交響曲となった第4番は51歳のとき。
そして、64歳をもってウィーンでその生涯をとじました。

いったい作曲家というのは、どんな想いをこめて、交響曲を書くのでしょうか・・・


まず第3番は全体的にやわらかい感じ。 
とりわけ第3楽章はチェロとバイオリンの対向する哀愁にみちた主題がとても美しい。
第1番は あの のだめカンタービレで、ミルヒーが「ブラームスに無駄な時間なんて
一瞬もないんですよ」といわせた印象的な曲です。
なんどもカーテンコールをして、最後にアンコールでまるまる1楽章分演奏してくれたのですが・・
残念ながら、これは作品名はわかりませんでした。

素晴らしい演奏でしたので、
最後のほうではやはり意識が消えそうに・・・
でも眠りませんでしたよ。多分・・

| 1/1PAGES |